HX Stomp試奏してきました

LINE6の新製品、HX Stompを試奏してきました。

HELIXシリーズのマルチストンプで、シリーズで最も小さく軽い商品。

DSPは減っているものの、HELIXとサウンドクオリティは同じで、300種類以上のアンプ、エフェクトを搭載しています。

 

HELIXは相当いい音なので、同じ音が出るとすればこのカテゴリーのマルチではトップクラスなのでは?

値段は8万弱と結構高価。

 

興味を持ったきっかけは、ライブやリハではKemperを使っていたものの、やはりちょっと重い…ので、リハや本番でも使用に耐えるコンパクトマルチに変えようかと思った事。

ZOOMのG3nも所有しているものの…音はこもりがちで汎用性も少ないので、ちょっと厳しいかなーと。ミニセッションなどでは問題ないんだけど。

とにかく、Kemperと同様までいかなくても音が良くてある程度汎用性が高いというところでこのHX Stompが目に止まった。

 

このHX Stomp、入出力も十分あり、メインアウト(ステレオ)、センドリターン、midiイン・アウト・スルー、フットスイッチ接続端子、ヘッドホンアウトなど。

センドからマーシャル等のリターンに送り、メインアウトでPAに送ることも可能ということで、かなり便利そう。

 

操作感はとても良く、最初戸惑うものの10分も触っていれば大体の操作は分かった。

結構細かいセッティングもでき、アウトプットを2系統に分け、アンプ+キャビのライン用、アンプのみのリターン用と分けたり、フットスイッチに2つのエフェクトをアサインしたりできる。

出力もバランス、アンバランスの切り替えができるようで、DI機能もしっかりしてそう。

スナップショットという機能は全部把握した訳では無いのだがとても便利そうで、パッチの中のエフェクトをまとめて操作が可能と、かなり色々できる。

バンクは3つずつで、少々少ないと感じるものの、まあ必要十分かもしれない。どうしても少ない場合MIDIコントローラーを繋げばいいし。

 

音の感じは…まあHELIXと同じでややLINE6の癖はあるものの、十分使えそうではあった。

といっても、お店の中だったのでかなり小さい音で試奏するしかなく、音圧感やバイト感はちょっと分からなかった。

 

全体的に中々良い感じ、ただ、8万の価格設定は個人的に高く感じた。HELIXファミリーとは言え、ターゲットは主にセミプロ、アマチュアあたりだろうし、他のマルチと比べるとかなり高い。

 

ちなみに在庫はどこにも無いらしく、その店で今予約すれば1月には納品できるが、基本的に半年待ちくらいという事らしい。

個人的には在庫が回るようになって来てその時余裕があったら買うかも…という感じでした。

ギターの弦再考

ギターの弦を何にするか悩み中…

 

音が好みなのはアーニーボールの10〜46なんだが、これはやはり寿命が短い。

弾いたあとに拭いてフィンガーイーズをかけても結局リハとかレコで使うと錆びてしまう。

ダダリオも同じ。ちょい高いNYXLもこの間のライブに向けて張ってみたんだけど…前日リハで錆びてしまい、なんとかフィンガーイーズ等で復活させてライブでは間に合ったが、その後完全に死亡。

寿命長くないじゃん〜〜音は確かに良かった様な気もするが、そこまでいい弦という感じはしなかった。

 

結局ノン・コーティング弦だと手汗ですぐ駄目になるのでエリクサーしか無いのだが…エリクサーのあの硬い感じがどうも苦手。

アーニーやダダリオだと10〜46で良いんだけど、エリクサーの10〜46だとプレーン弦が硬くチョーキングがし辛い。

09〜46を試してみるかな〜でも09ゲージだと細すぎる気もするし、バランス的にどうなんだろうと。

周りは割と09〜46使いが多いのでまあ、一番使いやすいゲージなのかもしれない。

あと、エリクサーのあの鳴らない感じもどうも苦手、というか、鳴りが固い。

 

先日のライブの時、ユニゾンチョーキングで音程が上がりきらずちょっとアレになってしまったので、現実的に考えるとダダリオでも09〜46ぐらいがちょうどいいのかも。

 

今ショッピングモールでこの文章書いてるので、このあと楽器屋見てみようかな。

しかし、Amazonやサウンドハウスでの値段に慣れすぎて普通の楽器屋で弦買う気になれないよね。

サウンドハウスだとダダリオ、アーニーは400円台?Amazonだと500円台かな。でもどちらにせよ安い。

楽器屋だと下手すると750円くらいだからねえ…

 

ただ、エリクサーの3パックセットはなぜか3000円くらいで買えるんだな、ここが謎。

 

そういえばノンコーティング弦だとDR、SIT、R・コッコ、インフェルドあたりは良いですよ。

この辺りの弦は音もいいし、アーニーダダリオと比べて明らかに錆びにくい。

まあ値段はノンコーティングにしては高いけど…SITはそうでもないかな?

 

有名な人だと大村孝佳さん、山本恭司さん、CharさんがSIT使ってるよね。まあいい弦だと思います。DRの方がいいけどね。

AmazonでDR買うかな〜サウンドハウスはデビットカードが何故か使えないので、少々高くてもAmazonを使うことが多いです。

今見たらAmazonでエリクサーは扱っていない?ようで09〜46が見つからなかった。

 

うーん困った…

Kemperをライブで使ってみた

先日ライブにてKemperを使ってみました。

 

中音はマーシャルのJCM2000のリターン刺しでキャビから出る音、外音はモノラルのライン出しでセッティングしたのですが、自分の音がハッキリ聞こえやりやすかったです。

もう一人のギタリストもKemperをライブ直前に購入したそうで、ツインKemperという豪華なセッティング…(笑)

しかもRemote、バッファーとフル装備でした(笑)Remoteは便利そうだけど、可搬性がネックかなぁ。

俺はスーツケースにKemper、シールド、midiケーブル、midiスイッチャーを入れて持ち運んでるので楽ですが、Remoteは大きいので入らないかも。

実際もう一人のギタリストの方はPower RackでRemoteもボードに入れてたので、かなり持ち運びが大変そうでした。

 

対バンさん達はアン直か足元で音作りしてましたが、やっぱフルチューブアンプのほうが音圧はありますね。

Kemperはキレイだけどやや迫力は足りないかもしれません。

 

しかしウチのバンドはボーカル三人、ギター二人、ベース、ドラム、パーカッション、キーボードと9人編成の大所帯だったのですが、こう編成が多いバンドだとKemperのクリアな音は引っ込まないで良いですね。

アン直だとどうしてもアンサンブルに埋もれてしまうことがありますが、ライン出しのクッキリクリアな音は大人数バンドに向いているかもしれません。

逆に小編成だとマイクで拾ったほうが音圧感が出るのかも。今後色々試してみたいですね。

 

後で動画を見てみた時ちょっとバランス的に俺の音が大きい感じでしたが、ギターソロなども多かったのでまあ中々良かったかなと。

ただステレオを想定してディレイなどを作り込んでいたので、ちょっとそこが残念だったかな…

聞くところによるとライブハウスではあまりステレオでやってくれないみたいです。

 

 

ちなみにアウトプットのリンクを解除するとモニターアウト、メインアウトの音量が個別に設定できるので、中音を調整したいとき自分で変えられるので楽です。

外の音量はPAさんに任せて、ちょっと自分の音が聞こえにくいときなんかモニターアウトだけ少し上げることで上手く調整可能かと。

 

パワーアンプ有り無しに関しては、どちらでも良いかな~と思いました。

マーシャルやJCがあればリターンに繋げられるし、どうせ外音はラインで送るので、よっぽどマイク集音に拘らなければパワーアンプ無しでも良いかもしれません。

 

小型マルチに比べるとKemperは重いしセッティングがやや面倒だけど、ライブでは欠かせないアイテムかなと思いました。

HELIXとかも良さそうだけど、結局Kemperより重いので、そう変わらないかな~

 

ただ、最近発売されたHX Stompなんかはかなり良さそうですね。音はHELIXと変わらず、小さくて軽い。

MIDIスイッチャーが繋げられればかなり良いかもしれません。

 

まとめると、ライブで初Kemperでしたが、中々良い感触でした。

可搬性、セッティングの面倒さを我慢できればこれほどよい機材は中々無いかも。

演奏の方も割とうまく行ったので、とりあえず一息つけました。

Kemperしばらく使ってみて その1

Kemperを買って半年近く経ったので大体の感想

 

・音が良い

20万オーバーの機材なので当たり前といえばそうなのですが、流石に音は良いです。

ライン出しすれば非常にクリアでハッキリした音ですが、キャビ出しでもなかなか本物のアンプっぽい迫力があります。

ただ、有名なアンプのRIGが案外イマイチだったりもします。

そもそも、触ったことがない、音を聴いたことがないアンプのRIGを拾ってきても実機と近いかなんて当然わかりません。

実機と近いか、という観点で見るより、実際現場で使いやすい音を色々見て探すのが良いです。

フリードマン、ENGL、CAEあたりのリグはめちゃくちゃ使いやすいなと思いました。

・操作は簡単

PCのエディターが無いので買った当初不安でしたが、実機の操作は簡単なので問題ありません。

しかしAXEやHELIXなどでできる複雑な操作はあまりできないと思ったほうが良いです。

PCとUSBでつないでリグマネージャーを使えばパフォーマンスの名前、順番等は簡単に操作可能です。

 

・運搬は案外楽

5kg越すので重さはありますが、スーツケースなどに他の機材とまとめて入れれば案外持って歩けるなと思いました。

今のバンドではリハに数回持ち込みましたが、接続もシンプルなので(モニターアウトからアンプのリターンに挿せば良い)思ったより気軽に持っていけるなと。

筐体もかなり丈夫に出来てるようなので、ある程度ラフな扱いでも耐えられるようです。