Amplitube4でスティーブ・ルカサー風の音作り

ルカサー風ラブライブ!

スティーブ・ルカサー風の音作り、フレーズを作ってソロを弾いてみた。曲はラブライブ!からμ’sのShangri-La Shower

 

 

フレーズはともかく、音は中々それっぽく出来たのではないかと思う。

機材はSuhrのいつものギターと、Amplitube4。

以下Amplitube4の設定。

 

 

 

 

 

アンプはMarshallのJCM900で、ベースを絞り気味、前段にコンプとTSで歪みを細かい感じにしている。

キャビの設定はデフォルト。

後段のエフェクトはもう一度コンプ、コーラスとディレイ、リバーブ。

ディレイとリバーブは結構派手にやるのがルカサー風である。コーラスはやや薄め。

 

Amplitube4はいくらエフェクトを掛けても良いので、やりすぎなくらいでちょうど良い。ライブでのアンプというよりは、ミックスして音源に馴染む感じで音作りするのが良いと思う。

 

曲の中にギターを入れる時はベースの事を考えて、低音は絞り気味にするとバランスが良くなると思う。

 

最近は今剛さんの演奏を良くYoutubeで聴くのだが、今剛さんはAxe FX Ⅱで、前段にProvidenceのベルベットコンプを掛けている様である。

もしかしたらスタジオ系の音はコンプが重要なのかも?コンプを深めに掛けて音の伸びを良くすると結構それらしくなる。

ラブライブ!サンシャイン!!のStrawberry Trapperをギターで弾いてみました

ラブライブ!サンシャイン!!のユニットGuilty Kissのシングル曲、Strawberry Trapperをギターでカバーしました。

 

この曲はμ’s時代にはあまり無かったハードロック風の曲で(メタルはあった)疾走感が強い。

Guilty Kissは立ち位置的にμ’s時代のBiBiと似てると思う。クール&セクシー系(?)である。

BiBiはネタ曲も多かったが、Guilty Kissは割りと硬派な感じなのかもしれない。サンシャインはあまり追えていないので分からないが…

 

いつも通りDAW上でAmplitube4を立ち上げ、定番のデュアルレクチ。

Mac環境にした時LogicProXに一旦移行したが、やはり慣れないのでCubase8.5に戻している。

 

一度完成トラックを作り、その上に映像と同時に取ったトラックを重ねてるので、結構音が分厚くなっていると思う。一部動画と音が合ってないのはそのせい。

 

ラブライブ!はμ’sが終わってしまった時にやはり一度冷めてしまったが、最近はサンシャインも結構いいなぁと思う。

ラブライバーだった僕がアイマス(THE IDOLM@STER)にハマった話


こんにちは、Yuukiです。

今回の記事はバイオリンではなくブログのサブジャンルのアニメの話題です。

一部の方には怒られそうなタイトルですが、、

アイマスとは?みたいなのは置いといて、なんでラブライバーだった僕がアイマスに今更ハマったかの理由をつらつら書いていこうと思います。

 

 

なんで今更?

ちょっと前(2014冬シーズン)にアイドルマスター・シンデレラガールズ(以降デレマス)が放送されていました。

僕はそんなにアニメをヘビーに見るほうじゃないので、デレマスも流し見してたのですが、これが中々素晴らしいクオリティでして。

だったら本家も見るかってことで見てみたらデレマス以上に大ハマリしたというわけです。

ラブライバーは他のアイドルアニメにハマってはいけない、みたいなことをいう人もいるみたいですが、僕はあまり気にしていませんでした。

 

 

人気にはワケがある

まずアニメを見たのですが、安心して見れるし、キャラクターは結構多いのに変なキャラ付けが少なく抵抗感が少なかったです。

アニメで挿入される楽曲群も素晴らしいクオリティですね。これは本当に驚きました。

あまりにもハマったのでPS3のOFAを購入、XBOX360はハードごと買いましたw

今ではすっかり美希真美Pです。

 

以前はラブライバーだった

先述もしてますが僕は去年頃から熱狂的なエリチカ推しのラブライブ勢で、ライブはもちろんグッズも殆ど揃えていました。もちろんスクフェスもレベル100越してました。無課金ですが。

その時はアイマスは馬鹿にはしないものの、「ちょっともう古いだろう、、」くらい思ってました。すみません、、

 

言い訳させてくれ

やたら比べられることが多いというか、対立させられることが多い両コンテンツですが、本質を両方見てみると全く性質が違うコンテンツです。

アイマスはそもそも自分がプロデューサー(P)となってアイドルをプロデュースするゲームでした。最初はアーケードゲームだったんですよね。

ゼノグラシアというアニメもありましたが、本流のアニメが放送されたのは2011年です。映画は2014年ですね。

楽曲が非常に多く、未だに全曲聴ききれていません。しかしどの曲を聞いても非常に良く出来ています。

アイドルソング的と言うよりはJPOPからJAZZ風、Electro、Trance、HR/HMなど色々なジャンルを網羅しています。

 

 

ラブライブはと言うと、シングルCDにPVを付けたところから始まりました。PVが結構評価されてきた歴史もあり、楽曲とダンス、映像のクオリティが非常に高いことはみなさんご存知のところだと思います。

これまで5回の総選挙を行っていることから分かる通り、ファンは完全に応援する側。ファンはファンという位置づけです。「推し」という言葉が出てくるのもアイマスと異なる点です。

楽曲の雰囲気はこちらはいかにもアイドルソング的というか、歌謡曲的というか、キャラの可愛さを最大限活かすアレンジが多いように感じます。

 

 

 

やはりラブライバー友達には裏切り者扱いされた

 

やはりラブライバー友達には裏切り者と思われてるみたいですw別に悪いことはしてないと思うんですけどね、、

ラブライブと他アイドルアニメの溝は深いようです。まあある程度仕方ないことですね。

ちなみに今もラブライブは好きですし、映画も見に行こうと思っています。ベスト盤のCDももちろん買います。

今後はラブライブもアイマスも等しく愛そうと思います。

 

 

 

おしまい