クロスバイクをGIOS ミストラルに買い替えました!

久しぶりの投稿になります。ちょくちょくアクセスいただいてるみたいで嬉しいです。

しばらく体調を崩していて、その関係でブログもほったらかしになってしまっていたのですが、最近は調子が戻ってきたので、更新のペースを上げられたらいいなと思います。

 

さて、僕は自転車が結構好きで、普段クロスバイクに乗っています。

クロスバイクを知らない方にざっくり説明しますと、マウンテンバイクとロードバイクの中間に位置する自転車です。

ロードバイクは舗装路で最速の自転車ですが、少し荒れた道でもかなり神経を使います。クロスバイクはマウンテンバイクほどではありませんが、荒れた道も走ることが可能です。

舗装路でも結構速いので、最近人気が出ています。

こういうやつですね。↓

5574_636077416562620763

このクロスバイクはBianchiビアンキ)ローマ2という結構いいやつなのですが、駅の駐輪場で盗難されてしまいました。。

 

その後は父が乗ってたGIANTESCAPE RX3というクロスバイクに乗っていたのですが、2011年モデルでだいぶガタガタになってきていたので、思い切ってGIOS(ジオス)のミストラルに買い替えました

 

GIOSはイタリアのブランドで、ロードバイクなども製造している自転車界では一流のメーカーです。

そのGIOSのミストラルですが、値段も安く、そこそこ良いパーツがついているということで、かなりの人気車種です。

GIOSは青をブランドカラーとして採用しているので、青が欲しかったのですが、近所のショップでは2月まで待たないと青は入荷しない、とのことだったので、大阪のカンザキバイクさんから通販で購入しました。発送も早く対応もとても感じの良いショップでした。

 

入金してから2日で届きました。箱がでかい!

img_20161213_154819

 

丁寧な梱包を開けていくと、、

 

imgp2298

imgp2305

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 鮮やかなジオスブルーが眩しいです。なにげにアドレスが書いてありますw

imgp2311

 

imgp2303

コンポーネント(駆動部分)はシマノという日本の会社の物で一式揃えられています。シマノはツール・ド・フランスなどのロードバイクレースでも採用されている信頼のブランドなので、好印象ですね。ちなみにホイールもシマノの前後で1万以上するやつです。5万くらいのクロスバイクでは普通あり得ないですね、、すごいコスパ。

 

そのまま乗ってもいいのですが、ESCAPE RX3の時に気に入っていたパーツを色違いで揃えて、ハンドルもブルホーンという形に変えています。

img_20161213_233708

img_20161214_182723

早速荒川サイクリングロードで記念撮影しました。スタンド付けてないので倒れてますが、、

imgp2323

 

GIOS ミストラルのいいところはとにかくそのコストパフォーマンスの良さに尽きると思います。

5万円台の他のクロスバイクと比べても、優れてる点がたくさんあります。例えば、

・シマノのコンポーネントで揃ってること

・ホイールがシマノ製であること

・GIOSというイタリアの信頼できるメーカー製ということ(製造は中国ですが)

・規格が業界標準であり、カスタムが容易であること

 

などですね。中でもシマノ製コンポーネントとシマノ製ホイールを標準装備はかなりポイント高いです。

あとから付け替えるのも結構難易度高いですし、金額も結構かかってくるので。

 

組み込みや工作精度は流石にちょっと値段なりかな~という印象を受けましたが、かなりおすすめできるクロスバイクだと思います。

 

これからはドレスアップしたり、ロングライドに挑戦してみたりして楽しみたいと思います。