イーバイクは日本で流行るのか?

上の記事を読んだとき、「そもそもイーバイクって?」と思ったが、いわゆる電動アシスト自転車のスポーツ自転車版と思えばいいらしい。

クロスバイクやロードバイクに電動アシスト機能を付けて、快適に速く走れる自転車…との事で、ドイツを始めとするヨーロッパの国々では結構流行ってるそう。

 

日本でもイーバイクはたまに自転車店で見かけるが、こんなの誰が乗るんだ?と思っていた。クロスバイク、ロードバイクならそもそも軽やかにスピードを出して走れるのに、わざわざ重くしてどうするんだろう?高いし(大抵20万円オーバー)…と思ったが、ドイツでは事情が違うようである。

平気で50km/hくらいスピードが出るらしいし、事故が問題になっているとも。

要するに、電気で走る原付みたいな物で、自転車というよりバイクに近い括りですね。

 

だが、日本に輸入される、または生産されるイーバイクは速度制限があり、確か25km/hを超えるとアシストがストップし、大したスピードが出せないらしい。

 

荷物も少し積めて、原付くらいのスピードで快適に走れるのだったら確かに流行するのもわかる。20万円オーバーは高い気もするが、バイク代わりになるならまあいいかと思って買う人も多そうである。

しかし日本の仕様だとどうなんだろうか?普通のクロスバイクやロードバイクで30km/hって別にそんなに苦労しないで出るし、軽さが命と思ってるローディー達には売れないだろう。10万で十分ハイスペックなクロスバイクが買えるのに対して20万オーバーである。20万あればカーボンロードのそこそこのやつ買えるって。

 

そう考えると購買層はガチのローディーというよりは自転車通勤族のサラリーマン、学生、または女性サイクリストあたりだと思われる。

通勤で荷物があるとロードバイクでもやや負担があるし、着替えなども必要だが、電動アシストで楽に乗れればスーツのまま走っていけるかもしれない。女性サイクリストであまりガチなのは嫌、または疲れるのが嫌という人にも向いているかもしれない。

 

10万代に値段が落ち着いてくれば日本でも売れるかもしれないが、今は出始めなのでまだまだ流行らないような気がする。実際に乗ってみてないのでなんとも言えないが。(先日までイオンの自転車売場に合ったので試乗しようかと思って今日行ってみたら置いてなかった。)

 

※追記

勘違いしていたのだが、基本的にイーバイクの括りで扱われるものはモーターのみでは動かないようである、25km/hでアシストがストップというのも全世界共通の仕様だそう。

その他のモーターのみで走る、免許が必要などのものはイーバイクとは呼ばれないらしいです。

CAAD OPTIMOにビンディングペダル(SPD-SL)を付けてみた感想

先日、CAAD OPTIMOでロードバイクサークルの走行会に参加してきました。

大宮からサイクリングロードをずっと走り、東松山でご飯を食べ返ってくるという会で、初心者歓迎だったので参加してみたものの中々スピードが速く、次の日には足が筋肉痛になってしまいました(笑)

ベテランの方もいらっしゃって、色々アドバイスを頂いたのですが、やはりビンディングペダルに交換すると大分走りやすくなるよと。

お店で付けてもらったフラットペダルは重いし見た目が悪かったので、せっかくだし次の日ビンディングに思い切って交換してみました。

感想と言ってもまだそこまで慣れていなく、距離も50km程度ですが軽く違いなど書いてみようと思います。

 

SPDかSPD-SLか

ビンディングペダルには二種類あり、マウンテンバイク等で使われるSPDペダルと、ロード用のSPD-SLペダルがあります。

一般的にはSPDペダルより、SPD-SLの方がペダリング効率が良いと言われていますが、シューズやペダルはSPD-SLの方が若干高価です。

あと、クリートと言うペダルと固定する金具がSPD-SLは大きく、とても歩き辛いです。基本的に乗りっぱなし用と思ったほうがいい感じですね。

SPDペダルだとソールが柔らかく、少し歩きやすいようです(普通の靴よりはもちろん歩きづらいですが)

 

僕はロードバイクに乗る時はほぼ降りないか、降りても殆ど移動しないと考えていたので、最初からSPD-SLペダルを導入しました。

慣れるまで練習しないと危ない

実際付けてみるとかなり小さく、スマートな印象を受けます。このペダルはSHIMANOのライトアクションというSPD-SLペダルで、SHIMANOのSPD-SLペダルの中で一番固定力が弱くなっており、初心者向きだそうです。値段も一番安いです。

素材はアルミで、固定力は最弱からやや強めに調整できます。せっかくライトアクションを買ったのですが、大分慣れて来たので中くらいの固定力にしています。

105グレード以上だとカーボンになりもっと軽くなるそうですが、強度は落ちるみたいですね。

 

実際慣れたといっても、まだ上手い人みたいにすぐパチっとはめることは出来ません(笑)一応下を見ないで嵌めることは出来るのですが、もたついてしまうときがあります。

今日40kmくらい走ってきて、最後に5kmくらい車道を走りましたが、まだ正直車道は怖いかなと言う感じです。立ちごけこそしていませんが、バランスを崩しそうになる場面が何度かありました。

 

家の近くに小学校があり、その脇の広い割に殆ど車が通らない道があるので、そこで暇な時に付け外しの練習をするようにしています。右足は停車中に付けるのと利き足なのでそこまで難しくありませんが、左足は走りながら付けるので中々難しいです。

 

停車が少ないサイクリングロードは効果絶大!

今日は彩湖までゆっくり行って、彩湖を一周してから荒川サイクリングロードに出て赤羽岩淵水門まで行ったのですが、停車が少なくほぼ真っすぐのサイクリングロードでは流石ビンディングペダルという感じで、かなり楽にスピードを出すことが出来ました。

フラットペダルでもスピードを出すことは出来るのですが、回し続けるのが大変で足が疲れてしまうという感じがします。

しかしビンディングでは踏み込むと言うよりも、足を使ってクランクを回すという感じなので、疲れにくいしパワーロスが少ないです。

引き足を使うというのが最初はピンとこなかったのですが、使ってみてなるほど!と思いました。

重いギアで踏み込むと言うより、軽めのギアでくるくる回す感じだと楽にどんどんスピードが出ます。

 

外すタイミングは早めに意識する

荒川サイクリングロードでずっと走ってて、途中で一般道路に出た時には結構注意が必要です。

慣れてきた頃に、ビンディングを外し忘れて、慌てて立ちごけという話はよく聞きます。

本当に乗り慣れてくると自然に外せるようになるそうですが、少し慣れて調子よく乗ってる時が乗り物では一番事故率が高いので、注意が必要です。

具体的には、停車位置の50~100メートル前くらいで左足をまず外して、徐行してから右足を外してサドルから降りる、という意識でやると比較的安全かなと思いました。

 

シューズはジャストサイズをしっかり選ぶ

普通のスニーカーだと少し緩めくらいがちょうどよかったりしますが、ビンディングシューズはジャストサイズで選ぶのが一般的です。

漕いでる間に足が前後に動いてしまうとせっかく固定してるのに力がうまく伝わらず非効率ですし、痛みの原因にもなってしまいます。

僕は普段28.5とかかなり大きめのサイズの靴を履いていますが、SHIMANOのシューズでは26.5でジャストでした。

つま先がぴったりなので歩くと少し痛いのですが、漕いでいる間は気になりません。そもそも歩く用途ではないので問題ありません(笑)

 

一番安いベルクロ式ですが、気軽に脱ぎ履き出来るので楽です。

 

ビンディングは絶対必要というわけでは無さそう

ここまで書いておいてあれですが、別にビンディングペダルはロードバイクに必須というわけでは無いと思いました。

信号が多い街乗りでははめるのがいちいち面倒ですし、転倒の確率が高まるので危険です。街乗りでスピードを出す事もあまり無いと思うので、ほぼ意味がないでしょう。まあそもそも街乗りでロードバイクは必要ないと思いますし…

そこまで長距離でないポタリングを一人で行う場合もやはりフラットペダルで良い気がします。一人だったら自分のペースで行けばいいし、そこまで足の負担も大きくないと思います。

駐輪して散歩なども歩きづらいですしね。

 

逆に、長距離ライド(大体100km以上くらい)とか、仲間のペースに合わせて走る走行会などではほぼ必須でしょう。

そういう場合は事故の恐れより、速度維持のしやすさ、疲れにくさのメリットが勝ると思います。

 

といってもダイレクト感やはめた時の音や感触が楽しいので、僕はフラットペダルに戻さないと思います。(笑)

 

初期投資は少しかかるが、よりロードを楽しみたい人にはおすすめ!

大体シューズとペダルとで一番安くて15000円くらいかかります。これは少しデメリットというか、思い切りが必要でしょう。Amazonなどで揃えたらもっと安いですが結構調整がシビアなので最初はショップでやってもらったほうが良いと思います。

転ばないように注意して乗ればよりロードバイクの楽しみが広がるし、まず最初に手を付けるカスタムとしておすすめできます。

 

ロードバイクに乗って分かったクロスバイクとの4つの違い

CANNONDALE CAAD OPTIMOを買ってからほぼ毎日30kmくらい乗って、大分ロードバイクにも慣れてきたので、そこで感じたクロスバイクとの違いを書いていこうと思います。

 

乗車姿勢が違う

まずこれですね、クロスバイクでもそれなりに前傾姿勢をとりますが、ロードバイクの場合更にググっと角度が付きます。

(画像は自転車Youtuberのけんたさんのフリー素材をお借りしています。)

この画像だと下ハンを握っているので若干極端に感じるかもしれませんが、大体このくらいの角度が付きます。殆ど背中と地面が平行になりますね。

クロスバイクはそこまでの角度はつかないため、最初なれないうちはかなり怖かったです。

しかし、体の使い方、ポジショニングに慣れると逆に楽に感じるようになってきます。

スピードが速い

クロスバイクは先ほどの姿勢の事もあって、低速域は安定していて、速くなってくると少し怖いような感じでした。

ロードバイクは逆で、低速域だと不安定(僕が慣れてないだけかもしれません)でスピードが乗ってくると非常に安定する印象です。

大体サイクリングロード等で風が強くない場合の巡航スピードも、クロスバイクだと25~28km/h、結構がんばって短時間32km/h出せるかなというところでしたが、ロードバイクなら平坦で向かい風などが強くなければ初心者でも30km/h以上をキープするのは難しくありません。

先ほどの強い前傾姿勢で、空気抵抗が減ることや高速巡航に特化したフレーム設計のおかげだと思います。

しかし、あまりにも楽にスピードが出るので、人や車が多い場所は注意が必要です。

遠くに行くのが楽

クロスバイクはそもそもあまり遠くに行くようにできていないため、往復で30kmくらい走ると結構疲れます。

100km、200km行くことも可能ではあると思いますが、50kmを超えるサイクリングを頻繁にする方はロードの方が確実に楽だと思います。

空気抵抗やフレーム、フォークの設計がロングライド向けのロードバイク程長距離乗ってもあまり疲れません。

僕のCANNONDALE CAAD OPTIMOはアルミフレーム(フォークはカーボン)なので長距離向け!という訳ではないのですが、振動がかなり吸収されるし、ショップでポジショニングも調整してもらっているのでとても快適です。50kmくらいじゃそこまで疲れません。

しかし、水分補給を怠ると脱水症状で大変なことになるので、少しの距離でも必ずボトルを携帯するようにしています。

 

逆に、近距離(10km以内)で街乗りメインの方はクロスバイクの方が良いと思います。

スタンドは基本付けませんし、そもそもカーボンフレームでは付けることが出来ません。盗難の危険もかなりあるので、基本的には長時間駐車はしないほうがいいです。いくら頑丈な鍵を何個も付けても簡単に盗られるらしいです…

クロスバイクもかなり盗難のリスクはあります(実際盗られた経験あります…戻ってきましたが)が、そもそもの値段がロードに比べると安い事と、やはり目立つロードバイクのほうが優先して狙われるらしいです。

 

格好がガチな感じになる

クロスバイクはどんな服着ててもおしゃれに見えるのですが、ロードバイクはあまり普段着っぽいとかっこ悪いです。

というか、普通のスポーツウェアでもダサく見えてしまうし、そもそも走りにくいので、僕は先日サイクルジャージとレーパンを買いました。

僕は激安ので揃えてしまったのですが、パールイズミやSHIMANOなどの有名ブランドのウェアの方が格好いいし、快適だと思います。

 

クロスバイクやロードバイクに乗るようになる前は、全身ピチピチのウェアは恥ずかしいな~と思っていたのですが、どちらかと言うとロードに乗ってたら全身ピチピチのウェアを着ている方がかっこよく見えます(笑)

ロードバイクはスポーツなので、専用のウェアじゃないとやっぱりダサく見えるんですよね。サイクルジャージ+レーパンが一番ベストな服装だと思います。

クロスバイクはその反面、チェーン巻き込みに気をつければ何を着ててもそんなにおかしい感じはしないと思います。

 

まとめ:ロードバイクは基本スポーツだけど、クロスバイクはおしゃれ乗りも可

ロードバイクは速いスピードを維持しながら長距離走ることを前提としているスポーツだと実感しました。

その辺をちょっと流す、とか買い物に行くとかには全く向いていません(笑)ですがストイックに楽しめるスポーツとして考えるとかなり楽しいですね。

 

クロスバイクはロードに近い走りも出来ますが、やはり近距離でサクッとスポーティに流す、軽いサイクリングに向いてるのかなぁと思いました。

両方所有するのがいいんじゃないでしょうか。うちにははクロス、ロード、ママチャリと揃っているので、自転車で色々出来て便利です(笑)

CANNONDALE CAAD OPTIMOを買ってから付けた、交換した装備

CANNONDALE CAAD OPTIMOロードバイクを買って、付け足した、または交換した部品を紹介します。

ロードバイクは買った状態だと最低限道路を走る装備しかついてないため、色々と後から付け足したのですが、割と出費がかさむので注意が必要です。大体+2万円前後でしょうか…

 

ライト類

フロントライトはTaoTronicsのライトです。いつもはCATEYE等のメジャーブランドを使ってるので若干不安でしたが、明るさも使い勝手も問題ありません。

700ルーメンあると商品説明に書いてあったのですが、実際はどのくらいかわかりません。しかし値段の割にかなり明るいので、お買い得でした。

ちなみにボタンは物理ボタンではなく感圧タッチボタンとなっています。ここは普通にボタン式にしてほしかったなあと思います。

USB充電式なのもとても便利ですね。

ちなみにこの商品パッケージはリアライトも付いています。

点灯しなかったというレビューもありましたが、普通についたので使っています。

 

上のリアライトを付けるので反射板をとったのですが、もし電池切れになったりすると夜だと道路交通法違反になってしまうので、予備にCATEYEのオムニファイブというリアライトもつけています。

このライトはかなり派手に点滅するので、車も避けてくれます。安いし良い商品だと思います。(充電式ではありませんが…)

 

ボトルケージ

5kmくらい走るのでも水はあったほうが良いので、必ずウォーターボトルを携帯するようにしてるのですが、ボトルケージがあると非常に便利です。

いつもはミノウラの安いケージを使ってるのですが、初ロードなので奮発してCANNONDALEのボトルケージで統一しました。

 

ちなみにボトルはポーラーのボトルをずっと使っていたのですが、夏場でもう一つ必要だなと思ったのでキャメルバッグのボトルを買い足しました。

 

 

サイコン、スマホホルダー

サイコンはCATEYEの古いモデルを使っています。

今は配置とライトが違いますが、このシルバーの四角いサイコンを使っています。

高性能モデルもあるみたいなのですが、とりあえずスピードと距離をはかれればいいかな、と思いこのシンプルなタイプを付けています。

ここからグレードアップするとしたら、一気にGARMINにすると思います。CATEYEの上級モデルは良くないレビューも見るので…

流石にGARMINは高いですね。

 

今はスマホでもサイコンアプリや、STRAVA等の運動アプリもあるので、スマホホルダーを付けてiPhoneでSTRAVAの記録をしながら走っています。

これも先ほどライトで出てきたTaoTronicsのスマホホルダーです。

固定力は申し分ないのですが、少々使い勝手と見栄えが悪いので、これは買い換えるかもしれません…1週間くらい使ってみてやっぱり我慢できなかったら買い換えようと思っています。

候補はもう決まっていて、スマホケースを固定するタイプのものにしようかなと。

これだと見た目もスマートだし、かなりがっしり固定できるみたいなので良いんじゃないかと思っています。

 

タイヤ

タイヤはKENDAの重いタイヤが付いていたので、今日交換しました。

コンチネンタルのウルトラスポーツ2です。チューブもセットで変えました。KENDAのチューブは重いので…

まだ走り込んでないので、そこまで違いが実感できてませんが耐パンク性や空気圧の面でやはり安心できますね。

重さは計ってませんが、そこそこ軽い感じがしました。

 

 

サドル

40km走った時に尿道が痺れてやばかったので、穴あきサドルに交換しました。

セラロイヤルのremedというサドルで、店頭価格2000円位だったので興味本位で買ってみましたがかなりいい感じ!かなり快適な感じです。

少し残念というか失敗したのは差し色の緑が車体の緑とちょっと違う感じのところでしょうか(笑)

 

 

まとめ

空気入れやメンテンナンススタンドは手持ちの物があったので買わなかったのですが、結局車体価格に+2万ほど装備でかかった感じです。

今後サイクルジャージやリュック、サドルバッグも購入する予定なので、財布が寂しくなりそうです…w

 

CANNONDALE CAAD OPTIMO SORA ~乗り心地が凄いロード!~

ずっと自転車といえばクロスバイクだったのですが、ついにロードデビューしました。

クロスバイクは何台か乗ってきて、GIANT ESCAPE RX3、Bianchi ROMA2、GIOS Mistral などを乗り継いできました。

ロングライドはしたことないのですが、50kmくらい走るとクロスバイクだと少々しんどいし、すれ違ったり後ろから来るロードバイクを正直「いいなぁ」と思いながら見てたのですが(笑)思い切って買ってみました。

とりあえず昨日購入して50kmくらい乗っただけですが、簡単にインプレッションレビューします。ペダルはお店で付けてくれたフラペです。

エントリーロードながら上位モデルと譲りの設計

フレームの設計が上位モデルのCAAD 12から受け継がれているらしく、アルミフレームながらかなり快適な乗り心地です。

フォークがカーボンなのでそのおかげもあると思うのですが、路面のギャップを拾ってもESCAPE RX3の半分くらいの衝撃に感じます。かなりマイルドで地面からの突き上げの疲れが大分減りました。

まあESCAPE RX3はXSサイズで体に合ってないのでそのせいもあるかもしれませんが、ジャストサイズで選んだGIOS Mistralとくらべても段違いです。ちなみに身長が176cmなので54サイズです。

シートステーが弓なりに反っているのと、チェーンステーも曲がっています。これで上手いこと振動を吸収しているみたいです。

 

ペダルを踏み込むとあっという間に30km/h台に!速度が出てる時も安定感が凄く、ずっと乗ってても疲れない感じです。

コンポはSORAだけど、十分快適です。

コンポーネント(変速部品など)はSHIMANOのSORA(9×2段の18段変速)です。

本当は105を搭載してるロードが良かったんですが予算の都合と試乗して変速性能に殆ど違いを感じなかったので下位のSORAにしました。

105(11速)、TIAGRA(10速)より段が少ないので坂道などでもしかしたら苦労するかもしれませんが、今のところ山登ったりレースに出る予定は無いので十分な性能だと思います。

変速自体は本当に快適に決まります。105が最低ラインでそれ以下は気持ちよく変速できない、って意見も聞いたのですが、実際に体験してみるとそこまで違いが感じられませんでした。

むしろスパスパ変速が決まって快適ですね!

そういえば大体10万前後の車体だとクランクやブレーキがSHIMANOじゃなかったりするのですが、この車体はクランクもブレーキもSHIMANOです。

 

手に入りやすくて性能も十分なのでとてもおすすめ

このCANNONDALE CAAD OPTIMOのロードバイクですが、2017年初登場モデル(CAAD8の後継)なので、結構色々なショップで目にします。

実際この車体も近所のサイクルショップで店頭品割引でかなりお安く買えたのですが、それでも数台在庫があり、サイズも豊富でその場ですぐ選べました。

同価格帯のロードバイクから頭一つ抜けた存在だとショップの店員さんも言っていましたし、いい買い物でした。

まずはもう少し慣れて、100kmライドをしてみたいです!