新作ヴァイオリンの駒交換&魂柱交換をしてもらいました。

こんばんは、怪我大分良くなってきました。yuukiです。

 

僕はヴァイオリンを二台所有しているのですが、そのうちの新作楽器の方の駒と魂柱を今日交換して調整してもらって来ました。

新作楽器と言っても2010年製なので7年経ってますね。購入してからは5年位たってます。

そのあと去年オールドの楽器をお迎えしたので、使ってる年数は断然今日調整してもらった楽器のほうが長いです。

 

しかし、買ったときから音量は大きく、比較的豊かに鳴る楽器だったのですが、音色のバリエーションに乏しく、音が硬いという不満がありました。

一時売却も考えて色々動いたのですが、以前弟子入りしていた先生に調整で結構良くなると思うと言ってもらえたので、普段お世話になっている楽器店で見てもらいました。

 

結果、駒と魂柱の材質&加工などで変わるだろうとのことで、3日預けて調整してもらいました。

 

以前についていて駒がこれ

 

E線の皮が何かの拍子で剥がれてそのままにしたせいで溝が深くなりすぎてしまっています。

ちなみに職人さんによるとこれも中々良い駒なので取っておいたほうが良いとのことでした。

彫ってある文字は工房の名前ですね。完全手工製の楽器ですが、駒はそのマイスターの工房の物で特製ではないようです。

 

変えてもらった駒がこちら

見えにくくて申し訳ないですが、デスピオの三ツ星(最高ランク)です。

デスピオの駒はオーベルトと比べて硬めの音だと噂で聞いていたので本当はオーベルトデラックスが良かったのですが、お店にオーベルトのストックが無く(元々デラックスはあまり今出回っていないそうです)デスピオでも良い結果になるとのことだったのでおまかせしたのですが、中々良い個体に当たったかなと思います。ちょっと色が白いですが。

 

ちなみにオールドについてるオーベルトデラックスはこんな感じです。

光の加減で大分見え方違いますが、ちょっと色が濃い感じしますね。

 

魂柱は写真を撮るの忘れてしまったのですが、目が詰まったいい木材のものを入れてもらえたみたいです。

 

肝心の音はと言うと、深みが出て音色も柔らかくなりました!

初日なのでまだ馴染んでない感じはありますが、いい傾向なのでおそらく弾き込んでいけばかなり思った通りの音になると思います。

 

駒、魂柱をいじるのはプロの職人さんでないとまともに出来ないので、お店で時間をかけてやって貰う必要がありますが、大きく楽器の雰囲気が変わるので、お持ちの楽器に不満がある方は調整してもらうといいかもしれません。

最後に持ってる二台でツーショット。左が今日調整してもらった楽器です。

The following two tabs change content below.

YUUKI

学生時代からヴァイオリンを専門に勉強していました。オーディオ、オタク文化、PCガジェットなどが好き。 ブログにはレビュー記事や、面白いと思ったこと等を書いています。