長財布と二つ折り財布それぞれのメリット

先日、財布を変えた。

二つ折りで小銭入れなしの非常にコンパクトでシンプルな財布。バナナ・リパブリックで購入。

カード入れも4箇所しか無い上に、札入れが浅くそのまま入れるとお札の上がはみ出る。

この状態で使用すると格好悪いので、実質カードケースである。

今までは、COACHのラウンドジップタイプの長財布を使っていた。サイズが大きく、大容量で色々入る財布だった。

このCOACHの財布は成人祝いに母がデパートで買ってくれたもので、結構高価な財布だと思う。COACHはアウトレットで安価な製品も売っているが、デパートや路面店で売っている商品は結構高い。アウトレットで売ってるものはアウトレット専売品で、質感が安っぽいが、本物(?)のCOACHは結構高級感がある。

この長財布は高級感が非常にあり、お札もスッキリ収納でき、小銭入れも使いやすい。カードも大量に入るという凄く使いやすい財布だった。

実際長財布で買い換えようと思い、ほかメーカーの3万くらいの財布を買ったことがあるが、使いやすさの面で叶わず、4年間ずっとこのCOACHの財布を使っていた。

しかし、最近バッグを持ち歩かなくなり、ジーンズの後ろポケットに入れていたら型崩れしてしまった。

元々長財布はポケットに入れるように出来ていないので、後ろポケットで踏んでいると型くずれして、お札も歪んでしまったり良いことがない。

あと、小銭やカードを大量に入れていると結構重量があり、重いと思っていた。

最近はデビットカード、iPhoneのスイカで買い物することが多く、ポイントカードもほとんど使っていなかったので、型崩れが進む前にコンパクトな財布に買い換えようと思った。成人祝いの大事な財布なので、汚くなる前に引退させたかったという感じ。

それで財布を2ヶ月くらい前から探していたのだが、中々良いのが見つからなかった。

新しいの欲しいと思いつつ、上の長財布を使っていたのだが、知り合いに小銭入れ無しのマネークリップが良いよと進められた。

その知り合いは小銭を持ち歩くのが嫌で、最低限の紙幣とクレジットカード、スイカのみ持ち歩いているが、中々便利だと教えてくれた。小銭入れ無しという発想がそもそも無かったのだが、確かにカード払い、電子マネー支払いに統一すると支払いが楽かなと思った。

私はやや浪費癖があり、お金を持ってると使ってしまうタイプである。なのでこれを期に、現金を持ち歩かない生活にシフトしようと思った。そこで冒頭の小さいカードケースを買ったのである。

最初不便かと思ったが、案外カード、スイカが使えるお店ばかりなので、今のところ大丈夫だと思う。千円のみ三つ折りに畳んで非常用に入れてある。小銭は小物入れポーチに500円だけ入れている。

首都圏に住んでいると案外カードのみでも大丈夫かもしれない。私は埼玉在住だが、近所で現金払いのみというお店はほとんど無い。

タイトルに戻るが、この記事は一応長財布と二つ折り財布それぞれのメリットを書くつもりだった。前置きが長くなってしまった。

私は財布は上品に、スマートに使うべきという考えなので、見た目や支払い時のスマートさを重視している。そういう所を前提に書いてみる。

長財布のメリット

まず長財布のメリットだが、これはやはり大容量が大きいだろう。

お札を折らずにそのまま収納できるため、現金支払いの際にスマートという面もある。

実際、COACHの財布時代は30万円くらい入れてもまだ余裕があった。小銭入れも大分容量が有ったため、とりあえずお金を全部突っ込める感じだった。

カードも12枚は余裕で入ったと思う。私が使っていたのはラウンドジップ型だったので特に容量が大きかったのだと思う。もう少し薄いタイプの長財布だとそこまで入らないかもしれないが、二つ折りよりは沢山入るだろう。

ジーンズなどのポケットに入らないという面ではデメリットだが、スーツの内ポケットには大体入ると思う。バッグを持ち歩いていれば収納の問題は無いだろう。

個人的には一番のメリットはお札を折らなくて良いところだと思う。会計の時にお札がまっすぐになっているので、スムーズに会計できる。レジ打ちのバイトなどしたことがあれば曲がりグセが付いていると少々やりにくいのがわかると思う。支払う側でもそういうのが気になってしまう。

二つ折りでカード、紙幣を大量に入れると財布が膨らんで不格好で、品が無い感じに見える。長財布だと相当傷んでいなければ見た目も綺麗である。

現金主義の人は長財布が良いのではないかと思う。

ルイ・ヴィトンの財布は、モノグラムだといかにもだが、エピ等は非常に上品で質感が良い。

二つ折り財布のメリット

二つ折り財布はコンパクトなのがやはりメリット。

相当大きいタイプでなければポケットに入るため、少しコンビニに行ったり、バッグを持ち歩く程でない買い物の時に便利だろう。

カード払い、電子マネーをよく使う人であれば、二つ折りのコンパクトさは非常にメリットである。

反面、カードや紙幣をたくさん入れるタイプの人だと、形が崩れて不格好になりやすい。

あのサイズで2つに折るという性質上、どうしても沢山入れるのには向いてない。

パンパンになった二つ折り財布を見ると長財布にすればいいのになと思ったりする。あとあまり財布が綺麗じゃないとなんとなく貧乏臭く見えるというのもある。

お金を入れておく場所を綺麗にしておかないというのは、お金に対する意識が低いように見えてしまう。

しかし二つ折り財布で、綺麗に薄く使っていると非常に品が良く見える。お金持ちに見える感じがすると思う。

小銭入れは二つ折りだと使いにくいし、あまり量が入らない。私は知り合いの意見を参考に思い切って小銭入れなしにしたが、良かったと思う。

グッチの二つ折りは格好いいと思う(割とブランド好き)

私は使ったことがないが、ネットではこの薄い財布の評判が結構良い。

現金派は長財布、カード払い派は二つ折りがお勧め

現金を持ち歩く以上、どうしても小銭等で財布が膨らみがちである。

現金派で、お金は財布に入れておきたいタイプは長財布をお勧めする。

しかし、ブランド物の長財布を使っているとちょっといやらしい感じというか、勧めといてなんだが、成金っぽさがあると思うので、シンプルであまり主張がないタイプが良いと思われる。

反面、カード払いや電子マネー派の人は二つ折りの小銭入れなしがお勧め。

富裕層はあまりゴテゴテした財布を持ち歩かないという噂もあるが、確かにコンパクトで品の良い財布の方がお金持ちに見えるだろう。

私は冒頭のカードケースを買ったばかりでまだ時間が経っていないが、これを気に浪費癖を始めとするお金の習慣を見直そうと思っている。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする