高音質オーディプレイヤー Audirvana Plus3の紹介

Macで音楽を聴く場合、多くの人はiTunesを使っていると思う。

iTunesは視覚的に優れており、直感的にも操作しやすいが、音質の面ではあまり良くない。

Windowsでは特に顕著で、Macのほうがやや音は良い。

音質の面で良いソフトはWindowsではFoobar2000などがあるが、Mac環境の場合Foobar2000は使えない。

Macの場合、特にiTunesを普段使っている人に音質的におすすめなのが、Audirvana Plus3である。

有料(74ドル)で、インターフェースも一見とっつきにくいので戸惑うが、音がとても良い。

もちろんハイレゾ音源対応である。

疑似ハイレゾ、アップコンバートも可能なので、手持ちの音源もグレードアップして聴くことができる。

私の設定。これでCD音源を24bit 192kHzの疑似ハイレゾにアップサンプリングして聴いている。

15日の無料体験版があるので、興味がある人は試してみると良いと思う。

設定の所は人によって環境が違うので割愛。

基本的にUSB DACやオーディオインターフェースなどの環境が整っている人向けなので、オンボードで聴いている人はまずDAC環境を整えたほうが良いと思う。

逆に環境が整っていてiTunesでは勿体無いと思うので、そういう人は是非試してみて欲しい。

iTunesではFLAC等の音源は再生できないが、Audirvana Plus3なら再生可能なので、Windows環境から移行した人にもおすすめできる。

iTunes Integrated Modeといって、iTunesのライブラリで操作して音の処理をAudirvana Plusで行うモードもある。こちらが結構便利かなと思う。下のプレイヤーのインターフェースが特徴的で、DACでアップサンプリングをしている表示が出ている。

音の感じは通すと開放感が増し、クリアで奥行きが出る感じである。google play musicなんかとは雲泥の差(当たり前)

mp3音源なんかでも、アップサンプリングすると結構良くなる。

以前はmacのサウンドドライバを通さない設定が出来たのでより高音質だったが、macOSの仕様上、そういうふうには出来なくなったようである。しかし十分音は良い。

私はWindows時代に貯めたFlac音源があるのでiTunesを通さない使い方をしているが、この場合プレイヤー側で曲情報の変更などが出来ないため、曲情報タグをいじる場合iTunesから行わないといけない。この辺りはやや不便。

オリジナルのライブラリが見にくい&使いにくいため、基本的にはiTunes Integrated Modeで使うのが良さそう。

HD650を購入してから音楽をよく聴いているが、やはりいい音で好きな音楽を聴くのは良いですね。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする