ヴァイオリンのフィッティング、パーツの重さと音質変化

ヴァイオリンのあご当て、ペグ、テールピースなどのフィッティングを交換すると音が大きく変化する事がある。

その他にも、アジャスターやテールガットなど細かいパーツでも音質変化が生じる。顎当ての金具の種類でも変わるらしいが、今日はそこまで突っ込まない。

 

まずフィッティングの材質にはメジャーなところで、ツゲ、黒檀(エボニー)ローズウッドなどが挙げられる。ツゲは一般的に軽く、黒檀は重い。ローズウッドは中間である。

材質によっても音は違うと言えるのだが、実際に試してみた所、ツゲは柔らかい音、黒檀は芯のある硬めの音に変化することが多い。

ペグはあまり音質変化しないのだが、あご当て、テールピースは大きく音が変化する。私はあご当てはともかく、テールピースを黒檀またはブラックウッドなどにすると音がきつい感じになるのが嫌なのであまり使わない。楽器はほとんどツゲのフィッティングを付けてることが多く、たまに黒檀など気分転換で付けるのだが結局ツゲに戻している。

 

ツゲのフィッティングでも密度、重さなどで音の変化が生じる。もちろん楽器にもよるのだが、一般論で書いてみる。

重く密度が濃いツゲのフィッティングを楽器に付けると、しっとりとした柔らかめの音で、やや音量は小さくなるが、広がりがある音になりやすいと思う。

対象的に裏掘りなどがしてあって軽いツゲのフィッティングを使うと張りがある音になり、ハイが出るようになる。

 

今自分の楽器はオールドの方は重いクローソンタイプのあご当てを付け、テールピースは色の濃い年季の入ったもの。密度は詰まっている感じ。ペグは入手したときから付いているローズウッドのこちらは密度が薄いタイプ(ペグ穴が広がりすぎてブッシングをしないといけないのでそのまま)アジャスターはゲッツのものを付けている。

このオールドはなるべく柔らかく、しっとりした音を出したいのでこういうセッティングになっている。黒檀のテールピースや軽めのツゲのテールピースも試しているが、中途半端に明るくなってなんかパッとしない音になってしまったので、この楽器には重い部品が合っているようである。

 

それに対して新作の方は、軽いストラドタイプの顎当て、比較的新しい色の薄いテールピースを付けている。こちらもアジャスターはゲッツ。ペグやエンドピンもすべてツゲである。

新作の方は健康的にカーンと鳴るようにしたかったのだが、まあまあ狙い通りである。もともとフィッティングは全部黒檀だったのだが、ツゲに変えている。しかし黒檀のときも悪い音ではなかったと思う。(見栄え的にツゲのほうが合う)

 

オールドなどで柔らかい音の楽器はその柔らかさを生かして重めのツゲフィッティングを付けてみるのが良いのかもしれない。

 

このフィッティングなどの重さ、材質で音色が変わる理屈は私には良くわからない。体験的にこうというのはなんとなくあるのだが、ヴァイオリンの音はいろいろな要素が混じり合いすぎているためなんとも言えない。湿気によっても違ったりするし。

 

オールド名器にはツゲのフィッティングが付いていることが結構多い。まあオールド名器ならどのフィッティングでもいい感じに鳴ると思うが、ツゲの柔らかさが合っているのだろう。オールド名器の音は柔らかく繊細で、ローからハイまで良く鳴るため、クローソンなどの密度の濃い重いフィッティングがあってるのだろう。

 

フィッティングの世界も奥が深い。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください