俺とパガニーニ

ヴァイオリニストの憧れ、というか、特別視されてる存在にパガニーニがいるわけだけど、俺もパガニーニには思い入れが結構あるわけで。
高校卒業する頃にはテクニック的にパガニーニの曲が射程範囲内だった。ので手を付けてみたのだが・・・

普通の難しい、テクニカルな曲とワケが違うんですよね、パガニーニ。

なんというか…普通の曲に出てこない特殊技法がバンバン出てくるわけで、それで挫折する人(パガニーニを)もかなりいるんじゃないかと思う。

そもそもパガニーニの曲が弾けても

すごい!

って言われるだけであって、音楽的にすごく素晴らしい、かつ重要なわけでもないんですよね…パガニーニ。

これがイザイとかだと音楽的にも重要で、ヴァイオリニストとしては是非勉強したほうがいい範疇になるんだけど、パガニーニは別にやらなくてもいいわけ。

 

でも俺はどうしてもパガニーニ弾きとして認められたかったので、まずカプリースを攻略することから始めた。

パガニーニの24のカプリースは一応、エチュードということになってるんだけど、普通のエチュードではなく、パガニーニの曲に出てくる変態技巧の練習って感じになっている。

 

とっつきやすいのは1番、9番、16番、24番、21番、5番あたりかな?とっつきやすいと言っても激ムズで普通のレベルじゃ歯が立たないが、とりあえず他の曲はもっと異次元なので、このあたりをコツコツこなしてみるといいと思う。俺もそうした。

 

でヒイヒイ言いながらカプリースをやってるとまあ、パガニーニの曲の雰囲気はつかめてくるかと思う。

そうするとConcerto No1あたりに手を出してもいいかなーと言う感じ。

コンチェルトの一番はまあゴリゴリの超絶技巧曲ではあるが、まだカプリースほど鬼畜では無い気がする。(3楽章以外)

3楽章はダブルストップ・ハーモニクスという変態を極めたようなテクニックが出てくるので、これを攻略するのは非常に大変なんだが…まあカプリースを何曲かこなせる人ならなんとかなると思うよ。

 

かくいう俺もダブルストップハーモニクスはどうも苦手で、3楽章は未攻略である…

 

その他にもNel Cor Piu~やGod Save King~など変態曲がたくさんあるのだが…

パガニーニは自分の曲を秘密にしたがってたみたいで、大部分の作品が残ってないんだよね。

だから作品数がそもそも少ない。ドマイナーな曲も少しは残ってるんだけど、やっぱり作曲家としてはそこまでじゃないんだよね。

 

そもそもパガニーニ弾きって、すごいとは思われると思うが、そんな尊敬されるような存在でも無いような気がする…どちらかというと変態と思われてるような…

普通のプロのヴァイオリニストも手を付けない領域なので、わざわざパガニーニ弾きになるのって真性のドMかもしれない。

 

まあでも、やっぱりパガニーニ弾きたいよね?え、弾きたくない?

この人は純粋培養されたパガニーニ弾き。パガニーニコンクールも優勝してるし。

ツィマーマンくらいになると簡単なのかもしれない。

三浦文彰も昔はよくパガニーニ弾いてたみたいだが、路線変更したのか最近は弾いてないみたい。

 

俺は最近はそんなでもないが、一時期アホみたいにパガニーニばっかり弾いていた。コンサートでもカプリース21番を良くプログラムに入れていたし、まあパガニーニ弾きと思われたかったんだが…少なくとも身内からはそういう風に思われてるかもしれない。

でも結局指の構造とか関節の柔らかさとかそういう要素も合わさって、真のパガニーニ弾きにはなれないような気がしている。練習不足といえばそうなのだけど、やっぱりパガニーニばっか一日数時間やるのは厳しい。10時間以上パガニーニばっか練習して、それで弾けるようになるかも謎だし。

中途半端にパガニーニが弾ける人くらいで落ち着いてしまってる気がする。いかんなぁ。

Josef RissinによるSergey Khachatryanのレッスン動画

以前このブログでもSergey Khachatryanを紹介している。そのSergey Khachatryanが学生時代(?)に名教師Josef Rissin(ヨーゼフ・リシン)にレッスンを受けている動画が中々良いので紹介します。




1~3の途中まではショーソンの詩曲、3の途中~5までがワックスマンのカルメン幻想曲のレッスンである。

はっきり言って上手すぎ。10代後半の頃だと思うが、もう先生を超えちゃってると思う。しかしJosef Rissin先生のアドバイスも流石という感じ。

Josef Rissinはプレイヤーとしてはそこまで有名ではないが、何枚かCDを出している。パガニーニコンクール、エリザベートコンクールで入賞歴あり。

名プレイヤーというよりも、名教師として有名である。音大でレッスンもしているようで、各地で若手演奏家向けのマスタークラスも行っているようである。

 

Sergey Khachatryanはこの頃は今よりも尖った演奏で、ちょっとE線ハイポジションなどは派手すぎる感じもする。しかしカルメンを弾き終わったときなんかは凄すぎて、ピアニストと先生が思わず笑っている。このレベルでカルメンを弾ききるのは凄い。

こういった天才系の演奏家は10代~20代の時は派手な表現をしていることが多い。私のお気に入り演奏家のLeonidas Kavakosなんかも若い時は凄い。

この動画の時は20代中盤だろうか?ヒゲが濃くあまり若い印象は受けないが、年代的にはそのくらいのはず。

ちょっと音程外れちゃてるときもあるが、まあパガニーニだし、こういう演奏も良い。若くないとできない演奏だと思う。

 

Sergey Khachatryanはなぜかレッスン動画や若いときの動画がYoutubeに多く、見ていて面白い。

Frank Peter Zimmermann(フランク・ペーター・ツィンマーマン)&Ysaye Violin Sonata No.3, Op.27-3 “Ballade”

フランク・ペーター・ツィンマーマンはドイツ出身の実力派ヴァイオリニスト。人気、実力ともにトップクラスのヴァイオリニストである。

凛々しく、端正な演奏が特徴的。テクニックもずば抜けて安定しており、聴いていて気持ちが良い。

 

このイザイの無伴奏・ヴァイオリン・ソナタ3番はイザイの曲の中でも特に演奏されることが多く、テクニック的にも難しいが、曲調的にわかりやすく、演奏会映えする曲である。バラードとも呼ばれる。

上手な音大生、高校生くらいが弾くことが結構多いと思われる。

私も高校生くらいの時に演奏会で弾いたことがあるが、結構音程が取りづらく、楽器がやや鳴りにくい曲で苦労した。最近も練習はしているのだが、やはり難曲なのは間違いない。

あまり丁寧すぎて硬い演奏になってしまうとこの曲の味は出ず、弾き飛ばしてしまうと何をやっているのかわからなくなってしまう。ある程度の勢いを保ちつつ、しっかりと鳴らして弾くのが重要だと思われる。

 

上の動画はツィンマーマンが割と若い時の録音で、音質があまり良くないが、とてもいい演奏だと思う。

ツィンマーマンはイザイの無伴奏・ソナタを全曲録音している。これが中々の名盤である。