俺とパガニーニ

ヴァイオリニストの憧れ、というか、特別視されてる存在にパガニーニがいるわけだけど、俺もパガニーニには思い入れが結構あるわけで。
高校卒業する頃にはテクニック的にパガニーニの曲が射程範囲内だった。ので手を付けてみたのだが・・・

普通の難しい、テクニカルな曲とワケが違うんですよね、パガニーニ。

なんというか…普通の曲に出てこない特殊技法がバンバン出てくるわけで、それで挫折する人(パガニーニを)もかなりいるんじゃないかと思う。

そもそもパガニーニの曲が弾けても

すごい!

って言われるだけであって、音楽的にすごく素晴らしい、かつ重要なわけでもないんですよね…パガニーニ。

これがイザイとかだと音楽的にも重要で、ヴァイオリニストとしては是非勉強したほうがいい範疇になるんだけど、パガニーニは別にやらなくてもいいわけ。

 

でも俺はどうしてもパガニーニ弾きとして認められたかったので、まずカプリースを攻略することから始めた。

パガニーニの24のカプリースは一応、エチュードということになってるんだけど、普通のエチュードではなく、パガニーニの曲に出てくる変態技巧の練習って感じになっている。

 

とっつきやすいのは1番、9番、16番、24番、21番、5番あたりかな?とっつきやすいと言っても激ムズで普通のレベルじゃ歯が立たないが、とりあえず他の曲はもっと異次元なので、このあたりをコツコツこなしてみるといいと思う。俺もそうした。

 

でヒイヒイ言いながらカプリースをやってるとまあ、パガニーニの曲の雰囲気はつかめてくるかと思う。

そうするとConcerto No1あたりに手を出してもいいかなーと言う感じ。

コンチェルトの一番はまあゴリゴリの超絶技巧曲ではあるが、まだカプリースほど鬼畜では無い気がする。(3楽章以外)

3楽章はダブルストップ・ハーモニクスという変態を極めたようなテクニックが出てくるので、これを攻略するのは非常に大変なんだが…まあカプリースを何曲かこなせる人ならなんとかなると思うよ。

 

かくいう俺もダブルストップハーモニクスはどうも苦手で、3楽章は未攻略である…

 

その他にもNel Cor Piu~やGod Save King~など変態曲がたくさんあるのだが…

パガニーニは自分の曲を秘密にしたがってたみたいで、大部分の作品が残ってないんだよね。

だから作品数がそもそも少ない。ドマイナーな曲も少しは残ってるんだけど、やっぱり作曲家としてはそこまでじゃないんだよね。

 

そもそもパガニーニ弾きって、すごいとは思われると思うが、そんな尊敬されるような存在でも無いような気がする…どちらかというと変態と思われてるような…

普通のプロのヴァイオリニストも手を付けない領域なので、わざわざパガニーニ弾きになるのって真性のドMかもしれない。

 

まあでも、やっぱりパガニーニ弾きたいよね?え、弾きたくない?

この人は純粋培養されたパガニーニ弾き。パガニーニコンクールも優勝してるし。

ツィマーマンくらいになると簡単なのかもしれない。

三浦文彰も昔はよくパガニーニ弾いてたみたいだが、路線変更したのか最近は弾いてないみたい。

 

俺は最近はそんなでもないが、一時期アホみたいにパガニーニばっかり弾いていた。コンサートでもカプリース21番を良くプログラムに入れていたし、まあパガニーニ弾きと思われたかったんだが…少なくとも身内からはそういう風に思われてるかもしれない。

でも結局指の構造とか関節の柔らかさとかそういう要素も合わさって、真のパガニーニ弾きにはなれないような気がしている。練習不足といえばそうなのだけど、やっぱりパガニーニばっか一日数時間やるのは厳しい。10時間以上パガニーニばっか練習して、それで弾けるようになるかも謎だし。

中途半端にパガニーニが弾ける人くらいで落ち着いてしまってる気がする。いかんなぁ。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください