Taotronics TT-BH07を買ってみました/音質などレビュー

先日紹介したPHILIPSのFidelio M2BTですが、電車や家で動きながら作業する時等に使っています。

やっぱり線がないと言うのは便利で、音質や音飛びを考えても外で音楽を聴く時はBluetoothヘッドホン/イヤホンしか使いたくないくらいです。

それで、今日秋葉原に友人と出かけたのですが、ポタフェスと言うイベントがやってたので覗いてみました。

流石に高額な機器が多く、視聴をためらうレベルのものも多かったのですが、eイヤホンの広報で有名なりょう太さんのブースがあり、りょう太さんにコスパが良いですよと紹介していただいた、

Taotronics TT-BH07というBluetoothイヤホンがかなり良かったので、その場で購入しました。

購入価格はイベント特別価格の2500円。元々2800円程なのであまり変わりませんが、安いことには変わりありません。

パッケージは色々あるみたいですが、今日買ったものはこんな感じでした。日本語表記あり。

 

 

音質ですが、中高域がスッキリしていてハイファイっぽい感じです。低音はあまり主張しませんがスカスカでなくちゃんと鳴っています。

かなりバランスがいい音で、クラシックがまともに聴こえます。これは驚きました。

一つひとつの音が丁寧な鳴り方なので、迫力が不足してるように感じる方もいるかもしれませんが、音の質がとても良いため聴き疲れがしにくいと思います。

低音については、コンプライやSONYのイヤーピースに交換することで改善が見込めるそうです。自分はそのままで結構気に入ってるのですが、そのうち変えてみようかとも思います。

今時のイヤホンは1万円以上するものでもヴァイオリンやピアノの音がかなり不自然に聴こえるものが多く、今時のダンスミュージックやアイドルソングなどでは良いのかもしれませんが、クラシックやジャズが綺麗に聞こえない残念な機種が多いです。

特に安い価格帯だと極端にドンシャリだったり、低音過多であったり、逆に低音がほぼ全く出ていないものもあるなかで、2千円台でこのバランス、音の質の良さは特筆に値すると思います。

ちなみに、aptX対応ですが、非対応のiPhone6で上記の感想です。aptXだと多少また変わってくるかもしれません。

 

音質のレビューはこのくらいで、次は内容物と操作などについて。

ポーチと替えのイヤーピース、耳に引っ掛ける部分がS,M.Lの3種付属しています。(どちらもMサイズは元々付いています)あとUSBケーブルと説明書。

内容物は必要最小限と言った感じですが、パーツが簡単に取り替えられるのは好印象です。説明書もしっかり日本語で書いてあります。

 

操作は曲送りなどは試してませんが、音量を変える時に電子音っぽい音がなるのが分かりやすいです。ペアリングも説明書を見ないで出来るくらい簡単です。再生ボタンを押しっぱなしで電源が付きますが、それで離さないで何秒か押しっぱなしにするとペアリングが始まります。

複数機器のペアリングも対応しています。多分二台までのマルチポイント接続だと思います。(確認していません)

 

あといちばん気に入ったのはこれ。

なんと磁石でハウジング同士がくっつきます!

くっつけてネックレスのように首に引っ掛けておけばバッグの中で探す手間が省けますし、磁力もしっかりしているので、落っことすことも無さそうです。

 

僕はカナル型イヤホンの耳を圧迫される感じが苦手なのと、家ではスピーカーで音楽を聞くので家ではあまり使わないと思いますが、次から出かける時はこのイヤホンを使おうと思っています。かなり気に入りました。

The following two tabs change content below.

YUUKI

学生時代からヴァイオリンを専門に勉強していました。オーディオ、オタク文化、PCガジェットなどが好き。 ブログにはレビュー記事や、面白いと思ったこと等を書いています。