CANNONDALE CAAD OPTIMOを買ってから付けた、交換した装備

CANNONDALE CAAD OPTIMOロードバイクを買って、付け足した、または交換した部品を紹介します。

ロードバイクは買った状態だと最低限道路を走る装備しかついてないため、色々と後から付け足したのですが、割と出費がかさむので注意が必要です。大体+2万円前後でしょうか…

ライト類

フロントライトはTaoTronicsのライトです。いつもはCATEYE等のメジャーブランドを使ってるので若干不安でしたが、明るさも使い勝手も問題ありません。

700ルーメンあると商品説明に書いてあったのですが、実際はどのくらいかわかりません。しかし値段の割にかなり明るいので、お買い得でした。

ちなみにボタンは物理ボタンではなく感圧タッチボタンとなっています。ここは普通にボタン式にしてほしかったなあと思います。

USB充電式なのもとても便利ですね。

ちなみにこの商品パッケージはリアライトも付いています。

点灯しなかったというレビューもありましたが、普通についたので使っています。

上のリアライトを付けるので反射板をとったのですが、もし電池切れになったりすると夜だと道路交通法違反になってしまうので、予備にCATEYEのオムニファイブというリアライトもつけています。

このライトはかなり派手に点滅するので、車も避けてくれます。安いし良い商品だと思います。(充電式ではありませんが…)

ボトルケージ

5kmくらい走るのでも水はあったほうが良いので、必ずウォーターボトルを携帯するようにしてるのですが、ボトルケージがあると非常に便利です。

いつもはミノウラの安いケージを使ってるのですが、初ロードなので奮発してCANNONDALEのボトルケージで統一しました。

ちなみにボトルはポーラーのボトルをずっと使っていたのですが、夏場でもう一つ必要だなと思ったのでキャメルバッグのボトルを買い足しました。

サイコン、スマホホルダー

サイコンはCATEYEの古いモデルを使っています。

今は配置とライトが違いますが、このシルバーの四角いサイコンを使っています。

高性能モデルもあるみたいなのですが、とりあえずスピードと距離をはかれればいいかな、と思いこのシンプルなタイプを付けています。

ここからグレードアップするとしたら、一気にGARMINにすると思います。CATEYEの上級モデルは良くないレビューも見るので…

流石にGARMINは高いですね。

今はスマホでもサイコンアプリや、STRAVA等の運動アプリもあるので、スマホホルダーを付けてiPhoneでSTRAVAの記録をしながら走っています。

これも先ほどライトで出てきたTaoTronicsのスマホホルダーです。

固定力は申し分ないのですが、少々使い勝手と見栄えが悪いので、これは買い換えるかもしれません…1週間くらい使ってみてやっぱり我慢できなかったら買い換えようと思っています。

候補はもう決まっていて、スマホケースを固定するタイプのものにしようかなと。

これだと見た目もスマートだし、かなりがっしり固定できるみたいなので良いんじゃないかと思っています。

タイヤ

タイヤはKENDAの重いタイヤが付いていたので、今日交換しました。

コンチネンタルのウルトラスポーツ2です。チューブもセットで変えました。KENDAのチューブは重いので…

まだ走り込んでないので、そこまで違いが実感できてませんが耐パンク性や空気圧の面でやはり安心できますね。

重さは計ってませんが、そこそこ軽い感じがしました。

サドル

40km走った時に尿道が痺れてやばかったので、穴あきサドルに交換しました。

セラロイヤルのremedというサドルで、店頭価格2000円位だったので興味本位で買ってみましたがかなりいい感じ!かなり快適な感じです。

少し残念というか失敗したのは差し色の緑が車体の緑とちょっと違う感じのところでしょうか(笑)

まとめ

空気入れやメンテンナンススタンドは手持ちの物があったので買わなかったのですが、結局車体価格に+2万ほど装備でかかった感じです。

今後サイクルジャージやリュック、サドルバッグも購入する予定なので、財布が寂しくなりそうです…w

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告