ラーセンのヴァイオリン弦

ラーセンのヴァイオリン弦

 

練習と手汗で弦が劣化する……

僕は手汗をかなりかくタイプで、弦があまり持ちません。

来月の頭にソロコンサートを開くので、必然的に練習量が増えてるのですが、そうすると弦が結構消耗します。

以前ガット弦の記事を書いたのですが、実は手汗の影響で僕の場合ガット弦は1ヶ月持ちません……音は好きなのでいつも使いたいのですが、毎月弦に1万円前後の出費は使えないなと。

あの記事の時はオイドクサでしたが、次にオリーブを張って、その次はナイロン弦のヴィジョン。

で、ヴィジョンは元々音が柔らかく、悪くいうと芯がない感じです。自分は結構好きなんですがやっぱり手汗とか劣化でかなり音がマイルドになってしまい、、

練習中のツィゴイネルワイゼンを録音してみましたが、やっぱりぼやけた感じ。

(E線はヴィジョンではなくプリムリサです)

弾き始めてすぐ思ったのは、ナイロン弦にしてはとても豊かな音という事と、柔らかいのに芯がある感じ。

ナイロン、ガットに関わらず張りたては大体硬めの音に感じるのですが、最初からある程度柔らかさを感じられました。

それと、ガットのような豊かな感じがします。ぶっちゃけオリーブと音が似てる!

オリーブほど複雑で深い音ではないですが、代わりにクリアさと張りがある感じです。でもナイロン弦にしてはとてもリッチな音です。

音量も申し分なく、ソロの演奏で十分使えると思います。

ツィゴイネルワイゼンの頭もヴィジョンと比較するとはっきりしていい感じ。

どうでもいいことですが、包装がやけにおしゃれです。なんか蝋のやつがくっついてます。

正直ここに拘ってないで値段を下げてほしい……(笑)

 

ソフトとストロングってゲージもあるみたいですが、ミディアムで普通十分だと思います。

寿命が長ければリピートします

寿命は今日張ったばかりなので分かりませんが、ファーストインプレッションがかなり良いので、是非長持ちしてほしいものです。このリッチかつ張りのある感じが長く続けばいいな~と思います。