Kemper純正キャビネット&エディターが発表!

NAMM SHOW2019でKemperの純正キャビネット、エディターが発表された模様。

スピーカーはKemper Koneと名付けられたセレッションの12インチ1発のフルレンジスピーカーが搭載されており、Kemper側でスピーカーのモデリングを変えられる模様。

ちなみに現段階だとパッシブだが、パワーアンプ搭載のキャビネットもそのうち発売されるらしい。

 

あとエディターの発表は嬉しい。リグマネージャーの新バージョンでエディター機能も搭載されるとのこと。

皆純正のエディターが登場するのを待っていたと思うので、これはとても嬉しい!

 

また、動画を見る限りでは本体のブラウザーがブラッシュアップされており、エフェクトをカテゴリごとにフォルダ化されて各エフェクトにアクセスしやすくなっている。

 

お値段や発売日は発表されていないか見落としてるかだが…早くてキャビは今年上旬発売かなと思われる。

12インチ一発のしっかりしたキャビは欲しかったので、出たらよっぽど高くなければ購入すると思います。今から楽しみ!

Kemperからオーディオインターフェースに繋ぐときのTips

Kemperからオーディオインターフェースに繋いでレコーディングなどをする時のつなぎ方について。

業界では基本的な事だと思うのだけど、具体的に書いてあるブログなどが見つからないので備忘録的に。

 

オーディオインターフェースのSENSは最小にする

Kemperからの信号はラインレベルなので、Hi-Zにせず、レベルを最小にして繋ぐ。

ここを上げてしまうと音割れ、ノイズの原因となる。

 

Kemperのメインアウトからマイクケーブルを使いバランス接続する

恥ずかしながら以前は実は良くわからずシールドで繋いでいたんだけど、音量が足りないような感じでセッティングが決まりにくかった。

マイクケーブルでバランス接続する事で音量が適正のレベルになり、しっかりとした音質で録音できる。

 

入力レベルでクリッピングしないように気をつける

これはKemperに限ったことではないが、インターフェース側でクリッピングしないようにマスターボリュームの値を調整する。

クリッピングしないギリギリのレベルにしておくとより高音質で録音できる。

 

オーディオインターフェースのダイレクトモニターはステレオに

これは結構見落としやすいのだが、ケーブル二本でステレオ接続する場合、ダイレクトモニターの所がモノラルになっていると意味がない。ステレオに設定出来てるか確認すること。

 

Kemper使用時のパワーアンプについて考える(2)

昨日の記事に続いてパワーアンプの話。

実際、パワーアンプがないプロセッサ-、プリアンプを使う際にどういうパワーアンプが良いのか?

 

定番商品をいくつか考えてみようと思うが、まずFryetteのPS-2

阿部学さんの解説は分かりやすい。

 

パワーアンプ機能の他にもリアクティブ・ロード機能があり、色々使えるようになっている。

真空管搭載で余裕のあるサウンドを実現。7kg台と軽くはないが、ラック搭載にして車で運べばまあ持ち運び出来なくもない。

お値段は10万オーバーと中々するが、汎用性を考えると悪くない選択かもしれない。

 

お次はiSP STEALTH ULTRA-LITE 

こちらは純粋なパワーアンプ。デジタルアンプで90w出力で430g!めっちゃ軽量…

Fryetteと比較動画があったので見てみると、

 

やはりFryetteの方がふんわり柔らかく太い音が出てると思うが、この程度の差なら軽いSTEALTH ULTRA-LITEの方が全然ありかも?というか、STEALTH ULTRA-LITEの方が輪郭が立ってて抜けるサウンドになってる気もする。

 

他にもGT1000FXなどはAxe-FXと相性が良いようだが、Kemper用途で考えると値段も高いし、重いし、かといって音が凄く良い!わけでは無いようなのでわざわざ選ぶことはないかと…

柔らかい音質らしいのでAxe-FXのハイファイクッキリサウンドには相性が良いのかも。

 

うーん、こうなってくるとSTEALTH ULTRA-LITEがかなり良さげな気もする…

同じようなサイズでもっと安いエレハモの44マグナムというのもあるが、

 

実際音出してみないと分からないけど、44wなのでKemperじゃちょっとパワー不足かも?

 

書いてるうちに気になってきたので、STEALTH ULTRA-LITEちょっと検討してみようかと。

しかし、パワーアンプの事はあまり、というかほとんど詳しくないので、もうちょっと勉強してみようと思います。