新作ヴァイオリンの駒交換&魂柱交換をしてもらいました。

こんばんは、怪我大分良くなってきました。yuukiです。

 

僕はヴァイオリンを二台所有しているのですが、そのうちの新作楽器の方の駒と魂柱を今日交換して調整してもらって来ました。

新作楽器と言っても2010年製なので7年経ってますね。購入してからは5年位たってます。

そのあと去年オールドの楽器をお迎えしたので、使ってる年数は断然今日調整してもらった楽器のほうが長いです。

 

しかし、買ったときから音量は大きく、比較的豊かに鳴る楽器だったのですが、音色のバリエーションに乏しく、音が硬いという不満がありました。

一時売却も考えて色々動いたのですが、以前弟子入りしていた先生に調整で結構良くなると思うと言ってもらえたので、普段お世話になっている楽器店で見てもらいました。

 

結果、駒と魂柱の材質&加工などで変わるだろうとのことで、3日預けて調整してもらいました。

 

以前についていて駒がこれ

 

E線の皮が何かの拍子で剥がれてそのままにしたせいで溝が深くなりすぎてしまっています。

ちなみに職人さんによるとこれも中々良い駒なので取っておいたほうが良いとのことでした。

彫ってある文字は工房の名前ですね。完全手工製の楽器ですが、駒はそのマイスターの工房の物で特製ではないようです。

 

変えてもらった駒がこちら

見えにくくて申し訳ないですが、デスピオの三ツ星(最高ランク)です。

デスピオの駒はオーベルトと比べて硬めの音だと噂で聞いていたので本当はオーベルトデラックスが良かったのですが、お店にオーベルトのストックが無く(元々デラックスはあまり今出回っていないそうです)デスピオでも良い結果になるとのことだったのでおまかせしたのですが、中々良い個体に当たったかなと思います。ちょっと色が白いですが。

 

ちなみにオールドについてるオーベルトデラックスはこんな感じです。

光の加減で大分見え方違いますが、ちょっと色が濃い感じしますね。

 

魂柱は写真を撮るの忘れてしまったのですが、目が詰まったいい木材のものを入れてもらえたみたいです。

 

肝心の音はと言うと、深みが出て音色も柔らかくなりました!

初日なのでまだ馴染んでない感じはありますが、いい傾向なのでおそらく弾き込んでいけばかなり思った通りの音になると思います。

 

駒、魂柱をいじるのはプロの職人さんでないとまともに出来ないので、お店で時間をかけてやって貰う必要がありますが、大きく楽器の雰囲気が変わるので、お持ちの楽器に不満がある方は調整してもらうといいかもしれません。

最後に持ってる二台でツーショット。左が今日調整してもらった楽器です。

ヴァイオリンの弦の種類~ガット弦について~

 

怪我が順調に回復してきてヴァイオリンが弾けるようになってきたYuukiです。こんにちは。

 

ヴァイオリンの弦の種類

今日はヴァイオリンの弦の種類の解説です!(前にしてたらごめんなさい)

ヴァイオリンの弦は大きく3つに分けて、

・スチール弦

・ナイロン弦

・ガット弦

となっています。

 

このなかでもナイロン弦は比較的歴史が浅く、ガット弦の代替として生まれた経緯があります。

それまでは(ハイフェッツ、オイストラフやミルシテインなどの往年の巨匠の時代)はスチール弦とガット弦しかありませんでした。

 

 

スチール弦はその名の通りスチール(鉄)に金属の巻線を施したもので、丈夫で寿命も長い、音量も大きいのですが、かわりに音色がかた、あまりプロで使っている方はいなかったようです。

ピラストロ社のクロムコアなどがあります。

 

 

ガット弦というのは羊の腸をよじってまっすぐにしたもので、音色が柔らかくて芳醇な響きがあり、張力も弱いので楽器に優しいという長所があります。

昔の時代のソリストはほとんどガット弦を使っていたそうです。(E線のみスチールという方がほとんど)

ガット弦の代表的なものはやはりピラストロのオリーブでしょうか。値段がかなり高いのですがとてもいい音がします。(寿命は半年ほど)

 

 

反面、湿度、温度の影響を受けやすく発音も少し鈍く、上級者でないとボウイングが難しいという欠点がありました。

 

 

その欠点を克服しようと生み出されたのがナイロン弦です。

ガット弦に近い音色の豊かさとスチール並の音量、湿気などの影響も受けにくくて扱いやすく、現代のヴァイオリン弾きは多くの方がナイロン弦を使っていると思います。

イツァーク・パールマンさんが使い始めたことで有名になったのかなと思います。

寿命はスチールやガットと比べて少し短く1~3ヶ月ほど。

代表的なものにトマスティーク・インフェルド社のドミナントがあります。(パールマンさん愛用の弦)

 

僕もしばらくドミナント等のナイロン弦を使っていたのですが、最近はガット弦を使っています。

理由は色々あるのですが、まず音色。

それからボウイングの練習として、軽い弓圧で大きな音を出す技術を身に着けたいと思いガット弦を張っています。

なぜボウイングの練習になるかというと、前述したようにガット弦はボウイングが少し難しく、力任せにゴリゴリ発音すると全く楽器が鳴らずにキイキイ言ってしまいます。

しかしナイロン弦の張力の強いものを張ってると、ある程度ゴリゴリ発音してもそれなりに鳴ってしまうんですね。

 

もちろんナイロン弦でも軽い弓圧で大きな音を出す技術(解説が長くなってしまうのでまた別途記事にします)が身についてる人のほうがきれいな音は出ますが、ガットだとより顕著にボウイングの上手い下手がわかってしまうということですね。

 

それで今の楽器はこんな感じになっています。

 

オリーブじゃなくてオイドクサというガット弦を張っています。(E線はゴールドブラカットプレミアム)

オイドクサはオリーブよりも張力が弱く、発音が難しいです。楽器も古いのでちょっと力むとすぐ音が潰れてしまいます。

しかし!最小限の力で弓の粘りだけでしっとり発音すると何とも言えないいい音がします。。

 

バッハのシャコンヌなんて弾いてると調子よく弾けると素晴らしい音がします。自画自賛ですが、、

 

ガット弦はオールド~モダン楽器だとより音色がマッチするのですが、新作楽器だと合わない場合があります。オイドクサは多分あまり新作には合わないと思うので新作楽器をお持ちの方はオリーブがいいかなと思います。

 

ガット弦、是非一度お試しを!

シルバーアクセサリーのお手入れ方法

おはようございます、今起きたばかりのYuukiです。

 

 

僕はシルバーアクセサリーが結構好きで、リングやネックレスなどを何個か所有してます。

外にでるときは結構つけるので、

 

2015-05-16-10-24-49_photo

 

 

手がこんな感じになりますw

ちょっといかつい感じがしますが、気に入ってます(*´∀`)

 

 

シルバーアクセはデリケート

 

 

しかしシルバーは銀、銀は柔らかくくすみやすいので定期的にお手入れが必要です。

写真でつけてるリングはよく手入れをしているのでそこまでくすんでいないのですが、あまり付けてないリングを見たら見事にくすんでいました。

 

2015-05-16-10-13-59_photo

 

 

 

一番右のリングですが、なんとなく汚れているような感じがするのがわかると思います。

ちなみに左の2つはシルバー925(92.5%銀)で右のはシルバー950(95%銀)です。

 

 

これを磨いて、ピカピカにしましょう!(・∀・)

 

 

金属磨きクロスを使う方法

 

 

さて、磨くといってもただ普通の布で磨いてもこのくすみは取れません。

シルバーアクセサリーを磨くときは専用のこの金属磨きクロスを使います。

2015-05-16-10-15-01_photo

 

 

 

 

 

頻繁に使ってるので汚いですが、この状態でも十分使えるので大丈夫ですよ~

 

この金属磨きクロスには微量の研磨剤が含まれていて、シルバーアクセサリーの表面の汚れを落としてくれます。

使い方はただそのまま軽く力を入れて拭くだけです。

 

さて、この金属磨きクロスによって磨かれた状態がこちら↓です。

 

2015-05-16-10-14-06_deco

 

 

 

どうでしょうか?少し綺麗なった感じがします。

 

ただ、今回の場合傷も多く、しつこいくすみなので完全には綺麗にならなかったようです。

そこで、次はもっと強力な物を使います。

 

 

液体金属磨きを使おう

 

 

2015-05-16-10-15-50_photo

 

 

 

でました!ピカール!

液体金属磨きでお勧めなのは写真のピカールという商品で、液体金属磨きとしてはかなり一般的な商品です。

 

 

 

これはその名の通り液体に研磨剤が含まれているので、

いらない布などに少量付けて磨くことによってくすみを落とします。

 

 

 

さて、このピカールを使ったらどうなるでしょうか?

2015-05-16-10-20-29_photo

 

 

 

だいぶ綺麗になりましたね!隣のリングよりも輝いていますw

 

しかし、金属磨きクロスよりも研磨剤が強力なので、こすり過ぎるとどんどん削れていってしまいます。

 

色や石などが付いているアクセサリーにも注意が必要ですね。

 

あと複雑な形のものも拭き取れない恐れがあるので使わないほうが無難です。

それと、少量で十分磨けますので、大量にとらないようにしてください。

 

 

汚れの度合と種類によって使い分け

 

さて、2つの金属磨きアイテムを見てみましたが、

研磨力=艶出し力が強いのは液体金属磨きということがわかりました。

 

ですが、研磨力が強かったり、細かいところに入り込むと取れなかったりするので、

複雑な形状やワンポイントで石や宝石が付いているようなものは金属磨きクロスで丁寧に拭いてあげてください。

 

 

 

適切なお手入れをして魅力を引き出そう

シルバーアクセサリーはとても魅力的ですが、くすんでいるとみっともない印象を与えてしまいます。

適切なお手入れをして、シルバーの魅力を最大限引き出してあげてください(*´∀`)