MacBookProをクラムシェルモードでデスクトップ的に使う

先日CubaseがWindows上で起動できなくなったと記事を書きましたが、仕方がないのでMacで起動することにしました。

デスクトップはDTMデスクとしてスピーカーとかも置いてるので、なるべくそこで作業したかったので、この際Macをメイン機として使うことにしました。

 

散らかっていてすみません。

私のMacBookProは2017年モデルで、USB−C端子が二個あるのみでいろいろ汎用性が低いです。

なのでHDMI出力があるUSB−Cハブを購入しました。

 

実はUSB-Cのハブは持っていたのですが、規格上充電しながらHDMI出力が出来ないタイプのものだったので、買い替えました。

これですね、そもそもHDMIの端子がないので、右側のAnkerのHDMIアウトケーブルをかます必要があったのですが、これが駄目でした。

左側のハブのUSB-C端子は二個あるのですが、HDMI出力と充電が対応しているのが上側の端子のみで、下のUSB-C端子はUSB接続のみ対応のようで、結果充電しながらHDMI接続が出来ず、クラムシェルモードに出来ないという状態でした。

このハブとケーブルだけで1万円くらいかかったんですけどね…Appleのシンプル主義はちょっとやり過ぎじゃないかなとも思います。iPhoneにイヤホンジャックが無いのも不便ですよね。

 

というわけで新しく買ったハブはHDMIアウトが最初からあるので、解決です。

 

あとはキーボードとマウスの設定がややこしく、Windowsのキーボードを使うにはKarabinerというアプリケーションで設定が必要です。ややこしいので説明は省きますが、なかなか便利なアプリで、写ってるロジクールのトラックボールのスクロール設定も出来ます。

ロジクールのこのトラックボールは元々スクロールが出来ないのですが、アプリで設定すれば右クリックをしながらボールを動かすことで可能です。しかしあまり細かい挙動の変更は出来ないので、スクロールの加速を切ることができず、ここがやや不便ですね。まあトラックボールじゃなきゃ駄目という事もないので(DTMする人っぽいという理由w)Appleのマウスとキーボードを揃えるのもいいかもしれません。

 

ストレージが少ない問題はWindowsのHDDを引っこ抜いてUSBのドックで接続しています。しかしそのままだと読み取りが出来ないので、有料のアプリNTFS for Macというアプリを使っています。こうすればWindowsのフォーマットのままMacでHDDを使えるため便利です。

しかしこのアプリだと写真アプリでライブラリをHDDに設定できず、一眼レフで撮った写真を一度Mac本体のストレージに保存するしかありません。Nikonのアプリはうまく使えないので純正の写真アプリで管理するのですが、ここがやや不便といえば不便。まあiPad、iPhoneでの共有が楽なのでまあいいですが。

 

まあ、Macの安定性はやっぱり良いです。Windowsも不安定というほどではないのですが、Macの安定さは抜きん出ていますね。ファンも高負荷時しかうるさくならないので静かです。スペックはWindowsに劣るので重い作業はやりにくいと思いますが、まあ今の所十分です。このMac最近あまり使えてなく持て余し気味だったのでちょうどよい感じです。

Windowsが無いと細かい所で不便

先日WindowsPCを売却してから、MacBookProで作業している。

 

Macに移行して良かったと思う点はまず安定性、それからあらゆる場面で音が良い所。

安定しているというのは、アプリがいきなり落ちたり、勝手に再起動したりしないということ。使っていて安心感がある。

音はDTMをやっていても良いと感じるし、音楽再生をするだけでも大分違う。これは音のためだけでもMacにする価値があると思えるレベルで、主に解像度、音圧が違う。

それとiPhone、iPadとファイルを共有する時に楽ということもある。

 

反面、Windowsが無いと困ることもややある。ゲームは基本的にMacでは出来ない。あとアプリケーションの形式が違うため、ファイルの解凍などが出来ない時がある。

先程ファイルサイズが大きい作品が分割DLになっており、実行ファイルがexeだった。こういう場合はMacではどうしようも出来ない。

 

複雑な事をしたい時程不便というか、Macで複雑な作業をするには相当なITスキルが必要と思われる。自分はMacのプログラムをいじれるほどスキルが高くない。

ゲームなどもwineを使えば出来なくはないそうだが、自分のスキルではでき無さそうなため諦めた。

 

しかしWindowsが無いと仕事にならないと言う程ではないのがなんとも言えない所。わざわざ買い戻す程の必要性は無いんだな。

ADVゲームをやりたいかな…と思ったが、ゲームをするだけのためにWindowsPCをまた買うのもどうかなという感じ。

 

ゲームと言えば、自分はあまりゲーマーではないためSteamなどで買うゲームはあまりやらない。PS4とニンテンドースイッチを持っているためそちらで十分。PS3の時代はPCの方が明らかに画質などが良かったがPS4で大分綺麗になった。スイッチも割と綺麗である。

そもそもゲームが上手じゃなくあまり没頭できないんだな。ある程度上手に出来ないとハマりようが無いと思われる。

 

最近やったゲームだとドラゴンクエストⅪが面白かった。といってもまだ終わってないんだけど。魔王は倒してその後のストーリーのところで止まっている。

ドラクエはRPGで反射的な操作を必要としない所が良い。ぼーっとしながら出来るので何時間か続けて出来るのである。

私は反射神経が悪く、ゲームどころかスポーツも下手で学生時代は困った。走るのは速かったがボール系などは下手だった。

 

RPGといえばペルソナ5も非常に面白かった。こちらは隠しボスも倒して、もうすることが無いくらいやりこんだ。

 

というわけでゲーム目的にWindowsを買っても少しやって飽きてしまいそうである。今気になっているADVゲームがあるが、その一本のためだけにWindowsを買ってられない。Macでなんとかなっているので、これ以上煩雑にしないほうが良いと思う。

 

BootCampがあるじゃないかと言われそうだが、容量が圧倒的に足りていない。なんと今のmacは128GBモデルなのである。これは少し容量が小さすぎるかもしれない。Windowsを入れるのであれば最低でも32GBは空き容量がないとしょうがないと思う。

 

今日は殆ど日記みたいな内容になった。

iPad Pro12.9をケース無しで運用

iPad Proはサイズが大きいし、画面保護のことを考えてケースに入れて運用している人は多いんじゃないかと思う。

私も買ってすぐにケースを購入して入れて使っていた。

しかし、ケースに入れるとappleのミニマルなデザインを損なう感じがある。(iPhoneもそう)

 

なので昨日から外して使ってみている。

 

うーん、シンプルで良い。

カバーを外したら案外軽くて驚いた。ケースがあまりにも重かったのかなと思う。

ブラウジングをしながらなんとなく動画を見るときなんかはスタンド機能があった方が良い気もするが、文章を書くときは平らでちょうど良いですね。

 

最近のipadは画面に2アプリを表示できるのでバックグラウンド再生用にyoutubeをいちいち変なアプリ使う必要がなくて良い。

 

今のリュックにはPC、タブレット用の収納があるので傷の心配もあまりないし、しばらくこれでいいかな。

iPhoneXは流石に怖い。全面ガラスなので滑って落としやすく、何故だか画面に傷がつきやすいので、流石にケースに入れています。

 

このケースは3000円と安いけど、本革で質感がいいのでおすすめ。

今も外出先でiPadで更新してるけど、文章を書く分にはそこまで不便でないですね。外でちょっと書くには十分。

細かい作業はやりにくいですが…