MIDIキーボード買いました

さっきデスク周りの紹介の記事を書いた時にMIDIキーボード買おうかな…と書いていたのですが、記事を書いているうちにDTM欲が出てきて、MIDIキーボード買ってきちゃいました。

 

MIDIキーボードがデスクにあるだけでそれらしくなりますね。

このMIDIキーボードはM-AUDIOのKEYSTATION49というUSBバスパワーのシンプルなタイプのものです。まあ簡単なフレーズを弾いたり、シンセの音を打ち込んだりするだけなので、十分です。

なんとハードオフのジャンクコーナーで見つけました(笑)3000円。ジャンクで3000円はちょっと冒険ですが、まあそんな壊れる物でもなさそうなので行ってみました。もちろん普通に使えましたよ。

 

これで環境は整ったのでどんどん作曲しますぞ~~

Yuuki’sスタジオ 模様替えしました&機材の紹介【デスクトップ周り】

自室件スタジオを模様替えしました。

まあスタジオと言っても、デスク周りだけですけどね。

デスクの隣にラックを置いて、さらにその脇にモニタースピーカーを配置。

 

反対側は音楽鑑賞など休憩時間に使うソファ。革張りで高級感があり気に入っています。

 

デスクはこんな感じ。普通にWindowsのセットとオーディオインターフェイス、ヘッドホンなど。ヘッドホンのスタンドは100均のバナナスタンド(笑)

最近作曲のモチベーションが下がっていてMIDIキーボードを置いてないのですが、やっぱりあったほうが何かと便利ですねー、近々また買おうかな。

オーディオインターフェイスにはKemperのラインアウトがステレオで入ってきています。Kemper導入してから録音は全部Kemperを通しています。リアンプ機能は使わないでそのまま録音するのがほとんどです。

スピーカーはYAMAHAのMS-2500S。謎のスピーカーなのですが出音がモニターっぽい感じだし、MSなので多分モニタースピーカーなんだろうということでこれをモニターとして使っています。まああんまり大きな音は出せないし、MIXを詰めるときなんかはモニターヘッドホンを使ってるので、バランスを見るくらいですね。あとは音楽鑑賞に使ってます。

 

スタンドにかかってるヘッドホンはSENNHEISERのHD650。これは最高ですねー、観賞用ですが、本当に音がいいです。これで作業してしまうとなんでもいい音に聴こえてしまうのでモニターには使えませんが…

 

右のラックです。上段にKemper、その下にモニタースピーカー用のプリメインアンプ、一番下がWindowsの本体となっています。

Kemperはやっぱ最高ですね。これでギターの音に対する不満は完全に無くなりました。一度バンドのリハでスタジオに持っていったんですが、運搬が大変&セッティングにやや時間がかかるので、家練習&レコーディング用にしています。本当にクリアでハイファイな音ですねー。

 

真ん中のプリメインアンプはマランツのやつです。スタジオ用でなく普通の民生用なのですが、中々良いです。最近のデジタルアンプと比べると解像度などで劣りますが、なかなか太い音でいい感じ。ヘッドホンアウトがとても良いです。オーディオIFのRUBIX22はモニター的で正確な音なのですがややレンジが狭く、このマランツに通すとグワッと広がって温かみのある太い音になります。

 

Windowsはこの間自作したRYZEN機です。最初の頃より安定してきたかな?まあ普通のWindowsですね。ケースがガラスパネルになっていて中の配線などが見えるのがこだわりです。

 

手前のギターはメインギターのSuhrです。最近バンドもやってるので弾く機会が多いですねー。信頼できる頼もしいギターです。しかしボリュームポッドが調子悪いので、この後修理します…

 

足元にはKemper操作用のMIDIフットスイッチを置いています。BOSSのFC-50ですね。中古で3000円で買いました(笑)まあ普通に使えています。BOSSのスイッチは堅牢性があっていいですね。

 

ヘッドホン達。左上のFidelio M2BTは音は良いもののBluetoothと上手く繋がらなかったり、イヤーパッドがベロベロに剥がれて残念な感じ…

その下はオーディオテクニカATH-A900、名機ですね。あんま使っていませんが、音量が取りやすいのでミニプラグ端子しかないスマホやレコーダーの音を聴いたりしています。

右上はAKG K240S。唯一のモニターヘッドホンですね。これをRUBIX22に繋いでモニターしています。まあモニターの音ですね。

右下はJabra MoveというBluetoothヘッドホン。結構丈夫だし音もよく電池持ちも良い!電車に乗るときに使っています。

 

こんな所ですね。

最近は自作の曲はあまり作っていないでカバー動画を作ったり、バンドの練習ばかりですが、自作曲の制作もしていきたいですね、そろそろモチベーションを上げないといけないかな~と思っています。

カバー動画もいまいちな感じで、自分の成長にはつながると思うんですがあまりに再生されず…(涙)辛いのでやめようかなーとも思っています。

 

まずはmidiキーボードを買うところですかね~~

 

ということでデスク周り、自室件スタジオの紹介でした。

高音質オーディプレイヤー Audirvana Plus3の紹介

Macで音楽を聴く場合、多くの人はiTunesを使っていると思う。

iTunesは視覚的に優れており、直感的にも操作しやすいが、音質の面ではあまり良くない。

Windowsでは特に顕著で、Macのほうがやや音は良い。

 

音質の面で良いソフトはWindowsではFoobar2000などがあるが、Mac環境の場合Foobar2000は使えない。

 

Macの場合、特にiTunesを普段使っている人に音質的におすすめなのが、Audirvana Plus3である。

 

有料(74ドル)で、インターフェースも一見とっつきにくいので戸惑うが、音がとても良い。

もちろんハイレゾ音源対応である。

疑似ハイレゾ、アップコンバートも可能なので、手持ちの音源もグレードアップして聴くことができる。

 

私の設定。これでCD音源を24bit 192kHzの疑似ハイレゾにアップサンプリングして聴いている。

 

15日の無料体験版があるので、興味がある人は試してみると良いと思う。

設定の所は人によって環境が違うので割愛。

 

基本的にUSB DACやオーディオインターフェースなどの環境が整っている人向けなので、オンボードで聴いている人はまずDAC環境を整えたほうが良いと思う。

 

逆に環境が整っていてiTunesでは勿体無いと思うので、そういう人は是非試してみて欲しい。

 

iTunesではFLAC等の音源は再生できないが、Audirvana Plus3なら再生可能なので、Windows環境から移行した人にもおすすめできる。

 

iTunes Integrated Modeといって、iTunesのライブラリで操作して音の処理をAudirvana Plusで行うモードもある。こちらが結構便利かなと思う。下のプレイヤーのインターフェースが特徴的で、DACでアップサンプリングをしている表示が出ている。

 

音の感じは通すと開放感が増し、クリアで奥行きが出る感じである。google play musicなんかとは雲泥の差(当たり前)

mp3音源なんかでも、アップサンプリングすると結構良くなる。

 

以前はmacのサウンドドライバを通さない設定が出来たのでより高音質だったが、macOSの仕様上、そういうふうには出来なくなったようである。しかし十分音は良い。

 

私はWindows時代に貯めたFlac音源があるのでiTunesを通さない使い方をしているが、この場合プレイヤー側で曲情報の変更などが出来ないため、曲情報タグをいじる場合iTunesから行わないといけない。この辺りはやや不便。

オリジナルのライブラリが見にくい&使いにくいため、基本的にはiTunes Integrated Modeで使うのが良さそう。

 

HD650を購入してから音楽をよく聴いているが、やはりいい音で好きな音楽を聴くのは良いですね。