譜面ビュワーとして、iPad Pro(12.9インチ)とiRig BlueBoardを導入しました。

こんにちは、Yuukiです。

先日、iPad Pro(12.9インチ)を購入しました。

普通に考えたら12.9インチは非常に大きく、10.5インチの方がいいのでは?と思われそうですが、私は譜面ビュワーとして使うので12.9インチ一択でした。

12.9インチiPadはクラシックの譜面とほぼ同サイズ

世の中に出回っている楽譜は大体A4サイズくらいがほとんどです。オーケストラ譜等で大きいものもありますが、大体はA4サイズでしょう。

今までiPad airで譜面ビュワーとして使ったことも有ったのですが、あのサイズだと小さくて音符がよく見えませんでした。

12.9インチだと、ほぼ楽譜と同サイズなので、快適に練習、本番で使えます。

 

ビュワーアプリとしてはPiaScoreというものを利用しています。これが非常に便利なアプリで、PDFの楽譜以外にもJPEGファイルを楽譜として使うことも出来ます。

ブラウザ機能が付いており、そこでimslp等で直接クラシックの楽譜をダウンロード出来ます。

見てもらえば分かる通り、ほぼ同サイズです。

この量の楽譜を持ち歩くと重くて大変ですが、ipadだけ持ち歩けばよいので大変快適です。

 

iRig BlueBoardでワイヤレス譜めくり

更に、Bluetoothのmidiフットスイッチを利用すれば、足元からワイヤレスで譜めくりが出来ます。

私はiK MultimediaのiRig BlueBoardというスイッチを購入しました。

他にも対応しているフットスイッチもあるのですが、スイッチを踏んだ時に音がしない事と、Amplitubeなどのギターアンプアプリでも利用できることを考えて、iRig BlueBoardにしました。

 

サイズはコンパクトですが、各スイッチの間は踏み間違いのないように広めの間隔です。重量は軽く、持ち運びも苦にならないと思います。

 

接続に最初戸惑ったのですが、iPadのBluetooth接続で設定するのではなく、piascore側の設定でBluetoothデバイスを登録、これで出来ました。

 

Aスイッチでページ戻し、Bスイッチでページ送りです。

動画も撮ってみました。ラグもなく、スムーズに譜めくりが出来ています。

 

ヴァイオリンの練習をしていると、結構譜めくりが面倒で、フレーズの途中で譜めくりをしないといけなくて面倒な時があります。そういう時もこのセットでストレスフリーになります。

本番も本当は暗譜した方がいいのですが、何曲も弾くリサイタルでは全曲暗譜するのが大変だったり、どうも暗譜がしにくい曲、ニュアンスの指定が多い曲があると、譜面を見ながら弾きたいという時があります。そういう時も手を使わないで譜めくりできるので、この組み合わせは革命的だなと思います。

 

iPad Pro 12.9インチが64GBとiRig BlueBoardで合わせて10万円程度と、導入するにはやや高価ですが、譜めくりの問題は結構煩わしく思っていたので、導入して非常に良かったと思います。

 

練習もはかどるし、本番でも譜面を見て正確に弾きたいタイプなので、これで効率が上がればいいなと思います。

 

 

iPad自体のレビューもまた今度書こうと思います。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。