ヴァイオリンケースの中身を紹介

今日はヴァイオリンケースの中身を紹介。

人によって雰囲気が異なるヴァイオリンケースの中身ですが、Yuukiのケースの中身はどんな感じになってるのでしょうか。

 

まずケースの外側から。ケース自体はRIBONIのUNOEOTTOです。だいぶくたびれてきていますね。

サインはクリスティアン・テツラフさんとヴェンゲーロフさん、あとレオニダス・カヴァコスさんのサインが入ってます。カヴァコスさんのはほとんど見えなくなっちゃってますが。

 

開けてみました。結構ごちゃごちゃしてますね。右の方から見ていきましょう。

 

この写真はクリスティアン・テツラフさんと2ショットで撮っていただいたもの。2011年頃かな?テツラフさんもこの頃はまだ真面目そうなルックスですね。最近はちょいワル親父風です(笑)

左にある弦の袋はまた後で紹介します。

弓は二本ありますね。上がメインのオールド~モダン弓、無銘なのですがとてもしなやかで柔らかい音を出してくれます。でも運弓のテクニックが必要で、使いこなすまでだいぶかかりました。

下の弓はドイツ製のそんな古くない弓。重めで腰が強くしっかりした音が出ます。まあサブですね。

 

去年亡くなった猫のレイちゃん。思い出として写真を貼っています。

 

スカーフを開けると楽器が出てきます。なぜスカーフを敷いてるかというとカッコいいから(笑)あとはこのケースにはデッケ(楽器の上にかぶせる布)が付属していないため、弓の毛が当たって汚れたりしないようにというのもあります。

スカーフはクリスチャン・ディオールのシルク100%!母の私物ですが使わないとのことで借りています(笑)

 

このボロ布は灰色のほうが弦、本体の松脂を拭く専用です。青い方は東レのハイソフトという布で乾拭き用のもの。

松脂を拭く布は定期的に交換したほうが良いので、Tシャツの切れ端などを使っています。高いクロスをケチケチずっと使うよりどんどん新しい物に変えちゃったほうが良いです。

 

小物入れは松脂二種類、ギヨームとアルシェ201ソロを入れています。最近はギヨームばかり使ってますね。ギヨームは音が柔らかく、太くなるのでお気に入りです。

肩当てはなんだかんだ言ってウルフを使ってます。フォルテセカンド。フィット感が良いですねー、音も意外と悪くない…?

あとは筆記用具、ミュートなどが入ってます。ミュートは普通にトルテミュート

 

弦の袋が適当に散らばってますが…

中身は使い古しの予備弦。ヴァイオリンの弦は伸びるので、切れた時に新品だとすぐ弾けなくて困ります。使い古しなら伸び切ってるので、すぐ演奏再開できますね。

ゴールドブラカットだけ新品の弦が入ってました。

 

ちなみにスカーフを取るとこんな感じ。このケースは大分質素…というかシンプルですね。大分使っているので黒の部分が色あせて来ています。

 

こんな所ですね。まあ別段珍しいものは入ってないかなと思います。

他のプロの人でもペットの写真とか貼ってる人は多い気がします。でも本当に楽器しか入れてないような人もいるので、色々ですね。

 

そろそろケースも変えたいなぁ…

VISIONのHEAVY、結構良いかも…

先日から試しているヴァイオリン弦のセット、G、DがヴィジョンのHEAVYでAがドミナントのミッテルという組み合わせですが、当初の感想より良いかも?

というのも最近は8月のリサイタルの練習でショーソンの詩曲ばっかり弾いていたのですが、この曲が鳴らない鳴らない。

それで気分転換にプロコフィエフの協奏曲やチャイコフスキーの協奏曲など弾いてみました。

そうすると、GDの箱鳴り感がすごい!オールド楽器っぽいコーンと鳴るいい感じの音が出ていました。

 

D線ハイポジションなんか特にぶっとくて気持ちのいい音が出ています。

G線も中々良いですね。G線を試すときの定番、ツィガーヌの冒頭を弾いてみましたが、中々芯が太いコシがある音です。

 

ショーソンばっか弾いてると良さが分かりにくいんですけどね、普通の曲を弾くと結構良いのか、もしくは馴染んできて全体的に良くなってきているのかもしれません。

ドミナントは張って1週間くらいして馴染んでくるといい音になってきますからね、ヴィジョンも少なからずあるのかもしれません。

 

ドミナントのA線は本当万能ですね、GDオリーブでAがドミナントというのも定番だし、A線がいまいちな弦はドミナントに変えてしまえばOKという感じです。

ヴィジョンのA線はどうなんでしょう?普通のゲージだとまあ特に特徴のない音でしたが、HEAVYだとどうなるか気になります。といってもA線にそこまで強さ、太さは必要ない気もしますね。

 

そうそう、このヴィジョンのHEAVYのいい感じですが、ピーターインフェルドに通ずる部分があります。

ピーターインフェルドは全体的に太く艷やかな、リッチな音がしてて、音量もあるのでソロ向きです。このヴィジョンのHEAVYはピーターインフェルドほど色気は無いにしろ、芯の太さは似ていますね。

 

8月のコンサートの前にまた張り替えると思うんですが、多分ピーターインフェルドにします。エヴァ・ピラッツィゴールドも試してみたいのですが高価すぎるし、コンサートの直前に使ったこと無い弦というのもちょっと不安があります。

 

普段はこのGDヴィジョン(HEAVY)Aドミナント(ミッテル)で本番前はピーターインフェルドというのが良いかも。

 

E線はワーシャルブリリアントよりプリムリサの方が良いような気がします。ワーシャルブリリアントは張りが強すぎてやっぱり詰まった感じ、ブリリアントさは確かにあるのですが、ちょっと扱いづらい印象ですね。

とりあえずゴールドブラカットのストックがあるので、それを張ってからプリムリサを張るか考えようと思います。

弦張り替え ~VISION HEAVY&Dominant~

先日弦交換しました。

おや、珍しい組み合わせですね。

今回はG、DをVISIONのHEAVY、通常より太い弦にしてみました。A線はドミナントのミッテル、普通の太さです。

今やってるショーソンの詩曲でE線のきらびやかさが欲しかったので、Eはワーシャルブリリアントという強めの派手な音の弦に。

VISIONのHEAVYは初めてですが、芯があって太い感じの音です。VISIONはナチュラルで音量もありとてもいい弦ですが、MEDIUMだとやや線の細さがあるので、HEAVYのこの音の太さは好印象です。

でもドミナントの方がこの楽器にはあってるかも…

 

ドミナントは寿命短いですが、いい音の時は本当に良くてこの楽器にも合った音色が出るので、それには敵わないかもという感じですね。

 

ワーシャルブリリアントは最近張ってたプリムリサより張りが強く、やや押さえにくい感じがしますが、やはり派手でいい音ですね。でもちょっと詰まった感じもするかも?ナチュラルな音って感じではないです。Eが強い楽器だと音がきつくなるかも。

 

このセットで8月に出演するコンサートのリハもやってみましたが中々良い感じ。本番の時はもうちょい色気がある弦の方が良いかもしれませんが、練習時はこのセットで良いかも。VISIONは寿命長いですし。

 

本番用は…ピーターインフェルド、またはエヴァ・ピラッツィが安定ですかね。去年のソロリサイタルではピーターインフェルドでいい感じでした。今年はどうしましょうか…