Suhrのギターはさすが”ハイエンド”でした。

明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

年明け一発目の記事は久しぶりにギターネタ。Suhrのギターを買いました。

 

ギター買い替えすぎ!

ギターは頻繁に買い替えていて、いわゆる機材沼にハマっていたのですが、「思い切って高級な物を替えば満足できるのでは?」と近頃思うようになり、いわゆる”ハイエンドギター”を視野に入れていました。

 

私自身ヴァイオリンはともかく、ギターは家で弾いたりDTMで使ったり、カバー動画を動画サイトに上げる程度なので、分不相応なのでは無いか?と購入後持って帰るあいだも思ったりもしましたが、家で弾き始めたら「もっと早く買えば良かった!」という気分に。。。

 

今まで頻繁に買っていたのはFender系か、またはIbanezなどメタル系の両極端で売り買いを繰り返していたのですが、ハイエンドコンポーネント系は初めてになります。

芯のあるサウンド、ネックの快適さ、見た目の整った感じは流石Suhrです。

特徴

 

 

購入したのはStandard Pro S2というモデルで、ピックアップはSSHでアッシュボディ、メイプルネック、22フレットのシンプルなモデル。

よく高価なギターはトップに杢目バリバリのメイプルを張っていたりして、綺麗だけどちょっとわざとらしく感じることがあります。

このギターはシースルー塗装のアッシュなので派手さはありませんが、素朴な美しさを感じます。深い青が綺麗ですね。

ボディバックの木目も非常に綺麗です。アッシュボディのコンポーネント系ギターっていいですよね。

 

オカダインターナショナルの正規輸入品です。まあショップで買ったのでそりゃそうですね。

 

非常に便利なロック式のペグとメイドインUSAの表記。スパーゼルタイプのロック式ペグですすが、弦交換やメンテナンスが非常に楽になり、チューニングも安定します。

 

スムーズなアーミングが可能な二点止めブリッジは現代風ですね。

 

1Vol,1Tone、5Wayセレクターのシンプルな配線ですが、5Wayスイッチの角度がストラトとやや違います。最初は違和感がありましたが、すぐに慣れました。

Volのトルクがやや軽いので、ピックアップを変える時に触れて音が変わってしまう時があるので、これは慣れが必要ですね。丁寧に操作すれば問題ないのですが。

 

サウンド、弾きやすさ

サウンドの面ではフロント、センターピックアップは非常に芯があるMLシングルコイルで、極上のクリーンとクランチ。ハイゲインも輪郭が潰れず速弾きをしてもクリアなサウンドです。

リアのSSH+ピックアップはハイパワーで、かつ綺麗な歪み方です。Suhrのピックアップはそれ単体でも非常に評価されていますが、確かに素晴らしいです。ダンカン、ディマジオとは大分趣が違った感じです。

リアのSSH+はフロント、センターのMLとはキャラクターが違い最初戸惑ったのですが、フロント、またはフロント+センターのハーフトーンでバッキングしたあと、リアに切り替えてギターソロを弾く時にブーストが掛かった感じです。ある程度エフェクター無しでも結構ゲイン差があるので、中々便利だと思います。

 

ネックはFenderと比べると薄めのEven C SlimというCシェイプです。薄いことは薄いですが、メタル系のギターにありがちなペラっとした感じではなく、丸みが保たれつつ薄い感じです。操作性が良く、速いフレーズなどでもモタつきが減りました。

とにかく、弾きやすくいい音、というのが徹底されている感じです。

気になるお値段は、、定価40万ですが、大分お安く購入できました。普通に考えれば大金ですが、作りや満足度を考えると良いかなという感じです。

iPhoneXも先月買ったばかりで、しばらく節約生活になりそうです。

以下写真

 

The following two tabs change content below.

YUUKI

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。

最新記事 by YUUKI (全て見る)

インドア系ミュージシャン。ヴァイオリンとエレキギターが得意です。