Ryzenマシン1週間後

Ryzenマシンを組み立てて1週間が経ち、大分安定動作するようになりました。

 

しかし、ブログにも書いたが最初の数日はトラブル続きで、もしかしたら失敗した?という感じだった。

まず音切れ。オーディオインターフェースのRubix22からの出音がひどくブツブツ言う現象。

これは電源オプションの見直し、ASRockユーティリティでパフォーマンスモードにすることで改善。

なんでもパフォーマンス重視にすれば良いというものではなく、一部省エネ設定にしたほうが良かった。とにかく色々いじったら治ったという感じ。

 

Youtubeで動画を再生しながら別タブに移動し、ブラウジングをする際に、動画のタブに戻ると動画がフリーズするという現象にも悩まされた。

これは結構何日も悩まされ、不調のHDDを外したり、ファンコントロールをいじったりしても治らず、結局ブラウザをFirefoxにしたところ改善。

Chrome、Vivaldiでだめだったため、Chromium系との相性問題だったのと思われる。

 

しかし安定動作すると中々良い感じ。動画編集、エンコード、DTMなどは思ったより軽く動くし、CPUの温度もアイドル時29度程と良好。

ケースが割とエアフロー重視なのと、リテールファンの性能が良いようである。

インテルのCPUはリテールファンだとうるさかったりするが、AMDのファンは割と良いですね。

しかしケースファンが3ピンなのもあり、ファンコントロールが効かなくうるさい。

 

重いゲームはやらないが、FF14ベンチは720pでやや快適と、まあ遊べなくはない性能。しかし快適にストレスなくやるんだったら1050tiくらいのグラボは入れたほうが良いかも。

紙芝居系のAVDゲームはフルHDでも快適。まあグラボが必要なADVゲームって無いんじゃないだろうか。

 

そういえば、組み立てる時にパーツを選定する際、メモリが異常に高い事に気がついた。以前は8GB×2でも一万円程だったが、今は倍以上になっている。グラボも高騰気味で、何かと思ったら仮想通貨マイニングのブームの影響らしい…中国人が買い占めてるらしく在庫が無いそうで。

 

GTX1050tiも15000円程だったのが2万を超えている。このタイミングでグラボは買いたくないが、いつ落ち着くかもちょっとわからない状況。

 

Ryzen3 2200Gはちょっと前のi5並の性能と言われるが、確かにそんな感触。普通の作業で固まることはまず無いし、負荷をかけて不安定になる様子もない。設定を詰めたらかなり快適という感じ。

しかし自作慣れしていないとやや厳しいかも?トラブルが起きた時に自力でどうにかできない人には厳しいと思う。2万ちょいでi58400が買えるし、わざわざRyzenを選ぶのは面白半分くらいでないと。私はRyzenが出たときからやや気になっていたので、今回のようにコスパの良いPCが組み立てられて満足。

 

インテル i5の内蔵グラフィックだとADVのフルHDも厳しいし、このRyzen3の内蔵グラフィックはとても良い感じ。でもモニター4Kは流石に厳しそう。

 

しかしRyzen3 2200Gを本当におすすめ出来る人はどんな感じだろう?3Dゲームをやる人は結局グラボを最初から買うだろうし、i5 8400に1050tiがそういう人には良さそうだ。私みたいにADVしかやらない人はまあ、おすすめしても良い気がするが、最初の不安定さを考えるとやや勧めにくい。結局AMDは物好きにしか勧めにくい感じではあります。

Ryzen機その後2

昨日作ったRyzen機だが、動画再生時にやや難あり。

Youtubeでは映像が固まる、音と映像が合わないなど。

Dアニメストアは問題なく再生できた。

 

昨日はさんざん音で悩まされたが、音飛びはとりあえず落ち着いたようだ、ブラウザの読み込み時にややブツっという時があるが…

アマゾンのレビューで2400Gの方に、動画再生で固まるが、数日したら治ったとの報告がある。

Rubix22との相性も良くないかも。バッファーの設定がシビアなようである。

 

今の所あまり良くはない感じ、タブを大量に開いても大丈夫など、インテルCPUとは違う面で快適だが、変なところで不安定。

 

しかし、以前のインテル機はグラボも入れてたので、こんなもんかも。

 

あとやはりモニターの解像度がフルHDだと荒いのが気になる。macのRetinaや4kと比べるとやはり…

 

とりあえずDTMも出来るように、Cubaseを入れてみた。本当はMacでDTMしたいが、ストレージが余裕ないので。

明日はAviultの設定をするつもり。今日も先程からやっているのだが、プラグインの配布元がアクセスできない。なので明日もう一度アクセスしてみる。

 

今自作する人はi5 8400にしておいたほうがいいかもしれない。好奇心でRyzenにしてみたが、この設定の煩わしさとかが好きな人じゃないと厳しいかも。

Ryzenマシンその後

今日組み立てたRyzenマシンは特に問題なく動いている。流石に自作も慣れてきたのだと思う。

ちょっと困ったことと言えばオーディオインターフェースの音飛び。Rubix22をそのまま繋いでドライバを入れたら音飛び祭り。これは酷いと言う状態だったがコントロールパネルをいじってもどうにもならない。

これじゃDTM出来ないよ〜と思ったが、ふと電源オプションをいじってみたら正解だった。

電源オプションで省エネ設定になっているとサウンドドライバ系に影響が出ることが多い。デスクトップで省エネにしていても良いこと無いので、高パフォーマンスモードにした方が安定する。

しかし音楽再生しながらブラウザのタブを切り替えたりするとブチッと言う感じ。相性問題かもしれない。

 

やはり全体的にもっさりした音である。オーディオインターフェースは一緒なのに、どうしてこんなに違うんでしょうね…

 

しかしこれでWindows、MacBookPro、iPad、iPhoneXとガジェットづくしである。役割分担を決めないと使わないデバイスが出てきてしまう。

 

思いつく役割としては、

Windows ブラウジング、ゲーム、動画編集

Mac DTM、音楽再生、ブログ執筆

iPad 外出先、または家の中で移動したときのブラウジング、ブログ執筆

 

音の面ではどうしてもWindowsを使う気になれない。音のいいMacがあるならせっかくならMacで音に関する作業をすべきである。

動画編集はAviutlがないと仕方がないのでWindows一択。Ryzen3は動画編集、エンコードなどはどうなんでしょうね。

 

まあとりあえず、相当久しぶりにAMD自作ということで不安だったが、過去最高にスムーズに出来た。

Ryzenはi5並に速いが、たまにアプリ立ち上げのときに引っかかるような挙動をするのが気になる。インテルとAMDの違いかもしれない。

はじめは引っかかるものの、アプリを複数起動してブラウザのタブを開きまくっても負荷があまりかからない。マルチタスクに強いのかな。

 

i5 7500の時は、ブラウザがネックで、Chromeと他の作業を同時にするのがやや厳しい感じがした。しかしRyzenはアプリを起動した後の安定感が良いような気がする。

 

Macから完全にメインにできるかと言うと微妙…音がやはりネック。

明日はMac環境をもう一回見直してみます。