Bach Chaconne For Solo Violin(バッハのシャコンヌ)&ジェイムズ・エーネス(James Ehnes)

 

ヨハン・ゼバスティアン・バッハのシャコンヌは、ヴァイオリンの名曲の中でも最も有名な曲だろう。

この有名なシャコンヌはバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ・パルティータ集の、パルティータ二番の最終楽章にあたる。

パルティータ二番は全5曲で、

  1. Allemande(アルマンド)
  2. Courante(クーラント)
  3. Sarabande(サラバンド)
  4. Gigue(ジーグ)
  5. Chaconne(シャコンヌ)

という構成。シャコンヌが有名かつ名曲過ぎて、他の曲がおまけっぽくなってしまっている。(他の曲も普通に考えれば名曲)

 

このバッハのシャコンヌだが、15分位無伴奏で弾き続けなければならないし、結構テクニック的にも難しい曲なので、音大生や若いプロが取り組むと結構苦労する。

音大生がこんな名曲をやるのか?と思われがちだが、実は音楽的には分かりやすいので、ある程度上手い学生は結構弾いている。

ベートーヴェンのクロイツェル・ソナタなどは奏者が若いと雰囲気が出ないが、バッハはそうでもない。

 

聴いてると心が洗われる感じというか、神聖な感じがあるのはバッハが教会音楽のプロフェッショナルだからだろうか。このシャコンヌ自体は特に神聖な曲ではない。

 

バッハはベートーヴェンやモーツァルトと違い、教会や宮廷の楽師として働いていたため、生涯に渡って安定した収入があった。

モーツァルトは特にひらめきや天啓を得て曲を書いているイメージがあるが、バッハは計算して曲を書いているイメージ。

バッハはどのジャンルでもかなりの数の名曲を生み出しているが、やはり卓越した作曲技法の賜物なのだろう。

 

このバッハのシャコンヌは、楽譜に書いてある通りにしっかり弾けばちゃんと音楽になる。楽器も鳴りやすく、いかにバッハの作曲技法が卓越しているかと言う事が分かる。

 

 

この動画のソリストは、カナダ出身のジェイムズ・エーネス(James Ehnes)

目立ったコンクール入賞歴などがなく、日本ではあまり有名ではないが、世界レベルで超一流のソリストである。

動画を見れば一目瞭然だが、テクニックが安定しすぎていると思う。何を弾いてもこんな感じで上手すぎるのだ。

パガニーニを弾いても全く危なげがない。カプリース24番でこんな簡単そうに見えるのは彼以外あまりいないのではないだろうか?

女性で言うとヒラリー・ハーン、ユリア・フィッシャー辺りがそういう感じだが、彼女らよりエーネスのほうが安定度は高いと思う。

 

バッツィーニの妖精の踊り。この曲は超難曲だが、上手すぎてあまり難しそうに見えない。(動画の最後に大きなノイズ音があるため注意)

 

エーネスの無伴奏ヴァイオリンソナタ・パルティータ集はかなりの名盤。

パガニーニのカプリース全集も良い。この難しい曲集で、ここまでハイレベルな録音は珍しい。(五嶋みどりクラス)

Benjamin Britten Violin Concerto Op. 15&三浦文彰(Fumiaki Miura)

 

ベンジャミン・ブリテンのヴァイオリン協奏曲は、結構マイナーな曲だが、最近演奏されることが多い。

1楽章はリズムが特徴的で、活き活きとした前半部と、不思議な感じの後半に別れている。楽譜を見てみると、思った以上に難しい。

2楽章はVivaceで疾走感がある。途中でCadenzaに入り、Ataccaで3楽章に突入する。3楽章は1~2楽章と比べるとややパッとしない感じ。

 

ベンジャミン・ブリテンは、日本ではややマイナーな部類だが、聴いてみると中々良い曲がある。名前からして想像できるがイギリス人である。

CDでお勧めなのは断然ジャニーヌ・ヤンセンの演奏。

 

動画のソリストは三浦文彰という若手のヴァイオリニスト。大河ドラマ真田丸のオープニングテーマのソロを弾いたり、ルックスが良かったりして、今とても人気がある。

彼の音色は結構独特で、ちょっと昔の名人っぽい?音がしている。テクニックも卓越しているが、どちらかと言うと歌うようなフレーズが上手い。

チャイコフスキーの協奏曲などはかなり得意だと思われる。(Hannoverのコンクールで優勝した時の曲もチャイコフスキーの協奏曲だった)

 

ハイレゾ音源を買ってみよう!でも購入方法は大丈夫?

こんばんは、Yuukiです。

 

今のオーディオの話題と言ったら、もうハイレゾ音源一択でしょう。

プリメインアンプやヘッドホンアンプもハイレゾ対応の物がかなり増えてきていますし、

ヘッドホンやイヤホンなんかもハイレゾ、ウォークマンもハイレゾ、スピーカーまでもハイレゾ対応が当たり前になってきました。

 

実際の効果は置いておいて、凄い勢いですね。itunes Storeもハイレゾ対応になるんじゃないかという噂です。

 

 

そういえば話題が変わりますが僕が好きなヴァイオリニストでギル・シャハムという超絶上手いお方がいます。

スタイルは演奏に過剰な味付けをしない正統派です。でとにかく上手い!(*´∀`)

 

その彼が最近無伴奏バイオリンソナタ&パルティータの全曲をハイレゾで出したという情報を聞いて、ついに僕もハイレゾ買うか~と決意しました(実は持ってなかった)

ハイレゾ音源はe-onkyoというサイトが品揃えが多くおすすめらしいのですが、

購入画面に罠が潜んでいました、、

 

 

なんと、クレジットカード決済しか出来ない!

 

困りました、僕はクレジットカードは持ってません(持つ予定もありません)

 

 

~ここでちょっとしたハイレゾ音源初心者講座(知ってる方は突っ込みながら読むか飛ばしてください)~

あまりハイレゾに興味が無いor詳しくない方は、お店で現金で買えばいいじゃん、と思うかもしれませんが、

ハイレゾ音源はCDなどでは買えません。

ハイレゾ音源は原則パソコンやウォークマンなどのオーディオプレイヤー等に入れて聴くデータです。

 

ハイレゾ音源はアーティストが曲を作る際に、そもそもCDよりも情報量の多い規格で曲を作ります。

オーディオの世界は基本的に情報量の多さ=音質の良さ なので、

ハイレゾ音源は同じ曲でもCDで聴くより音が良い、ということになります。

 

 

ということなので、データをネットで購入するしか無いのですが、クレジットカードを持ってないので買えなさそうです。

今の世の中クレジットカードも持ってない人はハイレゾを聴く資格すら無いのか、、とか思ってたら、

 

cre

 

 

ん?

 

vp

 

ありました、プリペイドカード。焦って見えてなかったようです。

 

ちなみにハイレゾプリペイドカードは専用プリペイドカードでここでしか使えません。Vプリカは他のサイトでもクレジットカード的な使い方ができるようです。(チャージ方式)

僕は近くにハイレゾプリペイドカードをおいている店がなかったので、Vプリカを作って購入しました。

 

 

Vプリカはクレジットカードでチャージするかコンビニでチケットを買ってチャージするのですが、

コンビニでチャージしたら200円余分に取られました、、手数料でしょうか。2500円のCD買うのに200円プラスで取られるのは地味に痛いです。

 

まあ、こんな感じでとりあえず購入することが出来ました。

hairezo

 

可愛い猫ですね(*´∀`)

 

じゃなくて実際foobar2000+TEAC AI-301DA+DENON AH-D600で今も聴きながら記事を書いていますが、やはり音がいい!

この音源は44.1kHz/24bitなので、ビット深度しかハイレゾじゃありませんし、CD版を聴いてないのでなんとも言えないのですが、

他のCDよりも臨場感があり、ヴァイオリンの音の輪郭が締まってる感じがします。

 

演奏はやっぱり素晴らしいです(*´∀`)流石ギル・シャハム!

 

Vプリカも作って、次音源を買うときはもっとスムーズに行けそうです。

 

ハイレゾ音源の買い方がわからない方のお役に立てればと思います(*^_^*)

 

それでは~