ドミナントVSエヴァ・ピラッツィ

こんにちは、yuukiです。久しぶりにヴァイオリンの弦を変えました。

定番中の定番、ドミナントとゴールドブラカット(プレミアム)です。

 

張り替え前はエヴァ・ピラッツィで、その前はラーセン、ヴィジョン、インフェルド、オリーブ、、とドミナントはかなり久しぶりになります。

せっかくなので、エヴァ・ピラッツィとドミナントを比較してみます。

 

ドミナントの良いところは、どの楽器でもよく鳴る、金額が安い、味付けが少なく素直な音、どの楽器屋でも購入できる、等でしょうか。

弱点は、最初金属的なジャリジャリ音がする所、良い音の寿命の短さ(1ヶ月程度)です。

 

音の性格としては、強く弾き込んで鳴らすというより、軽い弓圧で柔らかく鳴らす方がいい音が出ます。

以前は誰でもドミナントでしたが、最近はドミナント一強時代ではなくなってきました。

 

エヴァ・ピラッツィはどうかというと、音が大きく、華やかな音色で、強い音が出しやすいです。

ある程度弓圧をかけても音が潰れにくく、しっかりした音が出ます。

良い音の寿命は、1ヶ月半くらいです。

 

弱点は、1万円近い値段、張りが強くやや抑えにくい所です。

それと強引な弾き方をしてもある程度鳴ってしまうため、弓圧をかけすぎるようになってしまう場合がある事でしょうか。

 

ドミナントは今となっては古い弦なので、他のハイテク弦に劣るかと思いましたが、案外そうでもなく、結構いいんじゃないと言う感想。

エヴァ・ピラッツィは値段が高くてコスパが悪いし、強い弦なので、いつも使うのはやや難しいです。

ドミナントはオリーブの音に似せて作った歴史があるので、今時のナイロン弦と比べるとガットっぽさがあります。そして安い。

 

私の楽器は正体不明の古い楽器で、最近大規模な修復をしたこともあり、ドミナントの方が良さそうではあります。音も良いと思うし。

 

大きなホールでソロを弾く時はエヴァ・ピラッツィの方がいいかもしれないが、普通はドミナントで不自由ないんじゃないだろうか?

 

次に弦を買う時に何を選ぶかわかりませんが、ドミナントはまだまだイケると思いました。迷ったらドミナントにしようかな。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。