Axe-Fx II XL+とKemper、Helixのざっくりレビュー【アンプシミュレーター】

こんばんは、Yuukiです。

今日、楽器店で今流行のアンプシミュレーター

Axe-FXⅡ XL+

Kemper

Helix

を試奏してきました。

 

それぞれ、デジタルハードウェアアンプシミュレーターとしては、最高峰の機材で、プロのギタリストにも絶賛されているものです。

様々なアンプそっくりの音が、かなりのレベルで再現できる夢のような機材です。

結構高額なのですが、音は素晴らしく、私も導入を検討している所です。

今日始めて触って、一時間も弾いていないのですが、ちょっと弾いた感じで解説混じりでレビューしてみようと思います。

 

Axe-FXⅡ XL

参考動画

デジタルアンプシミュレーターで、最初にプロのレベルで注目されたのが、多分Axe-FXだったと思います。

それまで、Line6のPOD等はあったのですが、プロで使えるレベルでは無かったようです。デジタル臭い音、とも言われているのですが、ちょっとモコモコしてヌケの悪い、解像度の低い感じでした。

Axe-FXシリーズは、それまでのアンプシミュレーターとは全く別物の、非常に解像度が高く、実践向けの音で、様々なギタリストのステージ、スタジオで使われています。

 

弾いた感じ、非常に解像度が高くて綺麗な音です。CDの音がそのままモニタースピーカーから出ている感じでした。

アンプそのもの、というよりも、EQやコンプレッサーなどをレコーディング時にかけて、より良い音にしたような出音です。

ピッキングニュアンスや、ギターのボリュームを絞った時の音色の変化も非常に自然です。

MESA BOOGIE、Bognerなどのハイゲイン系はもちろん、クリーン、クランチの音も非常にキレがよく、弾いてて気持ちよかったです。

非常に解像度が高く、鮮明な音なのですが、デジタル臭い感じは今日試した中で一番無く、アンプよりいい音なのでは?と思わせられました。

 

お値段は……388,800 円(2018年1月現在)!ちょっと思いきらないと買えない値段です。SuhrとiPhoneXを買ったばかりなのでやや厳しいです……

Kemper プロファイリングアンプ

参考動画

最近で一番革新的な機材と言われるKemperです。

独自のプロファイリング技術で、どんなアンプでもまるごと音をコピーしてしまうという、これまでの常識を覆したアンプです。

今までのアンプシミュレーターは、Axeもそうなのですが、いくつかのアンプ・モデルがそのシミューレーターの中に入っており、それを自分好みに調整するという感じです。

しかし、Kemperはプリセットで入っていないアンプも、実機を丸々コピーして、取り込んでしまうので、世の中にあるアンプ全て再現できます。新しいアンプももちろんコピーできます。

そのコピーの再現度も凄まじく、その場で比べても殆どわからないレベルです。

FenderやDumbleなどのクリーン系のアンプをコピーして、実機ではありえないほどゲインを上げたり、EQを調整することも出来るので、その辺凄いなぁと思います。

 

試奏した印象は、自然なアンプの感じですね。Axeほど「きれいな音!」では無いのですが、真空管アンプの音が飽和する感じや、コンプレッションがかかった粘る感じの音が再現されていて、これは凄いなぁ(笑)と思いました。

エフェクターは他の2期種よりは控えめですが、ギタリストには十分な感じです。

Axeの音は、DAW上でいろんなプラグインを差しまくって綺麗に整えた感じの音ですが、Kemperは生アンプ感が強いです。

 

お値段はパワーアンプなしで23万ほど、パワーアンプありで30万くらいです。ライブメインの人はパワーアンプ有りの方がいいかも。私の用途では無くてもいいかなと思います。(録音メインなので)

LINE6 HELIX

PODシリーズ等で有名なLINE6のハイエンドモデルです。

操作性が非常に良く、液晶画面が鮮明で、編集が非常にやりやすいです。

今日触った機種の中では唯一、その場ですぐカスタマイズできました。本当に画面が見やすく、直感的に操作できます。

音の感じはKemperやAxeと比べるとやや荒い感じで、ギター単体で聴くと気持ちのいい音ですが、やや解像度が低くデジタル感が感じられます。

ちょっと中域が潰れた感じですね、LINE6のクセがある感じです。

しかしプラグインのアンプシミュレーターやPODよりは格段に良いです。Axeと比べると……というレベルですね。

 

お値段はラックタイプ、フロアタイプともに20万くらい、最近発売になったLTというモデルはフロアタイプで13万くらいです。

まとめ

私の今の環境が、練習用のYAMAHA THR10とプラグインのAmplitube4なので、正直どれでも十分すぎるくらいの音にグレードアップするのですが、予算が許せばAxeですね。

Kemperのプロファイリングは凄いなと思うのですが、Axeが一番綺麗で、いい音と感じました。

Axeは綺麗に広がる感じが凄くて、おお!という感じ。でも、現実的に高価すぎるし、Kemperで音を作り込めば大分良くなりそうなので、Kemperにしようかなと思っています。(Dumbleやディーゼルの音も欲しいし)

HELIXは、いい音なんだけどちょっと決め手に欠ける感じでした。少し足せばKemper買えるし。13万のLTで適正価格かな?

 

私は録音が多く、ライブはやらないので、数ヶ月貯金してKemperを導入しようかなと思います。(今のところ)→Kemper買いました!

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。