Benjamin Britten Violin Concerto Op. 15&三浦文彰(Fumiaki Miura)

 

ベンジャミン・ブリテンのヴァイオリン協奏曲は、結構マイナーな曲だが、最近演奏されることが多い。

1楽章はリズムが特徴的で、活き活きとした前半部と、不思議な感じの後半に別れている。楽譜を見てみると、思った以上に難しい。

2楽章はVivaceで疾走感がある。途中でCadenzaに入り、Ataccaで3楽章に突入する。3楽章は1~2楽章と比べるとややパッとしない感じ。

 

ベンジャミン・ブリテンは、日本ではややマイナーな部類だが、聴いてみると中々良い曲がある。名前からして想像できるがイギリス人である。

CDでお勧めなのは断然ジャニーヌ・ヤンセンの演奏。

 

動画のソリストは三浦文彰という若手のヴァイオリニスト。大河ドラマ真田丸のオープニングテーマのソロを弾いたり、ルックスが良かったりして、今とても人気がある。

彼の音色は結構独特で、ちょっと昔の名人っぽい?音がしている。テクニックも卓越しているが、どちらかと言うと歌うようなフレーズが上手い。

チャイコフスキーの協奏曲などはかなり得意だと思われる。(Hannoverのコンクールで優勝した時の曲もチャイコフスキーの協奏曲だった)

 

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。