今Ryzenがアツい!

インテルCPUが品薄でAMD・RYZENがBTO、自作の主流になっているとのウワサ。

インテルのi7は3.6GHz、8コア8スレッドで5万近い値段が付いているが…

対抗馬のRYZEN7は3.7GHz 、8コア16スレッドで3万後半と大分お安くなっている。

 

この間、アキバの某ゲーミングBTOPC専門店で店員さんに色々聞いた所、

インテルが高いというより後発のRYZENが安く、ゲーミング用途では断然RYZENがオススメ

とのことだった。

 

RYZEN CPUは基本的にGPU非搭載だが(俺が自作したRyzen3 2200Gは例外)PCゲームをする人は必ずグラボは導入するため、ゲーミング用途ではRYZENはぴったりらしい。

逆に、映像制作やオフィス用途だとインテルの方が良いらしい。

 

俺が2200Gを自作したときは不具合が多すぎて、やっぱりインテルか~~と思ったが、そのあとRYZENで不具合が出るとあまり聞かないので、俺の場合個体差?だったのかもしれない。

 

そう考えると、俺はゲームはギャルゲくらいしかやらないが、動画編集、写真加工は結構するので、やっぱりインテルの方がいいんじゃん…

 

インテルの値段が落ち着いてきたら今度i5で自作するかな😆

E-WIN ゲーミングチェア ファーストインプレッション

おととい注文したE-WINのゲーミングチェアが届きました。

動画

箱の写真をうっかり取り忘れ…ましたが動画は撮っていたのでよければそちらを。

Youtuberっぽい感じで編集してみました。

WindowsのAviutlで編集してたんだけど、倍速の所が重て~😖RYZEN3じゃ動画編集は力不足感ですね。

まあ、倍速の所以外は許容範囲なのでこのスペックでしばらく頑張るとして…

組み立て

組み立てはめっちゃ簡単でした。

動画に気を取られて写真あまり撮ってませんでした…😅

 

アームレスト、ランバーサポートなどは最初からセッティングされていて、キャスターのコロコロを差し込み、座面とキャスターの間の金具を六角ネジで止めて、背もたれと座面を六角ネジで固定すればOK。

ネジも付属の六角レンチで数箇所止めるだけだし、カンタンカンタン。説明書も分かりやすいし、30分くらいで組み立てられました。

 

 

座り心地、質感など

組み立て終わって座ってみると中々いいフィット感。高級感があるとまでは言えないが、安っぽくは無い。

合皮だけど、座面など蒸れやすいところはパンチングがしてあり通気性も良いと思われる。

 

アームレストも3Dで、上下、前後、左右の角度調整が効いて中々良い感じ。

リクライニング機能もバッチリで180度倒れる!仮眠出来そうな感じで👍

 

あとこのメーカーが推してる前傾機構はかなり良い。背もたれが結構前傾するので、つい画面を前のめりで見るときもしっかりサポートしてくれていい感じだし、

勉強したり絵を書く人にはとても良さそう。

 

長時間座ったときの疲労感などはまだ分からないが、全体的にしっかりしてるし、中国製を感じられる雑さも無く、

安い組み立て式の家具を買うと大体作りが悪くて辟易するが…このE-WINのゲーミングチェアに関しては中々しっかり丁寧に作られてると思った。

 

そうそう、ギターは問題なく持てました。

アームレストを後ろに下げれば全然違和感ないので、これは好印象。

 

総評

ファーストインプレッションとしてはかなりいい感じ。店頭で座ったDXRacerやAKRacingのチェアと同じような感触で、値段もかなり抑えられているので、かなりオススメできます。

今はE-Sports全盛期でPCでゲームをする人はかなり多いと思うし、ゲーミングチェアの需要もかなり高まってる所だと思うけど、有名ブランドのゲーミングチェアはちょっと手が出しづらいと思ってる人は結構多いはず。

Amazonなどで安いメーカーは増えているが、玉石混交でどれが良いか分からない、という人にはE-WINのゲーミングチェアはオススメ。

実際、ウェブで検索してみて結構評価が高いようなので購入しましたが、確かに特にこれと言って悪いところも無く、機能も充実してるのに3万以下の値段設定はありがたい。

同ブランドのゲーミングチェアは数種類あって、

 

女性向けの低座面、コンパクトモデル

 

機能がシンプルでコストパフォーマンスに優れたCLシリーズ

 

などがあるが、値段の振り幅が小さいので好きなのを選ぶと良いと思います。ちなみに俺が買ったのはCPというシリーズの2018モデル。

一応レギュラーラインになるのかな?

 

DXRacerなどの上位モデルに匹敵する機能性と快適さを持ちながら、コストパフォーマンスに優れ、全体的にしっかりとした作りで好印象でした。

 

以上、E-WINのゲーミングチェアのファーストインプレッションでした。

Yuuki’sスタジオ 模様替えしました&機材の紹介【デスクトップ周り】

自室件スタジオを模様替えしました。

まあスタジオと言っても、デスク周りだけですけどね。

デスクの隣にラックを置いて、さらにその脇にモニタースピーカーを配置。

 

反対側は音楽鑑賞など休憩時間に使うソファ。革張りで高級感があり気に入っています。

 

デスクはこんな感じ。普通にWindowsのセットとオーディオインターフェイス、ヘッドホンなど。ヘッドホンのスタンドは100均のバナナスタンド(笑)

最近作曲のモチベーションが下がっていてMIDIキーボードを置いてないのですが、やっぱりあったほうが何かと便利ですねー、近々また買おうかな。

オーディオインターフェイスにはKemperのラインアウトがステレオで入ってきています。Kemper導入してから録音は全部Kemperを通しています。リアンプ機能は使わないでそのまま録音するのがほとんどです。

スピーカーはYAMAHAのMS-2500S。謎のスピーカーなのですが出音がモニターっぽい感じだし、MSなので多分モニタースピーカーなんだろうということでこれをモニターとして使っています。まああんまり大きな音は出せないし、MIXを詰めるときなんかはモニターヘッドホンを使ってるので、バランスを見るくらいですね。あとは音楽鑑賞に使ってます。

 

スタンドにかかってるヘッドホンはSENNHEISERのHD650。これは最高ですねー、観賞用ですが、本当に音がいいです。これで作業してしまうとなんでもいい音に聴こえてしまうのでモニターには使えませんが…

 

右のラックです。上段にKemper、その下にモニタースピーカー用のプリメインアンプ、一番下がWindowsの本体となっています。

Kemperはやっぱ最高ですね。これでギターの音に対する不満は完全に無くなりました。一度バンドのリハでスタジオに持っていったんですが、運搬が大変&セッティングにやや時間がかかるので、家練習&レコーディング用にしています。本当にクリアでハイファイな音ですねー。

 

真ん中のプリメインアンプはマランツのやつです。スタジオ用でなく普通の民生用なのですが、中々良いです。最近のデジタルアンプと比べると解像度などで劣りますが、なかなか太い音でいい感じ。ヘッドホンアウトがとても良いです。オーディオIFのRUBIX22はモニター的で正確な音なのですがややレンジが狭く、このマランツに通すとグワッと広がって温かみのある太い音になります。

 

Windowsはこの間自作したRYZEN機です。最初の頃より安定してきたかな?まあ普通のWindowsですね。ケースがガラスパネルになっていて中の配線などが見えるのがこだわりです。

 

手前のギターはメインギターのSuhrです。最近バンドもやってるので弾く機会が多いですねー。信頼できる頼もしいギターです。しかしボリュームポッドが調子悪いので、この後修理します…

 

足元にはKemper操作用のMIDIフットスイッチを置いています。BOSSのFC-50ですね。中古で3000円で買いました(笑)まあ普通に使えています。BOSSのスイッチは堅牢性があっていいですね。

 

ヘッドホン達。左上のFidelio M2BTは音は良いもののBluetoothと上手く繋がらなかったり、イヤーパッドがベロベロに剥がれて残念な感じ…

その下はオーディオテクニカATH-A900、名機ですね。あんま使っていませんが、音量が取りやすいのでミニプラグ端子しかないスマホやレコーダーの音を聴いたりしています。

右上はAKG K240S。唯一のモニターヘッドホンですね。これをRUBIX22に繋いでモニターしています。まあモニターの音ですね。

右下はJabra MoveというBluetoothヘッドホン。結構丈夫だし音もよく電池持ちも良い!電車に乗るときに使っています。

 

こんな所ですね。

最近は自作の曲はあまり作っていないでカバー動画を作ったり、バンドの練習ばかりですが、自作曲の制作もしていきたいですね、そろそろモチベーションを上げないといけないかな~と思っています。

カバー動画もいまいちな感じで、自分の成長にはつながると思うんですがあまりに再生されず…(涙)辛いのでやめようかなーとも思っています。

 

まずはmidiキーボードを買うところですかね~~

 

ということでデスク周り、自室件スタジオの紹介でした。