改造赤ストラト

普段メインギターとしてSuhrを使っていますが、別に赤いストラトもありそちらもよく弾いています。

見ためから普通のストラトじゃないが、これは実はとても親しい友人に借りてるもの。

その友人はギター買ったはいいが、ほとんど弾かないようなので貸してもらっている。

最初は3シングルの普通のストラトだったのだが、その時はちょっと使いにくいような気がして、あとパーツ類もかなりボロボロだったため、返すときに元に戻すということで許可をとり改造してしまった。

まず基本的なスペックから行くと、これはFender JapanのSTDというモデルで、バスウッドボディ、メイプルネック、メイプル指板のコストパフォーマンスモデル。

ピックアップもFender Japanのオリジナルで、最初はあまりいい音ではなかった…

で、改造点。

まずはリアをダンカンのハムバッカーに。モデル名は忘れてしまった。

ブリッジサドルをRAW Vintageのサドルに交換。

ネックプレートはフリーダムのものに交換。

裏のスプリングも、RAW Vintageのに交換。

トーンノブを無くし、リアダイレクトスイッチとコイルタップスイッチを増設。

ピックガードをパールの物に交換。

これでだいぶストラトらしい鈴なり感があるサウンドに!

しかし、借り物なのに改造しすぎて反省…友人は使ってくれるなら良いよ~という感じだったが、やっぱりピックアップ類などは普通のストラト仕様に戻そうかとも思っている。

フロント、センターピックアップの音がかなりプレーンでちょっと安っぽい感じなので、交換したらよりストラトっぽい感じになりそうですね。

上の改造をした時はSuhrを買う前で、トム・アンダーソン等のコンポーネント風に改造したのだが、やっぱりストラトは普通の形のほうが良いですね。

アームは最近使わないので外して、ベタ付けセッティングにしています。

正直鳴りはSuhrより良いかも(笑)

トレモロユニットベタ付けなので、チューニングを変えたりが容易です。セッションなどはこっちを持っていこうかな。中々お気に入りギターです。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする