AMD Ryzen機を自作

一昨日注文したPCパーツが届いたので早速組み立て。

 

 

まずマザーボードを箱から出し、ビニールから取り出して箱の上に載せる。

金属のものに触って静電気を逃がしておく。

 

今回はコスパ重視でASRockのAB350M-HDVをチョイス。

 

ここにCPUを乗っけていく。CPUはRyzen3 2200G

特に難しくはない。レバーを持ち上げて方向に気をつけて置くだけである。

 

次にメモリ。メモリも特に難しい作業ではないが、最初に脇の部分を外しておかないとはまらない。

 

 

 

定番商品のCrucialのメモリ。Windowsは8GBあれば大体大丈夫。Ryzenは速いメモリの方がいいらしいが、今はメモリが高騰しておりOCメモリは手が出なかった。

しっかりカチッとなるまではめる。結構固いので、しっかり力を入れてはめ込む。

 

 

メモリが上手くはまったらCPUファンの取付け。今回はリテールクーラー。

インテルと違い、ドライバーでネジをまわし固定する。MBにバックプレートの上にブリッジ?のような物がついているので、そのブリッジを外してバックプレートとネジで固定。4つのネジを少しずつ回してバランスよく固定していく。

 

 

取り付け完了!

 

とりあえずケースにMBを仮止めし、電源をつなぐ。問題があるとこの段階で上手く電源が入らないが、今回は何も問題なく通電。

 

裏にコードを通し…

LEDで電源が入ったことが分かる。

 

BIOSまで起動までサクッと完了。ここまで1時間半かかってないくらい。

Windows10をUSBからインストール。

 

普通に起動。

今回は特にトラブルもなく、普通に組み立てて普通に起動しました。

昔は自作するとメモリが認識しなかったり、電源が入らなかったりして、一日がかりの作業でしたが今回は2時間ちょっとで終了。

Windows10のインストールは早い!

 

起動できたらHDD類を接続して裏に配線をまとめる。

今回のケースは大きいので、右側も余裕があっていいですね。やや大きすぎる感じもある。

 

前面がアクリル、両サイドがガラス張りのケースです。

 

モニターが27インチのフルHDなので、4Kと比べると大分荒いですね。まあ4Kはメモリも食うし、安定動作は結構大変なので、まだフルHDでもいいかなと思います。慣れれば大丈夫でしょう。

27インチも2万を切る時代になりましたね。

 

Macの時に操作をミスって以前のWindowsのデータを消してしまったので、新しく設定し直しています。

Ryzenの体感スピードはi5とほとんど変わらない感じですね。快適です。

 

i5が二万以上することを考えるとかなりお得かも?

 

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください