Amplitube4でスティーブ・ルカサー風の音作り

ルカサー風ラブライブ!

スティーブ・ルカサー風の音作り、フレーズを作ってソロを弾いてみた。曲はラブライブ!からμ’sのShangri-La Shower

 

 

フレーズはともかく、音は中々それっぽく出来たのではないかと思う。

機材はSuhrのいつものギターと、Amplitube4。

以下Amplitube4の設定。

 

 

 

 

 

アンプはMarshallのJCM900で、ベースを絞り気味、前段にコンプとTSで歪みを細かい感じにしている。

キャビの設定はデフォルト。

後段のエフェクトはもう一度コンプ、コーラスとディレイ、リバーブ。

ディレイとリバーブは結構派手にやるのがルカサー風である。コーラスはやや薄め。

 

Amplitube4はいくらエフェクトを掛けても良いので、やりすぎなくらいでちょうど良い。ライブでのアンプというよりは、ミックスして音源に馴染む感じで音作りするのが良いと思う。

 

曲の中にギターを入れる時はベースの事を考えて、低音は絞り気味にするとバランスが良くなると思う。

 

最近は今剛さんの演奏を良くYoutubeで聴くのだが、今剛さんはAxe FX Ⅱで、前段にProvidenceのベルベットコンプを掛けている様である。

もしかしたらスタジオ系の音はコンプが重要なのかも?コンプを深めに掛けて音の伸びを良くすると結構それらしくなる。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。