HX Stomp試奏してきました

LINE6の新製品、HX Stompを試奏してきました。

HELIXシリーズのマルチストンプで、シリーズで最も小さく軽い商品。

DSPは減っているものの、HELIXとサウンドクオリティは同じで、300種類以上のアンプ、エフェクトを搭載しています。

 

HELIXは相当いい音なので、同じ音が出るとすればこのカテゴリーのマルチではトップクラスなのでは?

値段は8万弱と結構高価。

 

興味を持ったきっかけは、ライブやリハではKemperを使っていたものの、やはりちょっと重い…ので、リハや本番でも使用に耐えるコンパクトマルチに変えようかと思った事。

ZOOMのG3nも所有しているものの…音はこもりがちで汎用性も少ないので、ちょっと厳しいかなーと。ミニセッションなどでは問題ないんだけど。

とにかく、Kemperと同様までいかなくても音が良くてある程度汎用性が高いというところでこのHX Stompが目に止まった。

 

このHX Stomp、入出力も十分あり、メインアウト(ステレオ)、センドリターン、midiイン・アウト・スルー、フットスイッチ接続端子、ヘッドホンアウトなど。

センドからマーシャル等のリターンに送り、メインアウトでPAに送ることも可能ということで、かなり便利そう。

 

操作感はとても良く、最初戸惑うものの10分も触っていれば大体の操作は分かった。

結構細かいセッティングもでき、アウトプットを2系統に分け、アンプ+キャビのライン用、アンプのみのリターン用と分けたり、フットスイッチに2つのエフェクトをアサインしたりできる。

出力もバランス、アンバランスの切り替えができるようで、DI機能もしっかりしてそう。

スナップショットという機能は全部把握した訳では無いのだがとても便利そうで、パッチの中のエフェクトをまとめて操作が可能と、かなり色々できる。

バンクは3つずつで、少々少ないと感じるものの、まあ必要十分かもしれない。どうしても少ない場合MIDIコントローラーを繋げばいいし。

 

音の感じは…まあHELIXと同じでややLINE6の癖はあるものの、十分使えそうではあった。

といっても、お店の中だったのでかなり小さい音で試奏するしかなく、音圧感やバイト感はちょっと分からなかった。

 

全体的に中々良い感じ、ただ、8万の価格設定は個人的に高く感じた。HELIXファミリーとは言え、ターゲットは主にセミプロ、アマチュアあたりだろうし、他のマルチと比べるとかなり高い。

 

ちなみに在庫はどこにも無いらしく、その店で今予約すれば1月には納品できるが、基本的に半年待ちくらいという事らしい。

個人的には在庫が回るようになって来てその時余裕があったら買うかも…という感じでした。

ギターの弦再考

ギターの弦を何にするか悩み中…

 

音が好みなのはアーニーボールの10〜46なんだが、これはやはり寿命が短い。

弾いたあとに拭いてフィンガーイーズをかけても結局リハとかレコで使うと錆びてしまう。

ダダリオも同じ。ちょい高いNYXLもこの間のライブに向けて張ってみたんだけど…前日リハで錆びてしまい、なんとかフィンガーイーズ等で復活させてライブでは間に合ったが、その後完全に死亡。

寿命長くないじゃん〜〜音は確かに良かった様な気もするが、そこまでいい弦という感じはしなかった。

 

結局ノン・コーティング弦だと手汗ですぐ駄目になるのでエリクサーしか無いのだが…エリクサーのあの硬い感じがどうも苦手。

アーニーやダダリオだと10〜46で良いんだけど、エリクサーの10〜46だとプレーン弦が硬くチョーキングがし辛い。

09〜46を試してみるかな〜でも09ゲージだと細すぎる気もするし、バランス的にどうなんだろうと。

周りは割と09〜46使いが多いのでまあ、一番使いやすいゲージなのかもしれない。

あと、エリクサーのあの鳴らない感じもどうも苦手、というか、鳴りが固い。

 

先日のライブの時、ユニゾンチョーキングで音程が上がりきらずちょっとアレになってしまったので、現実的に考えるとダダリオでも09〜46ぐらいがちょうどいいのかも。

 

今ショッピングモールでこの文章書いてるので、このあと楽器屋見てみようかな。

しかし、Amazonやサウンドハウスでの値段に慣れすぎて普通の楽器屋で弦買う気になれないよね。

サウンドハウスだとダダリオ、アーニーは400円台?Amazonだと500円台かな。でもどちらにせよ安い。

楽器屋だと下手すると750円くらいだからねえ…

 

ただ、エリクサーの3パックセットはなぜか3000円くらいで買えるんだな、ここが謎。

 

そういえばノンコーティング弦だとDR、SIT、R・コッコ、インフェルドあたりは良いですよ。

この辺りの弦は音もいいし、アーニーダダリオと比べて明らかに錆びにくい。

まあ値段はノンコーティングにしては高いけど…SITはそうでもないかな?

 

有名な人だと大村孝佳さん、山本恭司さん、CharさんがSIT使ってるよね。まあいい弦だと思います。DRの方がいいけどね。

AmazonでDR買うかな〜サウンドハウスはデビットカードが何故か使えないので、少々高くてもAmazonを使うことが多いです。

今見たらAmazonでエリクサーは扱っていない?ようで09〜46が見つからなかった。

 

うーん困った…

Kemperをライブで使ってみた

先日ライブにてKemperを使ってみました。

 

中音はマーシャルのJCM2000のリターン刺しでキャビから出る音、外音はモノラルのライン出しでセッティングしたのですが、自分の音がハッキリ聞こえやりやすかったです。

もう一人のギタリストもKemperをライブ直前に購入したそうで、ツインKemperという豪華なセッティング…(笑)

しかもRemote、バッファーとフル装備でした(笑)Remoteは便利そうだけど、可搬性がネックかなぁ。

俺はスーツケースにKemper、シールド、midiケーブル、midiスイッチャーを入れて持ち運んでるので楽ですが、Remoteは大きいので入らないかも。

実際もう一人のギタリストの方はPower RackでRemoteもボードに入れてたので、かなり持ち運びが大変そうでした。

 

対バンさん達はアン直か足元で音作りしてましたが、やっぱフルチューブアンプのほうが音圧はありますね。

Kemperはキレイだけどやや迫力は足りないかもしれません。

 

しかしウチのバンドはボーカル三人、ギター二人、ベース、ドラム、パーカッション、キーボードと9人編成の大所帯だったのですが、こう編成が多いバンドだとKemperのクリアな音は引っ込まないで良いですね。

アン直だとどうしてもアンサンブルに埋もれてしまうことがありますが、ライン出しのクッキリクリアな音は大人数バンドに向いているかもしれません。

逆に小編成だとマイクで拾ったほうが音圧感が出るのかも。今後色々試してみたいですね。

 

後で動画を見てみた時ちょっとバランス的に俺の音が大きい感じでしたが、ギターソロなども多かったのでまあ中々良かったかなと。

ただステレオを想定してディレイなどを作り込んでいたので、ちょっとそこが残念だったかな…

聞くところによるとライブハウスではあまりステレオでやってくれないみたいです。

 

 

ちなみにアウトプットのリンクを解除するとモニターアウト、メインアウトの音量が個別に設定できるので、中音を調整したいとき自分で変えられるので楽です。

外の音量はPAさんに任せて、ちょっと自分の音が聞こえにくいときなんかモニターアウトだけ少し上げることで上手く調整可能かと。

 

パワーアンプ有り無しに関しては、どちらでも良いかな~と思いました。

マーシャルやJCがあればリターンに繋げられるし、どうせ外音はラインで送るので、よっぽどマイク集音に拘らなければパワーアンプ無しでも良いかもしれません。

 

小型マルチに比べるとKemperは重いしセッティングがやや面倒だけど、ライブでは欠かせないアイテムかなと思いました。

HELIXとかも良さそうだけど、結局Kemperより重いので、そう変わらないかな~

 

ただ、最近発売されたHX Stompなんかはかなり良さそうですね。音はHELIXと変わらず、小さくて軽い。

MIDIスイッチャーが繋げられればかなり良いかもしれません。

 

まとめると、ライブで初Kemperでしたが、中々良い感触でした。

可搬性、セッティングの面倒さを我慢できればこれほどよい機材は中々無いかも。

演奏の方も割とうまく行ったので、とりあえず一息つけました。

Kemperしばらく使ってみて その1

Kemperを買って半年近く経ったので大体の感想

 

・音が良い

20万オーバーの機材なので当たり前といえばそうなのですが、流石に音は良いです。

ライン出しすれば非常にクリアでハッキリした音ですが、キャビ出しでもなかなか本物のアンプっぽい迫力があります。

ただ、有名なアンプのRIGが案外イマイチだったりもします。

そもそも、触ったことがない、音を聴いたことがないアンプのRIGを拾ってきても実機と近いかなんて当然わかりません。

実機と近いか、という観点で見るより、実際現場で使いやすい音を色々見て探すのが良いです。

フリードマン、ENGL、CAEあたりのリグはめちゃくちゃ使いやすいなと思いました。

・操作は簡単

PCのエディターが無いので買った当初不安でしたが、実機の操作は簡単なので問題ありません。

しかしAXEやHELIXなどでできる複雑な操作はあまりできないと思ったほうが良いです。

PCとUSBでつないでリグマネージャーを使えばパフォーマンスの名前、順番等は簡単に操作可能です。

 

・運搬は案外楽

5kg越すので重さはありますが、スーツケースなどに他の機材とまとめて入れれば案外持って歩けるなと思いました。

今のバンドではリハに数回持ち込みましたが、接続もシンプルなので(モニターアウトからアンプのリターンに挿せば良い)思ったより気軽に持っていけるなと。

筐体もかなり丈夫に出来てるようなので、ある程度ラフな扱いでも耐えられるようです。

オールドバイオリン、新作バイオリンの鳴らし方の違い

オールドバイオリン、または古いモダン楽器と新作楽器の鳴らし方はやや異なる。

オールドバイオリンは新作の強い楽器と比べると生音がやや弱いように感じるが、ホールなどで正しい弾き方をすればしっかり客席の奥まで音が届く。

 

一般的な新作バイオリンは耳元で聞くと大きな音だが客席の奥まで音が浸透しない事がある。いわゆるそば鳴りの楽器だとちょっと離れただけでも音が減衰してしまうこともある。

オールドバイオリンは空間を響かせるように弾くことで、大きなホールでも十分な音が出る。反面きつくガリガリ弾いてしまうと音が潰れてしまい、音が届かない。

新作の場合はガリガリ弾くのは流石にまずいが、やや圧力を強めにかけたほうが良いケースもある。

 

新作楽器はダイレクトに弦をしっかり鳴らすほうが好ましいことも多い。

 

さてオールド楽器の空間を響かせるように、というと抽象的すぎてわかりにくいかもしれない、ポイントは、

・圧力は弱めだが、弓がしっかり吸い付いている状態で早めに弓を動かす

ということである。

圧力が弱いというと小さな音が出てしまいそうであるが、弓のコシをしっかり使い毛をしっかり吸い付かせる用に弾くと、空間に響くクリアで柔らかい音が鳴る。

 

ある時学生時代の師匠のオールド銘器をレッスンの時に触らせてもらえたことがあった。先生の楽器ということもありこちらも緊張しており、やや硬めの弾き方になってしまったらやっぱり全然鳴らないのである。

こういう300年クラスのオールド・イタリアンは初心者では逆に扱えないということになると思う。反面実力が伴っていれば素晴らしく良い音で鳴ってくれる。(その師匠の音は自分の中で歴代ベストのサウンド)

 

腕にあまり自信が無い人も展示会などでオールド楽器を触らせてもらうといろいろ勉強になると思う。そういう意味では弦楽器フェアなどの場は貴重だと思う。最近は行ってないが…

ワイルドアームズの思い出

ワイルドアームズはプレイステーションで1996年に発売されたRPGゲームで、シリーズ化がされておりゲームは6作目まで出ている(アニメ、書籍などあり)

最新作のXFが発売されて10年ほど音沙汰なく、ディレクターの金子氏がアニメの人になってしまったため(シンフォギア)このシリーズも終わりか~と思っていたところ、スマホアプリでワイルドアームズ・ミリオンメモリーズが発表、配信された。

ミリオンメモリーズはいわゆるソシャゲで、一応アクションという事になっている。(操作はタップ、フリックなどで簡単)ガチャなどもあるが、仲間はストーリに沿って無課金でも増えるという。

また、新キャラクターはあまりおらず、既存のシリーズのキャラクターが多く出るため、シリーズファンにはたまらない内容となっている。

俺も配信開始から毎日ログインしているが、操作に難はあるもののストーリーなどは面白く、これから期待が持てるし、懐かしいキャラクターがたくさん出てくるため嬉しい。別作品のキャラクター同士が会話するのも新鮮で良い。

しかしシリーズを知らない人にとっては面白いのかちょっと疑問で…そもそもシリーズを知らない人がDLするかがちょっと危うい。すぐサービス終了とかならなければ良いんだが。

ワイルドアームズシリーズ自体はFFやドラクエなどの大作系ではなく、かなり濃いファンが多く存在するという感じで、俺もまあそのファンの一人なのだが、結構いろいろ癖が強いんだよね。

そのファンの一人としてシリーズを振り返ってみようと思う。

 

まず前作通して言えるのがオーソドックスなRPGであること、西部劇風の世界設定、音楽が素晴らしく良い事が挙げられる。あと台詞回しのクサさなど。

音楽は本当にすばらしく、なるけみちこ氏が基本的に作曲しているのだが、このなるけサウンドがかなり貢献している。

 

まず1作目だが、これは俺がかなり小さい頃に家族がやっていてそれを見ていた。きちんとプレイしたのはある程度大きくなってからだ。

画質は荒く、今考えると粗い部分もあるものの、ストーリーの良さ、音楽の良さは最初からきちんとある。

メインキャラクターは3人でやや寂しい感じがあるが、それぞれ魅力的で、主人公ロディの終盤のシナリオなどは涙なしでは語れない。

この一作目はファンが多いこともあり、後にPS2でリメイクが発売されている。


音楽の素晴らしさと雰囲気は伝わると思う。(アニメはいまいち)

 

2(セカンド・イグニッション)は名作と名高く、シリーズで一番評価が高いのでは無いだろうか?俺もまあその意見に大体同意できる。好き嫌いはあれど一番まとまってると思う。

2は姉が親からプレゼントで貰っていたのでやってたのだが、あまりの癖の強さに途中でやめてしまったようだった。俺もこのとき小学生くらいなので、そのまま放置していて、結局クリアしたのは中学以降だった。しかし3~4回クリアしてるので、結構お気に入りではある。

主人公が変身ヒーローチックであったり、演出の特撮感などが強く、制作陣の趣味も全開なのだろう。

それとシリーズ他作品と比べると相対的にやや対象年齢が低い感じもする。わかりやすさとも言えるんだけど。

 

2はキャラクターも魅力的だ。英雄が作品のテーマになっており、英雄に憧れる主人公アシュレー、かつて英雄と呼ばれた男ブラッド、身内に英雄(?)がおりコンプレックスを持っているリルカなど、他にも仲間はいるんだけどみんなそれぞれ英雄が絡んでくる。

俺はキャラの中ではリルカが結構お気に入りだった。当時の作品としてはやや萌キャラっぽさが強いんだけど…ドジっ子属性があり、彼女持ちを好きになってしまう不遇さなどが良い(謎)それでもけなげに頑張ってる感じが良かった。ちょうど今ミリオンメモリーズでもリルカのイベントをやっている。

 

終盤のカタルシスも良く、まあやっぱりシリーズの中でも人気がある作品だよね。

 


3(アドヴァンスド・サード)は実はクリアしていなくて…現在進行系で勧めているのだが、やや大人向けの印象。

やはり発売してすぐ買ったのだが、地味な印象がしてしまい続かなかったのだったと思う。しかし今やってみるとなかなかどうして良い感じである。

主人公のヴァージニアは熱血な少女で、正義感が強いあまり周りが見えないようなところがある。シリーズの主人公キャラのなかでもアクが強い。しかし終盤の成長が凄いとの事で期待している。

1~2ではキャラクターごとにオリジナルのスキルがあり、それが中二心をくすぐったのだが、3はそれがなく銃撃と魔法のみである。そういうところがちょっと地味に感じたのかもしれない。

3は最も西部劇感が強く、根強いファンも多い作品である。

 

4(フォース・デトネイター)はやや人気がない、というより一般的に評価が低いのだが、俺は結構好きな作品であったりする。

制作が途中で打ち切られたような詰めの甘さ、消化不良感はあるものの、キャラクターは結構魅力的だ。敵サイドも結構良かったと思う。

この作品から声がついている。しかしフルボイスではなく、戦闘のときくらいしか喋れないのであまり印象に残らない感じではある。

音楽もわかりやすくて結構好きなんだけどどうなんだろうね?全体的にアニメチックな印象があるかもしれない。

この作品の特徴として、仲間のラクウェルというキャラクターが強すぎることが挙げられる。終盤はまさにバランスブレイカーである。裏ボスもやりようによっては一撃で倒せる。

5(フィフス・ヴァンガード)は割と評価が高く、まとまってると思うが、ちょっと今ひとつ地味な作品だと思う。特にキャラクター。メイン三人はともかく他のパーティメンバーはほとんど記憶にない。
これまでの集大成的作品になっており、やりこみ要素も結構あり、システム的にもスキがなくゲームとしては面白かったとは思うのだが、自分はそこまで…なるけサウンドで無いのもちょっと減点。

レベッカというキャラがいるのだが、声優が水樹奈々で、この作品のときちょうど人気が上がってきた頃だったため、主題歌も歌っていてセリフも多く優遇されている。個人的にはあまり声優としては水樹奈々は好きでは無いのだが、まあそれは置いておいて。

ワイルドアームズ初心者が5をやるとちょっとシリーズの印象が変わってくるのではないかと思う。

 

XF(クロスファイア)は全く手を付けておらず、PSPの作品なので今できるかどうかもちょっと分からない。わりあい評価は高かった気がするけど、全くわからないのでノーコメント。キャラクターはミリオンメモリーズには出てくるらしい。

 

とりあえずざっくりシリーズごとに書いてみたが、やっぱり人に勧めるとしたら2かなぁ。

面白さで言うと、2≧1>3>5>4くらいでしょうか。

ちなみにワイルドアームズらしさで言うと1>3>2>4>5となる。

 

一度もワイルドアームズをやったことがないという人は是非PS2を買って2をやってみてほしい。今ならWindowsのエミュでも出来るし、ソフトは100円で買えるしオススメ。

ミリオンメモリーズが好評で2がリメイクとかなったら嬉しいんだけど…流石にあまり期待できないかな…

街乗り用にGIANTのMTB買ったよー\(^o^)/

ロードバイクが自分の生活スタイルに合わないと気づき、結局街乗りプラスアルファ程度の距離をGIANTのESCAPE RX3で乗ってたのだが、流石にフレームサイズの窮屈感やアルミ独特の硬さがしんどくなってきた。

まあもともとRX3は親父殿の自転車だし、自分の自転車が無いわけで、なんか買おうかなーと思っても同じクロスバイクってのも芸がない。

今のRX3とかはケーブル内装になったりGIANTのロゴがスタイリッシュになってたり結構進化しているのだが…いかんせん代り映えしないだろうし、コンポやブレーキ類もグレードダウンということになるのであまり気乗りはしなかった。

 

しかし、ロード乗りの人が街乗り用で気軽なMTBに乗ってるという記事を見たり、車のディーラーにイカしたMTBが置いてあったりと言うのを見て、

「MTBアリじゃね?」という気分になってきた。

本来MTBは山を走る設計で太いブロックタイヤ、サスペンションなどが搭載されているが、

日本の道路状況を考えるとロードバイクのほっそいタイヤよりもある程度クッションがあったほうが快適なのでは?と思うように。

ピストも選択肢にあったが、実用性は皆無だろうし、MTBのゴツさも見てみるとこれはこれで良い。

それでいてママチャリよりは当然速いだろうし、なんだMTBちょうどいいじゃんと言うことで近所のあさひで物色。

 

まず目に止まったのはビアンキのKUMAとメリダのあさひコラボ。

メリダの方はややコンポが良かったが、ビアンキは前後ろターニーで、しかもブレーキはVブレーキ。

うーん性能的にはVブレーキでもいいが、見た目がちょっとね〜〜

しかもビアンキはSサイズのみでちょっと小さい。

メリダはサイズがあるが、あまりにパッとしない見た目だったのでこれはナシ

 

とりあえず保留にして別店舗のあさひに行ってみると、GIANTのATXを発見。

これは前後のギアはターニーで、クランクはプロホイールなど完全に安物グレードであるが、ブレーキはディスク。

機械式のテクトロなのでまあ安物ではあるが、Vブレーキよりは格好がつく。

見た目も白にアクセントの赤が入っていて中々格好いい。

乗ってみると以外に加速が効く!ブロックタイヤで太いから遅いかと思ったが、タイヤの経が27.5とやや大きいのもあってか、結構軽快に走る。

 

ビアンキに後ろ髪惹かれる感じはあったが、やはり安心と信頼のGIANTということで、その場でATXお買い上げ。

 

メリダもそうなのだが、GIANTなどの台湾メーカーの自転車技術は素晴らしいものがあり、

コスパだけで語られそうな所もあるがメリダはバーレーン・メリダに機材提供したり、GIANTはプロペルなどの最速ロードを開発してたりと、ブランド的にも強い。

 

今までもGIANTに乗ってたのもあり、やっぱり安心感はあるよね。

 

全体図、中々バランスよくまとまっている。

 

フロントサスは鈍重な印象を与えがちだが、よくよく見ると機能美を感じさせる。ブロックタイヤも街乗りでは必要ないが、ロマンがある。

 

ディスクブレーキの造形美。機械式というのが惜しい…

よくよくみたらトレックのマリーンというMTBは6万ちょっとで油圧ディスク、コンポも良いものがついていた。検討して問い合わせてみたところ納期がかかるということで断念したのだが、まあ街乗りでそんなスペック必要ないしね…だがディスクブレーキは譲れない。

 

メカ類はターニーで全く期待してなかったが、あんがいスパスパ気持ちよく変速するんだな。昔のハイスペックより、新型のロークラスということなのだろうか。

 

 

サドルは結構良く、安物感も無い。

 

早速サイコンとライト、ベルを付ける。サイコンはまあ必要ないくらいだが…ちなみにこの位置は見にくいので今は変えています。

 

まあ結局、街乗りで求められるのは性能云々より見た目のカッコよさ、カスタムのこだわりによる見栄など、そっちの方向が求められるわけで、その面で考えるとこのATXは中々良かったのではないかと思う。値段も安いしね。5万そこそこで買える。

 

カスタムするとすれば…タイヤぐらいでしょうか。街乗り用にセミスリックにするのもありっちゃありだが、ちょっとかっこ悪くなるかもね。

 

1週間以上乗ってみて感じるのは乗り心地の快適さ、加速の良さ、基本性能のしっかり感が挙げられる。

加速性はかなり思った以上で、サイズの恩恵もあるんだろうが(Mサイズ)かなり早い。反面最高速はあまり出ず、かなり頑張って30km/hをキープできるという感じ。まあスピード出す自転車では無いが、案外スムーズには走れるという印象。

サスと太いタイヤで恩恵を受ける乗り心地は快適そのもの。案外街乗りしてると段差、路面のギャップが多く、ロード・クロスだとヒヤリとする場面があるが、全くそういう怖い感じは無い。これが最大のメリットだと思う。(クロスバイクでギャップで転んで大怪我している)

クロスバイクでは最高速がもうちょっと出るが、バランスはMTBのほうが良いかも…

 

一時期みたいに毎日遠くに自転車乗ってって生活に戻る気はないが、普段遣いする自転車としては最適だと思う。

カゴを付けたらもっと便利だが…流石にそれはちょっとね〜