ヴァイオリンケースの中身を紹介

今日はヴァイオリンケースの中身を紹介。

人によって雰囲気が異なるヴァイオリンケースの中身ですが、Yuukiのケースの中身はどんな感じになってるのでしょうか。

 

まずケースの外側から。ケース自体はRIBONIのUNOEOTTOです。だいぶくたびれてきていますね。

サインはクリスティアン・テツラフさんとヴェンゲーロフさん、あとレオニダス・カヴァコスさんのサインが入ってます。カヴァコスさんのはほとんど見えなくなっちゃってますが。

 

開けてみました。結構ごちゃごちゃしてますね。右の方から見ていきましょう。

 

この写真はクリスティアン・テツラフさんと2ショットで撮っていただいたもの。2011年頃かな?テツラフさんもこの頃はまだ真面目そうなルックスですね。最近はちょいワル親父風です(笑)

左にある弦の袋はまた後で紹介します。

弓は二本ありますね。上がメインのオールド~モダン弓、無銘なのですがとてもしなやかで柔らかい音を出してくれます。でも運弓のテクニックが必要で、使いこなすまでだいぶかかりました。

下の弓はドイツ製のそんな古くない弓。重めで腰が強くしっかりした音が出ます。まあサブですね。

 

去年亡くなった猫のレイちゃん。思い出として写真を貼っています。

 

スカーフを開けると楽器が出てきます。なぜスカーフを敷いてるかというとカッコいいから(笑)あとはこのケースにはデッケ(楽器の上にかぶせる布)が付属していないため、弓の毛が当たって汚れたりしないようにというのもあります。

スカーフはクリスチャン・ディオールのシルク100%!母の私物ですが使わないとのことで借りています(笑)

 

このボロ布は灰色のほうが弦、本体の松脂を拭く専用です。青い方は東レのハイソフトという布で乾拭き用のもの。

松脂を拭く布は定期的に交換したほうが良いので、Tシャツの切れ端などを使っています。高いクロスをケチケチずっと使うよりどんどん新しい物に変えちゃったほうが良いです。

 

小物入れは松脂二種類、ギヨームとアルシェ201ソロを入れています。最近はギヨームばかり使ってますね。ギヨームは音が柔らかく、太くなるのでお気に入りです。

肩当てはなんだかんだ言ってウルフを使ってます。フォルテセカンド。フィット感が良いですねー、音も意外と悪くない…?

あとは筆記用具、ミュートなどが入ってます。ミュートは普通にトルテミュート

 

弦の袋が適当に散らばってますが…

中身は使い古しの予備弦。ヴァイオリンの弦は伸びるので、切れた時に新品だとすぐ弾けなくて困ります。使い古しなら伸び切ってるので、すぐ演奏再開できますね。

ゴールドブラカットだけ新品の弦が入ってました。

 

ちなみにスカーフを取るとこんな感じ。このケースは大分質素…というかシンプルですね。大分使っているので黒の部分が色あせて来ています。

 

こんな所ですね。まあ別段珍しいものは入ってないかなと思います。

他のプロの人でもペットの写真とか貼ってる人は多い気がします。でも本当に楽器しか入れてないような人もいるので、色々ですね。

 

そろそろケースも変えたいなぁ…

新しいヴァイオリンケースが欲しい

こんにちは、Yuukiです。

 

新しいヴァイオリンケースが欲しい

今使ってるヴァイオリンケースなんですが、RiboniのUNOETTOで、

木製で軽いし、しっかりしていてデザインも良いのですが、生地に猫の毛が付きやすいです……

ヴェンゲーロフさんと、クリスティアン・テツラフさん、あと見にくいけどカヴァコスさんのサインが入っています。

 

アメリカンショートヘアのクーちゃん(♀)

猫を二匹も飼っていると、抜け毛が凄い!外に持ち出すたび掃除のコロコロで綺麗にしないといけません。

あと、留め具がなくファスナーのみで閉めるのも不安です。万が一地震とか火事があると怖いので毎日練習し終わったら閉めておきたいのですが(すぐ持ち出せるように)ファスナーしか無いので面倒です。

 

バイオリン自体も二台あって、サブ楽器の方は古いひょうたん型ケースに入れてるのでそれもちょっと不満。

前持ってたネグリの革ケースは凄く良かったんですが、リュックみたいに背負えないからと思って売ってしまったんですね。でもかなり後悔しています……

 

見た感じGEWAやTOYOのケースなんかだと、カバーの生地がナイロンなので、猫の毛は付かないかなと思うんですよね。

 

RIBONIと比べるとTOYOはちょっと安っぽいかなと言う感じ。GEWAも大差ないかもしれませんが。

ネグリの革じゃないモデルも良いかも。

ネグリは木枠で、大分しっかりしているはずなのでかなり良いですね。高いのと在庫があまりショップにないのと重いのが欠点ですが、ネグリ公式HPで注文すれば7万くらいで上級モデルのミラノが買えそうです。

 

7万出してスペインから輸入して届くの待つか、3万3000円くらいですぐGEWAを買うか、迷いますね。

プロが使うヴァイオリンの道具リスト【決定版】

ヴァイオリンの小物がどれがお勧めか紹介します。一応プロの基準ですが、あまりプロ・アマ関係ない感じです。

とりあえずこのリストから買っとけば問題ありません。

本体と弓はキリがないので除外します。

弦は好き嫌いありますが、エヴァ・ピラッツィかインフェルドが多いように感じます。大きな音が出てある程度深みがある物が好まれています。

オリーブ、ドミナントは昔は定番でしたが、最近は使う人は少ないかと思います。ドミナントは単純にもっと良い弦が増えたから、オリーブはあまりに使い勝手が悪いという理由です。

ストラディヴァリやデルジェスにはエヴァ・ピラッツィは強くて良くないと言われがちですが、あまり関係ないみたいです。以前デルジェスを見せて貰った時はエヴァ・ピラッツィゴールドが張ってありました。

エヴァ・ピラッツィゴールドも最近流行っていますが、高価です。

私は今エヴァ・ピラッツィで満足しています。

 

松脂

ギヨームが人気で、ベルナルデルを駆逐している感じ。若いプロはギヨームが多いかな?私の師匠の世代はまだベルナルデルとかかも。

ベルナルデルもドミナントと一緒で、昔はベルナルデルか黒猫(ミラン)しか無かったのですが、やはり最近良いのが増えました。

ベルナルデルは安物に比べれば良いですが、粒子が荒く、楽器が汚れやすいです。音もそこまで良くないです。

ラリカリーベンツェラーとギヨーム、アルシェ201SOLOが特に良いですが、アルシェは生産終了して品名が変わりました。

ギヨームは程よい粘り気があり、音がしっかり出て良いです。粉も飛びにくいし、変形しにくく使いやすいです。

 

肩当て

肩当てはかなり種類があって、一種の沼みたいな感じだけど、とりあえずKUNのBravoで問題ありません。

本当はKUNオリジナルのプラスチックの方でも良いのですが、しなって外れる問題と、余りにも質感が安っぽい事があるので、一応Bravo推薦です。でもどっちでもいいです。

肩当てを気にし始めると、何を使ってもフィットしない感じで気になってしまいがちですが、楽器がフィットしないのは多分あご当てのせいです。

あご当てはやはり試しまくって選ぶしか無いですが、あご当てがフィットすれば肩当てはどれでも良くなります。(体験談)

ケース

ケースはちょっと拘りがあって、一番人気を勧めにくいのですが、

 

GEWAか、TOYOの角ケースでとりあえず必要最低限です。

スーパーライトは相当人気ですが、満員電車で潰れて楽器が割れたという話を聞いたので、あまり積極的に勧められません。

 

本当はケースは10万以上の木製が好ましいですが、そうはいっても中々ケースに10万は厳しい(特に若いアマチュア)

プロ奏者は仕事がなくてもケースだけはこだわってほしい。まあプロはこのブログあまり参考にしないと思うが、、、

 

話がそれてしまったが、ネグリ、リボーニ、ムサフィアが高級ケース三銃士です。

成金感で言うと、

ムサフィア>ネグリ>リボーニ

ネグリとムサフィアは値段の割に作りがイマイチというか、これぞイタリアクオリティですが、リボーニはかなりしっかりしています。

なんだかんだで一番オススメはリボーニのUNOEOTTOで、10万以下で木製です。イタリア製だけど、ちゃんと作ってあります。

もちろんネグリとムサフィアも悪くない。金があれば、ネグリのディプロマが良いです。

 

Amazonに無かったのでリンクはありませんが、

・あまりお金がない→GEWA STRATO

・少しは出せる→リボーニ UNOEOTTO

・金ならある→ネグリ ディプロマ

 

譜面台

譜面台は絶対木にしましょう。練習のモチベーションに関わる。

全体が木が一番いいが、高いので、せめて楽譜を載せる所だけは木にしましょう。

インテリアに調和するような綺麗な譜面台があると、その気になってくるので、上手くなりやすいです。

私は折りたたみのアレだと全然練習になりません。沢山譜面乗せられないし、グラグラするし、後ろが穴が開いてるので、書き込みもしにくい。

 

おまけ:雑談

ヴァイオリンのケースを見ればどういう人か分かります。

 

・スーパーライトのケースにぬいぐるみやアクセサリー

→音大生、専門学校生

・GEWAのボロいケース、アーティストのサイン入り

→音楽だけで食べてるプロ

・ムサフィアの綺麗なケース、楽器がハイブランドのスカーフ入り

→ハイアマチュア、金持ち。稀に超絶上手い(普通のプロ以上)