Suhr Standard S2のサウンドチェック動画をupしました

 

Suhr Standard S2のサウンドチェック

1月に買って気に入って使っているSuhrのギターのサウンドチェック動画をupした。

 

音はクリーン、クランチ、ヘヴィリフ、リードの順。

すべてオーディオインターフェースのRubix22を通ってAmplitube4で音作りしている。

クリーンはフェンダー、クランチはMarshallのRed pig、ヘヴィリフとリードはMESA Boogieのデュアルレクチを使った。

デュアルレクチはポイントで購入したが、他のアンプはすべて最初から入っているバンドルのもの。

ディレイ、リバーブ、EQはLogic Pro X。大分綺麗に撮れていると思う。

 

以前はBEHRINGERのインターフェースだったが、最近RolandのRubix22にインターフェースを変えて、大分音が太くクリアになった。

 

やはりRolandは音が良い。

 

それにしてもSuhrのこのギターは本当に音がいいと思う。どういう音作りをしてもハイファイで太く、輪郭がはっきりしている。

このギターで録音すると音作りが非常に楽で、どうやっても悪い音にはならない感じ。

Fenderのストラトなんかだと良くも悪くも粘りが出すぎたり、音が細くなったりするが、Suhrは少なくとも録音では文句のない音である。

 

しかしここまでAmplitubeでいい音で録れるとKemperやAXEはいらないかな?と思う…少なくとも録音に関してはトラック数を馬鹿みたいに多くしなければ落ち無さそう。

ライブはともかく、セッションやリハでKemper持ってくるのはバカみたいなので、持ち歩き用でBOSSのGT-1またはZOOMのG3nを持っていればいい気もする。

 

最近のZOOMは相当音質が良いようなので、ライン録りでも結構良いかなと思う。BOSSはアンプシミュが弱いようだが…

 

そういえばAmplitubeはもともと音が良いが、別売りのアンプの方が格段に音がいいのである。バンドルのアンプはデジタルっぽさがややあるが、MESA Boogieのアンプは比べても分からないんじゃないかというほど音が良い。まったくうまい商売だなと思う。

 

アンプシミュレーターといえば最近流行のBIASは体験版を入れてみたが、クランチは良いがメタル系はやや音が細いような感じだった。製品版で追加されるアンプは良いのかもしれない。

 

Kemperは23万、AXEは38万だが、ここまでプラグインで音が良いとうーんと言う感じ。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。
インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。