Kemper備忘録

必須の設定

・アウトプットメニューからモニターアウトのキャビシミュをオフにする

→ライブなどでメインアウトの外音ライン信号はキャビシミュを通り、中音のモニターアウト→キャビからはキャビシミュを通さない音が出るため自然な音になる

(キャビシミュを通した音をキャビから出してしまうと聞くに堪えない音になる)

 

・アウトプットメニューでモニターアウトリンク、ヘッドホンリンクを解除する

→メインアウト、モニターアウト、ヘッドホンアウトをそれぞれ違う音量で設定できるようになるため、バランスを取りやすくなる。

 

お好みでやるといい設定

・アウトプットメニューよりモニターアウトEQを調節する

→モニターアウトにのみグローバルEQをかけることが出来る。

キャビから出すとメインアウトより低音が出てしまうので、主にミドル・ベースを下げ気味に調節すると良い。

 

・トランスポーズ(チューニング下げ)はリグメニューから設定する。

→スタックセクション後段のエフェクトにアサインする事もできるが、リグメニューから設定すればエフェクトが一つ空くため。

 

・一つのエクスプレッションペダルをワウとボリューム両方で使えるようにする

システムからペダル1のFunctionをワウペダルに設定、リグメニューの5ページ目ペダルリンクの左上、WahPedal > Vol.をオンにする

→ワウがアサインされているとワウに、ワウがない場合ボリュームとして使えるようになる。ペダルを2つ使う場合は設定しなくて良い

 

おすすめリグなど

超オススメ

★★★Friedman  BE(超オススメ、絶対入れるべき キャビは別のマーシャル1960に変えたほうが良い)

★★★CAE 3+ Ch3

★★★Bogner Ecstasy 20th RED(キャビは変えたほうが良い)

 

おすすめ

★★ENGL E530

★★セリアトーン SSS SRV

★PEAVEY Invective

★MESA BOOGIE Rectifier(汎用性高し プレゼンスをちょい上げると良い)

 

クリーンよりディストーションサウンドの方が全般的にリアルな感じ。

Friedmanのリグは本当に良い。メインで使っている。全体的に改造マーシャル系が良い傾向。

フルチューブのクリーンのダイナミクスはやや再現出来てない事が多い。

クランチはまあまあ、ダンブルクローン系、マーシャル等の2チャンネルが良いのが多い。フェンダー系はいまいちかも?

 

リグはPCと繋いでリグマネージャーから拾ってくれば無限にあるので、色々試してみると良いと思います。

 

その他

運搬はパワーアンプ無しのヘッドを使ってますが、小型のスーツケースにEXPペダル、midiコントローラーと一緒に入ります。

ラックだと持ち運びがやや面倒かもしれない。知り合いはラックケースをマグナカートなどにギターと一緒に縛って運搬してました。

ちょっとしたエフェクターボードでも結構あっという間に5kgくらい行っちゃう事を考えると、この利便性で5kgはむしろ軽いほうかも。

 

個人的にRemoteは必要ない。高すぎるし、他のmidiコントローラーで十分代用可能。

エフェクトは必要最低限という感じ。実際ライブやレコーディングで困ることはあまりないと思うが、マイナーなエフェクトや飛び道具系はあまりない。

実際プロでセンドリターンにHELIXやAXEを繋いでる人も結構いる。

 

HELIX、AXEと比べられることが多いが、特性が全然違うため唯一無二の存在。ライブでの使い勝手も良いしとてもおすすめ。

ただ、ライブメインでレコーディングをあまりしない場合はHELIXの方が良いかも。

レコ、ライブ両方こなしたい人にとてもおすすめだと思われます。

HX Stomp試奏してきました

LINE6の新製品、HX Stompを試奏してきました。

HELIXシリーズのマルチストンプで、シリーズで最も小さく軽い商品。

DSPは減っているものの、HELIXとサウンドクオリティは同じで、300種類以上のアンプ、エフェクトを搭載しています。

 

HELIXは相当いい音なので、同じ音が出るとすればこのカテゴリーのマルチではトップクラスなのでは?

値段は8万弱と結構高価。

 

興味を持ったきっかけは、ライブやリハではKemperを使っていたものの、やはりちょっと重い…ので、リハや本番でも使用に耐えるコンパクトマルチに変えようかと思った事。

ZOOMのG3nも所有しているものの…音はこもりがちで汎用性も少ないので、ちょっと厳しいかなーと。ミニセッションなどでは問題ないんだけど。

とにかく、Kemperと同様までいかなくても音が良くてある程度汎用性が高いというところでこのHX Stompが目に止まった。

 

このHX Stomp、入出力も十分あり、メインアウト(ステレオ)、センドリターン、midiイン・アウト・スルー、フットスイッチ接続端子、ヘッドホンアウトなど。

センドからマーシャル等のリターンに送り、メインアウトでPAに送ることも可能ということで、かなり便利そう。

 

操作感はとても良く、最初戸惑うものの10分も触っていれば大体の操作は分かった。

結構細かいセッティングもでき、アウトプットを2系統に分け、アンプ+キャビのライン用、アンプのみのリターン用と分けたり、フットスイッチに2つのエフェクトをアサインしたりできる。

出力もバランス、アンバランスの切り替えができるようで、DI機能もしっかりしてそう。

スナップショットという機能は全部把握した訳では無いのだがとても便利そうで、パッチの中のエフェクトをまとめて操作が可能と、かなり色々できる。

バンクは3つずつで、少々少ないと感じるものの、まあ必要十分かもしれない。どうしても少ない場合MIDIコントローラーを繋げばいいし。

 

音の感じは…まあHELIXと同じでややLINE6の癖はあるものの、十分使えそうではあった。

といっても、お店の中だったのでかなり小さい音で試奏するしかなく、音圧感やバイト感はちょっと分からなかった。

 

全体的に中々良い感じ、ただ、8万の価格設定は個人的に高く感じた。HELIXファミリーとは言え、ターゲットは主にセミプロ、アマチュアあたりだろうし、他のマルチと比べるとかなり高い。

 

ちなみに在庫はどこにも無いらしく、その店で今予約すれば1月には納品できるが、基本的に半年待ちくらいという事らしい。

個人的には在庫が回るようになって来てその時余裕があったら買うかも…という感じでした。

ギターの弦再考

ギターの弦を何にするか悩み中…

 

音が好みなのはアーニーボールの10〜46なんだが、これはやはり寿命が短い。

弾いたあとに拭いてフィンガーイーズをかけても結局リハとかレコで使うと錆びてしまう。

ダダリオも同じ。ちょい高いNYXLもこの間のライブに向けて張ってみたんだけど…前日リハで錆びてしまい、なんとかフィンガーイーズ等で復活させてライブでは間に合ったが、その後完全に死亡。

寿命長くないじゃん〜〜音は確かに良かった様な気もするが、そこまでいい弦という感じはしなかった。

 

結局ノン・コーティング弦だと手汗ですぐ駄目になるのでエリクサーしか無いのだが…エリクサーのあの硬い感じがどうも苦手。

アーニーやダダリオだと10〜46で良いんだけど、エリクサーの10〜46だとプレーン弦が硬くチョーキングがし辛い。

09〜46を試してみるかな〜でも09ゲージだと細すぎる気もするし、バランス的にどうなんだろうと。

周りは割と09〜46使いが多いのでまあ、一番使いやすいゲージなのかもしれない。

あと、エリクサーのあの鳴らない感じもどうも苦手、というか、鳴りが固い。

 

先日のライブの時、ユニゾンチョーキングで音程が上がりきらずちょっとアレになってしまったので、現実的に考えるとダダリオでも09〜46ぐらいがちょうどいいのかも。

 

今ショッピングモールでこの文章書いてるので、このあと楽器屋見てみようかな。

しかし、Amazonやサウンドハウスでの値段に慣れすぎて普通の楽器屋で弦買う気になれないよね。

サウンドハウスだとダダリオ、アーニーは400円台?Amazonだと500円台かな。でもどちらにせよ安い。

楽器屋だと下手すると750円くらいだからねえ…

 

ただ、エリクサーの3パックセットはなぜか3000円くらいで買えるんだな、ここが謎。

 

そういえばノンコーティング弦だとDR、SIT、R・コッコ、インフェルドあたりは良いですよ。

この辺りの弦は音もいいし、アーニーダダリオと比べて明らかに錆びにくい。

まあ値段はノンコーティングにしては高いけど…SITはそうでもないかな?

 

有名な人だと大村孝佳さん、山本恭司さん、CharさんがSIT使ってるよね。まあいい弦だと思います。DRの方がいいけどね。

AmazonでDR買うかな〜サウンドハウスはデビットカードが何故か使えないので、少々高くてもAmazonを使うことが多いです。

今見たらAmazonでエリクサーは扱っていない?ようで09〜46が見つからなかった。

 

うーん困った…