今Ryzenがアツい!

インテルCPUが品薄でAMD・RYZENがBTO、自作の主流になっているとのウワサ。

インテルのi7は3.6GHz、8コア8スレッドで5万近い値段が付いているが…

対抗馬のRYZEN7は3.7GHz 、8コア16スレッドで3万後半と大分お安くなっている。

 

この間、アキバの某ゲーミングBTOPC専門店で店員さんに色々聞いた所、

インテルが高いというより後発のRYZENが安く、ゲーミング用途では断然RYZENがオススメ

とのことだった。

 

RYZEN CPUは基本的にGPU非搭載だが(俺が自作したRyzen3 2200Gは例外)PCゲームをする人は必ずグラボは導入するため、ゲーミング用途ではRYZENはぴったりらしい。

逆に、映像制作やオフィス用途だとインテルの方が良いらしい。

 

俺が2200Gを自作したときは不具合が多すぎて、やっぱりインテルか~~と思ったが、そのあとRYZENで不具合が出るとあまり聞かないので、俺の場合個体差?だったのかもしれない。

 

そう考えると、俺はゲームはギャルゲくらいしかやらないが、動画編集、写真加工は結構するので、やっぱりインテルの方がいいんじゃん…

 

インテルの値段が落ち着いてきたら今度i5で自作するかな😆

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください