エヴァ・ピラッツィゴールドを張ってみた 録音あり【弦のレビュー】

コンサートが近くなってきたので、弦を張り替え。

以前は本番用でピーターインフェルドを良く張っていたのですが、今回は思い切って評判の良いエヴァ・ピラッツィゴールドにしてみました。

エヴァ・ピラッツィゴールドはガットのオリーブの次に高価な弦で、セット一万円以上するのでちょっと手を出してなかったのですが、かなり評判は良い様子。

どのレビューでも強い音で、なおかつ太いしっとりした音ということは言われていますね。

 

まず届いて張ってみた感じですが、やはりテンションが強い。ヴィジョンのHEAVYと比べても明らかに強く、触った感じが違います。

音を出して見て思ったのは、エヴァ・ピラッツィらしさは結構あるなと。エヴァ・ピラッツィほどではないがあの派手な感じも内包している印象です。

音量も大きく、芯も太いどっしりとした音。張ってすぐこれは良い!という驚きはありませんでしたが、確かに良い感じ。

この芯のしっかりした感じと柔らかさはオリーブを彷彿とさせますね。

 

あと圧力に対するレスポンスも良いです。ドミナントなどは圧力をかけすぎると潰れるのですが、このエヴァ・ピラッツィゴールドは潰れないで強い、密度の詰まった音が返ってきます。

左手のビブラートや、指をベタッと寝かせたときの反応も良好で、表現が自由にできるという感じ。

 

3日くらいたって馴染んできたのか、更にしっとり感が増え、落ち着いたしっかりした音になってきました。

E線もステンレススチールで、なかなかいい感じですね。輝かしい強い音が出て、他の弦とのバランスも良いです。

 

軽く録音してみました。リバーブかけた以外は音はいじっていません。

 

比較してみましょう。バッハのシャコンヌの冒頭。うまく鳴らすのがやや難しい曲ですが、どうでしょうか。

まずエヴァ・ピラッツィゴールド

次がビジョンHEAVY、ドミナント、ゴールドブラカットのセットの録音です。

 

ヴィジョンのセットはちょっとこもった感じというか、柔らかさ、広がりはあるけどちょっと抜けない感じですね。

エヴァ・ピラッツィゴールドの方はちゃんとハイが出ていて、硬いところもあり、しっかり抜けている印象です。

まだ張ったばかりで評価が固まっていないのですが、まあなかなか良いんじゃないだろうか?という感じ。値段を考えるとどうだろう…正直ピーターインフェルドでも良いような気はしますね。ピラストロのハイエンド弦に共通する華やかさ、音色のコントロール性の良さは感じられるのですが、絶賛するほどでも無いかもしれません。結構長寿命らしいので、そのへんは嬉しいですがどのくらい持つのでしょうか。4ヶ月くらい持てばまあ良いかなと思っています。

まだ3日目なので、これからすごく良くなることもあるかもしれませんが、とりあえずまあファーストインプレッションはそんなところですね。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください