OYAIDE QAC-222G シールド購入~聴き比べ

OYAIDEのQAC-222Gシールドを購入してみました。

スタジオやライブで使おうと思ったので、5mを二本。だいぶ奮発しました。

プラグ部は高級感のある金メッキで、ケーブル部は細身ですがそこそこ硬さがあります。

色は思ったより落ち着いた赤でした。もっとビビッドな赤を想像していたのですが、これはこれで良いですね。

このケーブルを買うまでの経緯ですが…普段スタジオに入ったり、セッションする時はイングヴェイ・マルムスティーンモデルのFenderの3mのケーブルを使っていました。音質も良く、ケーブルが赤く目立つためすぐ自分のとわかり便利でした。

こちらがそのイングヴェイモデルのケーブル。オレンジっぽく見えますが実物は結構派手な赤です。

大体スタジオではKemperやZOOMのG3Nなどのマルチを使うため、ケーブルが二本必要です。本当は二本同じのを揃えるのが良いのですが、今まではギターからマルチまではイングヴェイモデル、そこからアンプまでは適当なケーブルを使っていました。

それでやはり揃えたほうがいいかなと思って最初はイングヴェイモデルの5mを買おうかなと思ったのですが、ちょっと気分を変えてみようと思い、今まで持ってないものにしてみることにしました。

それで故藤岡幹大さんや大村孝佳さんが使っているというOYAIDEのケーブルが良いかなーと。ミーハー丸出しですが…

というわけでOYAIDEのQAC-222GをAmazonで購入!

一本は3mでも良かったかな…

せっかくなので比較してみましょう。

OYAIDE QAC-222GとFenderのイングヴェイモデル、黒いのは主に自宅で使っていたBELDENの8412です。

ギターはいつものSuhr Standardで、KemperからRubix22を通してCubaseに録音しています。Cubase上では何もいじらず。

QAC-222Gだけ5mなのとフレーズが違ったり適当ですが…とりあえず聴いてみてください。

まずクリーントーン

QAC-222G

イングヴェイモデル

BELDEN 8412

クランチサウンド

QAC-222G

イングヴェイモデル

BELDEN 8412

ドライブサウンド

QAC-222G

イングヴェイモデル

BELDEN 8412

適当な演奏で申し訳ない。

どうだっただろうか、ほとんど微々たる違いだが、やはり定評通りBELDEN8412はローミッドがよく出てパワー感がある音。イングヴェイモデルはハイがよく出てるかなーという感じ。

QAC-222Gは結構フラットで派手さは無いけどレンジが広いというのでしょうか。どの帯域も平均的に綺麗に出てるような感じですね。あんまパワー感は無いかもしれません。

クリーン、クランチは割と分かりやすいですね。歪が深いとあんま変わらないかな…

録音するとほとんど違いが分かりませんが、普段使いの8412からQAC-222Gに変えた時はレンジが広くて驚きました。もしかしたら弾いてるときのレスポンスの違いとかもあるかもしれません。

結構高かったし、まあ見た目も良いし、これからこのQAC-222Gをメインのケーブルとして家でも外でも使おうと思います。

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする