Mac Book Pro 2017(13インチ)のレビュー

こんにちは、Yuukiです。

去年Mac Book Proの13インチを購入して、サブPCとして使っています。

半年くらい使って、大分慣れてきて気に入ったのでレビューします。

高級感あふれる洗練されたデザイン

Apple製品特有の洗練された、高級感のあるデザインです。

このMacBook Proにはスペースグレイのカラーも有り、そちらも非常に美しいです。しかし在庫が無かったので、いつものシルバーにしました。

最近は色々なメーカーで洗練されたデザインの製品が増えてきていますが、やはりAppleが先頭を走っている感じですね。

 

タッチバーは無しで、日本語配列のキーボード。

かなり薄いキーボードで、打鍵感も独特なので慣れるまで時間がかかりましたが、非常に軽いタッチで入力できるため楽です。

 

トラックパッドも大きく、操作が楽です。Mac独特のタッチ操作ですが、やはり直感的に使えるので良いですね。

スピーカーのサイズが前のモデルより小さくなり、その分キーボードがぎっしり詰まってる感じです。しかし音質は良くなっていて、ノートパソコンとしては十分以上のサウンドです。

Retinaディスプレイは相変わらず非常に鮮明で、動画を見る時とか発色の良さに驚きます。

スペックは十分以上で快適

カタログの中で一番ロースペックなモデルですが、よほど重い作業をしない限り十分ではないでしょうか?DTM作業でギターを録音したりしましたが、それでも重くなることはありませんでした。4K動画編集などは厳しいかもしれませんが、少なくともブラウジング、軽い動画編集程度では全く問題ありません。(ファンが勢い良く回転しますが)

 

ストレージは120GBで、少し足りないかと思ったのですが今のところ大丈夫です。最近はiCloud等のクラウドストレージにファイルや写真を入れてるのと、このMacBookでは動画編集やDTMは基本やらないのでストレージに関しては十分です。

 

お気に入りのアプリiRealPro。ジャズやブルースのコードを再生してそれに合わせてギターの練習をしています。

 

タッチバーは無くても特に不便に感じません。有ったら有ったで便利かとは思うのですが。

USB-Cポートのみは使いづらい

唯一の不満点がUSB-Cポートが2つのみで、他にUSB、HDMIポートが無い所です。

USB-Cでそのまま接続できる機器がまだ少ないので、ハブを経由しないといけません。これが結構不便です。

充電出来るUSB-Cポートと、HDMI出力変換アダプターを挿せる所が一箇所しか無く、もう一つのポートは充電と画面出力が出来ません。

なので、クラムシェルモードにして充電しながら画面出力して……というのがそのままだと出来ないです。

HDMI出力が出来るハブが少なく、出来ても30FPSだったり(通常は60FPS)して、HDMI画面出力しながら作業というのが難しくなっています。

これだけは結構不満です。対応のハブも売ってはいますが、結構高価です。

 

まとめ

今はWindowsをメインPCとして使っていますが、Windowsは自作だし、安定感が無いんですよね。

アップデートした時に上手く動かなくて色々設定に時間を取られたり、いきなり電源が落ちたりと、作業時に不安な時があります。

でもMacは安定してるので、そういった不安がなく、非常に安心して使えます。

ブラウジングやちょっとした軽い作業時に重宝しています。

 

もちろん外に持ち出して使うときも便利です。私はあまり外でPC作業をしないのですが、持ち歩いているとちょっとした時間で色々出来るので便利ですね。

 

新しいヴァイオリンケースが欲しい

こんにちは、Yuukiです。

 

新しいヴァイオリンケースが欲しい

今使ってるヴァイオリンケースなんですが、RiboniのUNOETTOで、

木製で軽いし、しっかりしていてデザインも良いのですが、生地に猫の毛が付きやすいです……

ヴェンゲーロフさんと、クリスティアン・テツラフさん、あと見にくいけどカヴァコスさんのサインが入っています。

 

アメリカンショートヘアのクーちゃん(♀)

猫を二匹も飼っていると、抜け毛が凄い!外に持ち出すたび掃除のコロコロで綺麗にしないといけません。

あと、留め具がなくファスナーのみで閉めるのも不安です。万が一地震とか火事があると怖いので毎日練習し終わったら閉めておきたいのですが(すぐ持ち出せるように)ファスナーしか無いので面倒です。

 

バイオリン自体も二台あって、サブ楽器の方は古いひょうたん型ケースに入れてるのでそれもちょっと不満。

前持ってたネグリの革ケースは凄く良かったんですが、リュックみたいに背負えないからと思って売ってしまったんですね。でもかなり後悔しています……

 

見た感じGEWAやTOYOのケースなんかだと、カバーの生地がナイロンなので、猫の毛は付かないかなと思うんですよね。

 

RIBONIと比べるとTOYOはちょっと安っぽいかなと言う感じ。GEWAも大差ないかもしれませんが。

ネグリの革じゃないモデルも良いかも。

ネグリは木枠で、大分しっかりしているはずなのでかなり良いですね。高いのと在庫があまりショップにないのと重いのが欠点ですが、ネグリ公式HPで注文すれば7万くらいで上級モデルのミラノが買えそうです。

 

7万出してスペインから輸入して届くの待つか、3万3000円くらいですぐGEWAを買うか、迷いますね。

2018年1月のデスクトップ周り

こんにちは、Yuukiです。

去年の三月のデスクトップ周りはこんな感じでした。

大分変わったので、また晒してみます。

2018/01/28現在のデスクトップ周り

 

随分変わっています。殆ど全て変わっているので、細かくは紹介しきれません。

 

正面はこんな感じ。

デスクトップPCは、CPUとグラボをアップデートして、ケースも変えています。

CPU: Core i 5 7500

GPU: nvidia geforce GTX1050ti

にアップグレードしています。ほかは前と同じ。

 

モニターをAcerの4K、28インチのものにしています。4Kは非常に鮮明で快適! 大分モニターやグラボも安くなっているので、4Kも導入しやすくなっているのではないでしょうか。

 

ケースの上の蓋が本当は有って、スッキリ収まるはずなのですが、電源ケーブルが大きくてしっかり入らないので外しっぱなしになっています。

 

サブPCのMac Book Pro2017 タッチバーなし、13インチです。

外で作業する時や、家の中で移動する時、ブログ更新やネットサーフィンなどのライトな作業はこちらですることも多いです。Windowsよりも安定しているので、安心して作業ができます。(今はWindowsで書いていますが)

 

ギターはSuhrのStandard S2と、Fender Japanのストラトキャスター。

Suhrは本当に弾きやすく、サウンドも抜群!本当もっと早く買えばよかったと思います。

Fender Japanの方は借り物で、許可を取ってピックアップなどを変えています。ジャパンと言えどFenderの音がするので、半音下げにしてブルースなんか弾く時に使っています。ハードロックにも案外対応できて、懐の広いギターです。

 

練習と、ちょっとした録音はYAMAHAのTHR10を使っています。プラグインのAmplitube4をしばらく使っていましたが、レイテンシーが気になるのと音のデジタルっぽさがあるので、早くKemper辺りを導入したいところ。THRも音自体は結構良いんですけどね。最近の自宅用アンプでは一番音いいんじゃないかと思います。

大体こんな感じです。またなんか変わったらPC周り記事書こうと思います。