昨今のヴァイオリンケース事情

この間都内の馴染みの楽器店に行ったときに、おや角型ケースが少ないぞ?と思い店長さんに訪ねたところ、

角型ケース、特に布張りの物は全然売れないから置いてないんだと。

ふーん…俺が学生の頃は上手い人は角型ケース使ってるのが当然で、ムサフィアやネグリとかの高級角型ケースに憧れたし、

いっときBAMのハイテックケース(もちろん角型)が爆発的に流行ったこともあった。

ちょっと前には今俺が使ってるリボーニのウノエオットが流行り、結構街で見ることも多かったが…

 

しかしまあ見てみると、ほとんどシェイプ型の、それもカーボンやグラスファイバー製のツヤツヤのが殆どで、同素材の角型はちょっとだけ置いてある感じ。布張りのはほとんど無い。

 

どういうわけか聴いてみると、まず最近は日本の天気が安定せず雨に強いケースが求められてること、

更に言うと、その楽器店の客はプロよりアマチュアの金持ちのOLのおねーさん方が殆どなので、見た目にもスタイリッシュなのが求められてるらしい。

更に言うとOLのおねーさん方は、ケースのゴムの部分がコートに擦れると、コートのその部分がツルツルになってしまったりして、高級なコートが台無しになった!とクレームが入ることがあり、最新式のゴムの部分がないケースを重点的に置いてる(店長談)とのこと。

 

あとは映画やドラマで使われるケースが十中八九新素材のケースだと言うことで、ミーハー的な売れ方をしているらしい。広瀬すず効果。

 

シェイプ型のケースは楽譜が入らなかったり、耐熱性の問題があったりするが、まあ女性はバッグを別に持ってるだろうから楽譜は問題ないし、(男性の客は少数派なのだろう)熱問題もそこまで神経質になるほどではない。

コートが擦れる問題など全く自分は気にしていなかったが、確かに最近発売されたケースは工夫されているようだった。

雨はねえ…電車移動だと確かに、布張りだと濡れると大変だが、表面がツルツルしてれば拭けば問題ないし、最近のケースはパッキンがしっかりしてて雨が侵入しないらしい。

もっとも昔のケースでも雨が侵入するってことはなかったが…

 

でも俺はやっぱり角型の布か革張りのが良いなーと思っていたのだが、ちょっと心動かされるケースを発見。

 

BAMのハイテックオペラというケースで、ポリカーボネート素材、表面が細かい凹凸になっていて、上品な光沢がある。

内装はまあ素っ気無い感じだが、弓を止める部分が左側にあって、何かのときに楽器にぶつからない配慮がされてたり、内装の素材もベルベット調とスキがない。

もちろん背面のゴムも無いのでコートも擦れることが無いようである。

重量はなんと1.6kg!

とにかくデザインは素晴らしく、最近入ってきた商品だが結構売れてるとの事で、確かに俺もこれなら欲しいと思わされる感じであった。

それにしてもBAMは商売がうまいと思う。以前流行ったハイテックの角型ケースから、機内持込可能なケース、合皮張りや毛皮張りの斬新なデザインと、最先端のケースブランドとして地位を確立している。確かにBAMのケースは町中で見かけることがかなり多い。プロ使用率も高いし。

 

しかし10万くらいするので…そこまで出すんだったらネグリのミラノが欲しいかなぁ…

 

まあ、時代の変化といえばそうなのだろうが、自分の価値観が古くなっていくのは寂しいものがある。そういう年では無いと思いたいが、もうすぐ四捨五入すれば30だしね…

 

まあ他の楽器店、特にプロの顧客が多い店だとどうなのか分からないが、アマチュア的には新素材のシェイプ型一択という状況らしいのは分かった。

 

俺も今のリボーニのケースは猫の毛が付きやすいし、見た目も色あせて汚い感じになってしまってるのでそろそろ引退させたいが、やっぱりできれば次も角型ケースにしたいと思っている。

 

移動は車がほとんどなので雨、重量は気にしなくてよいし、角型のスペースの多さはやはり便利だと思う。楽譜ももちろん入るし。

やっぱネグリかな~~ムサフィアはどこで売ってるか分からないし、アルファは撤退してしまったし、リボーニの高級モデルはちょっとパッとしないのよね。

 

プロはやっぱり角型でしょと思ったということでした。

 

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください