エヴァ・ピラッツィゴールドを張ってみた 録音あり【弦のレビュー】

コンサートが近くなってきたので、弦を張り替え。

以前は本番用でピーターインフェルドを良く張っていたのですが、今回は思い切って評判の良いエヴァ・ピラッツィゴールドにしてみました。

エヴァ・ピラッツィゴールドはガットのオリーブの次に高価な弦で、セット一万円以上するのでちょっと手を出してなかったのですが、かなり評判は良い様子。

どのレビューでも強い音で、なおかつ太いしっとりした音ということは言われていますね。

 

まず届いて張ってみた感じですが、やはりテンションが強い。ヴィジョンのHEAVYと比べても明らかに強く、触った感じが違います。

音を出して見て思ったのは、エヴァ・ピラッツィらしさは結構あるなと。エヴァ・ピラッツィほどではないがあの派手な感じも内包している印象です。

音量も大きく、芯も太いどっしりとした音。張ってすぐこれは良い!という驚きはありませんでしたが、確かに良い感じ。

この芯のしっかりした感じと柔らかさはオリーブを彷彿とさせますね。

 

あと圧力に対するレスポンスも良いです。ドミナントなどは圧力をかけすぎると潰れるのですが、このエヴァ・ピラッツィゴールドは潰れないで強い、密度の詰まった音が返ってきます。

左手のビブラートや、指をベタッと寝かせたときの反応も良好で、表現が自由にできるという感じ。

 

3日くらいたって馴染んできたのか、更にしっとり感が増え、落ち着いたしっかりした音になってきました。

E線もステンレススチールで、なかなかいい感じですね。輝かしい強い音が出て、他の弦とのバランスも良いです。

 

軽く録音してみました。リバーブかけた以外は音はいじっていません。

 

比較してみましょう。バッハのシャコンヌの冒頭。うまく鳴らすのがやや難しい曲ですが、どうでしょうか。

まずエヴァ・ピラッツィゴールド

次がビジョンHEAVY、ドミナント、ゴールドブラカットのセットの録音です。

 

ヴィジョンのセットはちょっとこもった感じというか、柔らかさ、広がりはあるけどちょっと抜けない感じですね。

エヴァ・ピラッツィゴールドの方はちゃんとハイが出ていて、硬いところもあり、しっかり抜けている印象です。

まだ張ったばかりで評価が固まっていないのですが、まあなかなか良いんじゃないだろうか?という感じ。値段を考えるとどうだろう…正直ピーターインフェルドでも良いような気はしますね。ピラストロのハイエンド弦に共通する華やかさ、音色のコントロール性の良さは感じられるのですが、絶賛するほどでも無いかもしれません。結構長寿命らしいので、そのへんは嬉しいですがどのくらい持つのでしょうか。4ヶ月くらい持てばまあ良いかなと思っています。

まだ3日目なので、これからすごく良くなることもあるかもしれませんが、とりあえずまあファーストインプレッションはそんなところですね。

VISIONのHEAVY、結構良いかも…

先日から試しているヴァイオリン弦のセット、G、DがヴィジョンのHEAVYでAがドミナントのミッテルという組み合わせですが、当初の感想より良いかも?

というのも最近は8月のリサイタルの練習でショーソンの詩曲ばっかり弾いていたのですが、この曲が鳴らない鳴らない。

それで気分転換にプロコフィエフの協奏曲やチャイコフスキーの協奏曲など弾いてみました。

そうすると、GDの箱鳴り感がすごい!オールド楽器っぽいコーンと鳴るいい感じの音が出ていました。

 

D線ハイポジションなんか特にぶっとくて気持ちのいい音が出ています。

G線も中々良いですね。G線を試すときの定番、ツィガーヌの冒頭を弾いてみましたが、中々芯が太いコシがある音です。

 

ショーソンばっか弾いてると良さが分かりにくいんですけどね、普通の曲を弾くと結構良いのか、もしくは馴染んできて全体的に良くなってきているのかもしれません。

ドミナントは張って1週間くらいして馴染んでくるといい音になってきますからね、ヴィジョンも少なからずあるのかもしれません。

 

ドミナントのA線は本当万能ですね、GDオリーブでAがドミナントというのも定番だし、A線がいまいちな弦はドミナントに変えてしまえばOKという感じです。

ヴィジョンのA線はどうなんでしょう?普通のゲージだとまあ特に特徴のない音でしたが、HEAVYだとどうなるか気になります。といってもA線にそこまで強さ、太さは必要ない気もしますね。

 

そうそう、このヴィジョンのHEAVYのいい感じですが、ピーターインフェルドに通ずる部分があります。

ピーターインフェルドは全体的に太く艷やかな、リッチな音がしてて、音量もあるのでソロ向きです。このヴィジョンのHEAVYはピーターインフェルドほど色気は無いにしろ、芯の太さは似ていますね。

 

8月のコンサートの前にまた張り替えると思うんですが、多分ピーターインフェルドにします。エヴァ・ピラッツィゴールドも試してみたいのですが高価すぎるし、コンサートの直前に使ったこと無い弦というのもちょっと不安があります。

 

普段はこのGDヴィジョン(HEAVY)Aドミナント(ミッテル)で本番前はピーターインフェルドというのが良いかも。

 

E線はワーシャルブリリアントよりプリムリサの方が良いような気がします。ワーシャルブリリアントは張りが強すぎてやっぱり詰まった感じ、ブリリアントさは確かにあるのですが、ちょっと扱いづらい印象ですね。

とりあえずゴールドブラカットのストックがあるので、それを張ってからプリムリサを張るか考えようと思います。

弦張り替え ~VISION HEAVY&Dominant~

先日弦交換しました。

おや、珍しい組み合わせですね。

今回はG、DをVISIONのHEAVY、通常より太い弦にしてみました。A線はドミナントのミッテル、普通の太さです。

今やってるショーソンの詩曲でE線のきらびやかさが欲しかったので、Eはワーシャルブリリアントという強めの派手な音の弦に。

VISIONのHEAVYは初めてですが、芯があって太い感じの音です。VISIONはナチュラルで音量もありとてもいい弦ですが、MEDIUMだとやや線の細さがあるので、HEAVYのこの音の太さは好印象です。

でもドミナントの方がこの楽器にはあってるかも…

 

ドミナントは寿命短いですが、いい音の時は本当に良くてこの楽器にも合った音色が出るので、それには敵わないかもという感じですね。

 

ワーシャルブリリアントは最近張ってたプリムリサより張りが強く、やや押さえにくい感じがしますが、やはり派手でいい音ですね。でもちょっと詰まった感じもするかも?ナチュラルな音って感じではないです。Eが強い楽器だと音がきつくなるかも。

 

このセットで8月に出演するコンサートのリハもやってみましたが中々良い感じ。本番の時はもうちょい色気がある弦の方が良いかもしれませんが、練習時はこのセットで良いかも。VISIONは寿命長いですし。

 

本番用は…ピーターインフェルド、またはエヴァ・ピラッツィが安定ですかね。去年のソロリサイタルではピーターインフェルドでいい感じでした。今年はどうしましょうか…

 

弦をドミナント+プリムリサに変更

1月末頃にインフェルド・レッド(E線ワーシャルブリリアント)にメイン楽器の弦を交換したが、そろそろ寿命っぽい感じだったので張替え。

いきつけの楽器店でエヴァ・ピラッツィゴールドを勧められるが、あまりに高額なので迷った時のドミナントに決定。

E線はゴールドブラカットを買って張ったが…あまりにプレーンすぎる音なので3日でプリムリサに変更。

まあ、プリムリサもそこまで音に個性がない弦ではあるが、高寿命なのが良いと思う。錆びないというのは大きい。

ゴールドブラカットとくらべるとやや雑味が無いかな?という感じ。

 

最近は色々な弦を張って、エヴァ・ピラッツィやピーターインフェルドなどもかなり良いと思った。しかしどちらにしろ中々高額であるし、今のメイン楽器の音は大分満足しているので、ナチュラルな音で安価なドミナントで十分かなという感じ。

インフェルドレッドはドミナントよりややしっとりしていて、柔らかい音だが、ややレスポンスが悪い感じもしていた。ヴィジョンはレスポンスがよく、音量もあるが、ややクリアすぎてつまらない音になる感じがする。

ドミナントは最近の弦と比べると雑味が多いのだが、この雑味が良いのかな~と最近は思うようになった。レスポンスも良く音量もあり、遠鳴りするタイプの音だと思う。

ドミナントは残念ながら1ヶ月すぎると音が死んだ感じになるのだが、まあドミナントの価格なら毎月替えても負担が少ない。

 

サブ楽器と2ショット。

サブ楽器もドミナントを張っているが、こちらはエヴァ・ピラッツィとかの方が確実に良いと思う。しかしたまにしか弾かない楽器にエヴァ・ピラッツィは贅沢すぎるのでドミナントを張っている。

ドミナントはどの楽器に張ってもそこそこの音質で鳴らしてくれるのが良い。

 

E線のゴールドブラカットは最近プレミアムが発売になり、プレミアムスチール、ブラススチール、24金の三種類の展開である。この中だとプレミアムスチールがまあ良いかなと言う感じ。ブラススチールは音がまろやかでおとなしく、すぐ錆びた感じになってしまう。24金はまあ良いのかもしれないがちょっと高い。この値段だと他の弦の方がいいかな?と思う。

プレミアムスチールは従来のゴールドブラカットより錆びにくく、やや長持ち。といってもほかがドミナントだったら同じくらいの周期だが。

 

弦は高いのを張ってたまにしか交換しないよりは、ドミナント、ヴィジョンあたりを頻繁に張り替えたほうが練習の質の面でも良いと思う。案外弦がダメになったかどうかというのは分かりづらい。いきなり死んだ音になるわけでなく、徐々に劣化していくので、耳がなれてしまうのである。

私は最近はカレンダーにメモして、2ヶ月位たったら音が良いと思っても交換してしまう。本番前でなくても定期的に交換すべきだと思う。

練習量が多いハイアマチュア~音大生はインフェルド・レッドをお勧めしたい。

インフェルド・レッド

こんにちは、Yuukiです。

弦のレビュー記事で、以前もインフェルド・レッドに言及していますが、この弦は練習量が多い人に特におすすめ出来るんじゃないか?と思います。

スタンダードなドミナントは、やや寿命が短く、3週間も使うと音の張りが無くなり、1ヶ月すぎると死んだ感じのデッドな音になってしまいます。

エヴァ・ピラッツィはもう少し寿命が長いですが、テンションが強く、強い弾き方になりがちなので、学習段階の人にはあまりお勧め出来ないかなと思います。値段も1万円近くしますし、コスパが悪いです。

 

その点、インフェルド・レッドはバランスが取れていて、寿命もドミナントより長くお勧めできます。

G線~A線をインフェルド・レッドにし、E線をプリムリサ、ワーシャルアンバーなどの錆びない弦にするのがコスパ的にも、音色的にも良いです。ステンレスのE線は音色が柔らかいものが多く、インフェルド・レッドにマッチします。そのセットで大体6000円しないくらいでしょうか。

 

傾向としては、ドミナントからシャリシャリ感を無くし、音色の張りと深みをプラスした様な弦です。

エヴァ・ピラッツィ程では無いですが、やや張りが強く固めの音で、音量もあります。

強く弾くとドミナントは潰れてしまいがちですが、インフェルド・レッドは雑味混じりの深く強い音がそのまま出ます。

この傾向はピーターインフェルドと似ています。ピーターインフェルドの方が許容範囲が大きいですが、実際練習する際はインフェルド・レッドの方が好ましいです。

エヴァ・ピラッツィと比べると、エヴァ・ピラッツィの方がクリーンで大きな音です。インフェルド・レッドの方がやや太い、甘い感じの音色です。

弓の圧力に対してシビアすぎないが、圧力が高すぎると潰れてしまうので、練習時にここまでやったらダメだな、という所が分かるので良いです。

元々音が硬い楽器だと、ややうるさい感じになるかもしれません。そこまで楽器を選ぶタイプの弦ではありませんが、ドミナントでキンキンしすぎる楽器だと注意が必要かもしれません。

 

寿命も長く、毎日3時間以上練習する人でも1ヶ月半~2ヶ月は持つと思います。私も何回か張っていますが、音色的な寿命は長く感じます。プロの友人も使っている人がいます。

ドミナントは毎日3時間も練習すると1ヶ月持ちません。(音色の寿命)切れることは殆どないので、初心者だとわからずにずっと張ってたりしますが、ドミナントを使う場合はカレンダーを見て、1ヶ月で張り替えるようにしないと練習効率が下がります。

 

注意点としては、頻繁に張りを緩めたりすると、張った時にペグボックスの間の所で切れます。

糸巻き部の糸が細く柔らかいため、耐久性が低いようです。このインフェルド・レッドを張る時はあまり弦を緩めないようにした方がいいです。

 

エヴァ・ピラッツィ、ピーターインフェルドのようなハイエンド弦に似た特色を持ちながら、安価で、寿命も長く、音色も優れているため、非常におすすめできる弦です。

 

ドミナントVSエヴァ・ピラッツィ

こんにちは、yuukiです。久しぶりにヴァイオリンの弦を変えました。

定番中の定番、ドミナントとゴールドブラカット(プレミアム)です。

 

張り替え前はエヴァ・ピラッツィで、その前はラーセン、ヴィジョン、インフェルド、オリーブ、、とドミナントはかなり久しぶりになります。

せっかくなので、エヴァ・ピラッツィとドミナントを比較してみます。

 

ドミナントの良いところは、どの楽器でもよく鳴る、金額が安い、味付けが少なく素直な音、どの楽器屋でも購入できる、等でしょうか。

弱点は、最初金属的なジャリジャリ音がする所、良い音の寿命の短さ(1ヶ月程度)です。

 

音の性格としては、強く弾き込んで鳴らすというより、軽い弓圧で柔らかく鳴らす方がいい音が出ます。

以前は誰でもドミナントでしたが、最近はドミナント一強時代ではなくなってきました。

 

エヴァ・ピラッツィはどうかというと、音が大きく、華やかな音色で、強い音が出しやすいです。

ある程度弓圧をかけても音が潰れにくく、しっかりした音が出ます。

良い音の寿命は、1ヶ月半くらいです。

 

弱点は、1万円近い値段、張りが強くやや抑えにくい所です。

それと強引な弾き方をしてもある程度鳴ってしまうため、弓圧をかけすぎるようになってしまう場合がある事でしょうか。

 

ドミナントは今となっては古い弦なので、他のハイテク弦に劣るかと思いましたが、案外そうでもなく、結構いいんじゃないと言う感想。

エヴァ・ピラッツィは値段が高くてコスパが悪いし、強い弦なので、いつも使うのはやや難しいです。

ドミナントはオリーブの音に似せて作った歴史があるので、今時のナイロン弦と比べるとガットっぽさがあります。そして安い。

 

私の楽器は正体不明の古い楽器で、最近大規模な修復をしたこともあり、ドミナントの方が良さそうではあります。音も良いと思うし。

 

大きなホールでソロを弾く時はエヴァ・ピラッツィの方がいいかもしれないが、普通はドミナントで不自由ないんじゃないだろうか?

 

次に弦を買う時に何を選ぶかわかりませんが、ドミナントはまだまだイケると思いました。迷ったらドミナントにしようかな。

プロが使うヴァイオリンの道具リスト【決定版】

ヴァイオリンの小物がどれがお勧めか紹介します。一応プロの基準ですが、あまりプロ・アマ関係ない感じです。

とりあえずこのリストから買っとけば問題ありません。

本体と弓はキリがないので除外します。

弦は好き嫌いありますが、エヴァ・ピラッツィかインフェルドが多いように感じます。大きな音が出てある程度深みがある物が好まれています。

オリーブ、ドミナントは昔は定番でしたが、最近は使う人は少ないかと思います。ドミナントは単純にもっと良い弦が増えたから、オリーブはあまりに使い勝手が悪いという理由です。

ストラディヴァリやデルジェスにはエヴァ・ピラッツィは強くて良くないと言われがちですが、あまり関係ないみたいです。以前デルジェスを見せて貰った時はエヴァ・ピラッツィゴールドが張ってありました。

エヴァ・ピラッツィゴールドも最近流行っていますが、高価です。

私は今エヴァ・ピラッツィで満足しています。

 

松脂

ギヨームが人気で、ベルナルデルを駆逐している感じ。若いプロはギヨームが多いかな?私の師匠の世代はまだベルナルデルとかかも。

ベルナルデルもドミナントと一緒で、昔はベルナルデルか黒猫(ミラン)しか無かったのですが、やはり最近良いのが増えました。

ベルナルデルは安物に比べれば良いですが、粒子が荒く、楽器が汚れやすいです。音もそこまで良くないです。

ラリカリーベンツェラーとギヨーム、アルシェ201SOLOが特に良いですが、アルシェは生産終了して品名が変わりました。

ギヨームは程よい粘り気があり、音がしっかり出て良いです。粉も飛びにくいし、変形しにくく使いやすいです。

 

肩当て

肩当てはかなり種類があって、一種の沼みたいな感じだけど、とりあえずKUNのBravoで問題ありません。

本当はKUNオリジナルのプラスチックの方でも良いのですが、しなって外れる問題と、余りにも質感が安っぽい事があるので、一応Bravo推薦です。でもどっちでもいいです。

肩当てを気にし始めると、何を使ってもフィットしない感じで気になってしまいがちですが、楽器がフィットしないのは多分あご当てのせいです。

あご当てはやはり試しまくって選ぶしか無いですが、あご当てがフィットすれば肩当てはどれでも良くなります。(体験談)

ケース

ケースはちょっと拘りがあって、一番人気を勧めにくいのですが、

 

GEWAか、TOYOの角ケースでとりあえず必要最低限です。

スーパーライトは相当人気ですが、満員電車で潰れて楽器が割れたという話を聞いたので、あまり積極的に勧められません。

 

本当はケースは10万以上の木製が好ましいですが、そうはいっても中々ケースに10万は厳しい(特に若いアマチュア)

プロ奏者は仕事がなくてもケースだけはこだわってほしい。まあプロはこのブログあまり参考にしないと思うが、、、

 

話がそれてしまったが、ネグリ、リボーニ、ムサフィアが高級ケース三銃士です。

成金感で言うと、

ムサフィア>ネグリ>リボーニ

ネグリとムサフィアは値段の割に作りがイマイチというか、これぞイタリアクオリティですが、リボーニはかなりしっかりしています。

なんだかんだで一番オススメはリボーニのUNOEOTTOで、10万以下で木製です。イタリア製だけど、ちゃんと作ってあります。

もちろんネグリとムサフィアも悪くない。金があれば、ネグリのディプロマが良いです。

 

Amazonに無かったのでリンクはありませんが、

・あまりお金がない→GEWA STRATO

・少しは出せる→リボーニ UNOEOTTO

・金ならある→ネグリ ディプロマ

 

譜面台

譜面台は絶対木にしましょう。練習のモチベーションに関わる。

全体が木が一番いいが、高いので、せめて楽譜を載せる所だけは木にしましょう。

インテリアに調和するような綺麗な譜面台があると、その気になってくるので、上手くなりやすいです。

私は折りたたみのアレだと全然練習になりません。沢山譜面乗せられないし、グラグラするし、後ろが穴が開いてるので、書き込みもしにくい。

 

おまけ:雑談

ヴァイオリンのケースを見ればどういう人か分かります。

 

・スーパーライトのケースにぬいぐるみやアクセサリー

→音大生、専門学校生

・GEWAのボロいケース、アーティストのサイン入り

→音楽だけで食べてるプロ

・ムサフィアの綺麗なケース、楽器がハイブランドのスカーフ入り

→ハイアマチュア、金持ち。稀に超絶上手い(普通のプロ以上)