野良の子猫を保護したらすべきこと

突然ですが、子猫を保護しました。

よく近所で見る野良猫が最近出産したらしく、子猫を連れて歩いてるのを良く見かけていたのですが、子猫だけ家の庭に迷い込んできてしまいました。

親猫も見つからないし、うちには猫が元々2匹いて飼える環境だったので、飼うことを前提に保護しました。

まず信頼できる動物病院にすぐに連れていく

この子はお腹に寄生虫がちょっといたくらいで、完全に健康体だったのですが、親とはぐれた子猫は健康状態が悪い場合もあります。

それと野良猫の場合、エイズ、白血病ウイルスを持っている場合が5%程あるので、検査で結果が出るまで絶対に先住猫と接触させてはいけません。

まずエイズ、白血病に感染していないか、キャリアではないかを血液検査で確認し、ノミ・ダニを駆除して、他にも怪我や病気があった場合即座に治療してもらう必要があります。

保護するということは何があっても最後まで責任を持つという意識が必要です。お金もそれなりにかかるので、気軽に捨てられてたから拾ってきた~というのは絶対にNGです。

健康な子でも血液検査や諸々でまず2万円くらい医療費がかかります。(後にワクチン、去勢避妊代がかかります)

 

絶対に自然には戻さない

一度人が接触した猫は野生に返したらまず2週間も生きられません。親猫もはぐれてしばらくすると子猫を見捨てるので、もし親が見つかっても手遅れです。

もし白血病やエイズが発症して長く生きられない…となっても辛いですが最後まで面倒みましょう。

 

エイズ、白血病の検査は必ず行う

猫の伝染病でも極めて危険なのが猫エイズと白血病です。

特に白血病は一度発症したら余命が3年と言われています。

知らないで迎え入れた猫がエイズ、白血病キャリアで、先住猫にうつったら大変です。

 

うちの保護した子はエイズ、白血病とも陰性でした。一回目の検査なので100%陰性というわけではないみたいですが、とりあえず安心して大丈夫だそうです。

1週間は先住猫とあまり触れさせない

検査結果でどちらも陰性、健康で何も病原菌を持って無くても1週間くらいは個室で育てたほうがいいそうです。

先住猫が間違いなく怒ったり警戒したりするので、少しずつ存在を慣らしていかないと上手くいかないそうです。

今の子が来たのが6月14日の夜で、2匹中の一匹はそうでもないのですがもう一匹は中々警戒を解いてくれません。

まあその二匹も最初は大変だったので、気長になれさせようと思います。

 

ワクチン、去勢(避妊)も忘れずに

血液検査が終わったらワクチンを打ってもらいましょう。ある程度大きくなったら去勢(避妊)もできるだけした方がいいです。

この子は来週ワクチン、半年後に去勢の予定です。

人懐っこくて元気な男の子です。

今回の子はかなり運がよく、健康状態も良くて皮膚もきれい、病気も持っていないし性格も穏やかで人懐っこい子でした。

名前はモカちゃん、ちょっと女の子みたいな名前ですが、これから可愛がって育てようと思います。

The following two tabs change content below.

YUUKI

学生時代からヴァイオリンを専門に勉強していました。オーディオ、オタク文化、PCガジェットなどが好き。 ブログにはレビュー記事や、面白いと思ったこと等を書いています。