エボニーVSボックスウッド(ツゲ)~ヴァイオリンのフィッティング~

こんばんは、yuukiです。突然ですが、次の2つの写真を見比べてください。

 

 

違う感じがしませんか?しかし、どちらも同じヴァイオリンです。

光の具合や弦が違うのもありますが、どうしてこんなに違う雰囲気に見えるのでしょうか?

答えはフィッティングの素材です。エボニー(黒檀)からボックスウッド(ツゲ)に変えています。

 

フィッティングとは?

弦楽器のフィッティングというのは、あご当て、テールピース、ペグ、エンドピンの事を指します。写真で写っているのはテールピース(弦を結んでいる所)とあご当てですね。

 

フィッティングは色々素材があり、それぞれ肌ざわり、音の雰囲気が変わります。

中でも

・ボックスウッド

・エボニー

・ローズウッド

の三種類がよく使われます。

他にも

・スネークウッド

・フェルナンブーコ

 

等の珍しい素材が使われることがあります。ざっくりと、上の三種類の説明をします。(スネークウッド、フェルナンブーコ等の詳細はググってください)

 

ボックスウッドの特徴

ボックスウッドは特に柔らかい素材で、ペグなどに使うと楽器側の木の消耗を少なく出来ます。

見た目は茶色く高級感があります。高い楽器に使われてるイメージもあると思います。

音の傾向は柔らかめな感じで、大きな音というより広がりがある音色になります。

 

エボニーの特徴

一番ヴァイオリンのフィッティングではメジャーな素材で、材質のバラつきが少なく、ある程度安価でありながら材質が安定しています。

特に良質のエボニー材は真っ黒で綺麗な艶があります。手触りも滑らかです。

音はやや堅く、大きな音が一直線に飛ぶようになるイメージです。

 

ローズウッドの特徴

見た目が独特で綺麗です。材質がややバラつきが多く、良質なものを入手することがやや難しいようです。

音の傾向はどちらかと言うとエボニーっぽい感じと言われています。素材としてもエボニーと似ています。

アレルギーが出ることがあるため、注意が必要となります。ローズウッドアレルギーは人によっては重篤な症状が出るため、検査してから使ったほうが良いです。

余談ですが、私の先生で、ローズウッドアレルギーが酷く、ステロイドを服用する程になってしまったことがある方がいます。

 

 

私はボックスウッド派

タイトルに関して、結論から言うと私はボックスウッド派です。

一番大きな理由としては、あご当ての部分がエボニーだと痛くなる感じ?がするからで、そもそもエボニーだと気になって練習できません。

ちょっと感じもあるので、アレルギーがあるのかも?

 

似た材でブラックウッドというやつもあるのですが、それは完全にアレルギーでした。

 

そういうわけで、あご当てはボックスウッドにしています。テールピースもバランスを考えてボックスウッドにしています。

サブヴァイオリンは全部ボックスウッドです。メインの方はペグとエンドピンが、穴の都合上ローズウッドになっているのですが、そのうち治してもらってボックスウッドにしようと思っています。

 

皆さんはどっちが好みでしょうか?

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。