一眼レフで猫を撮る~うちの子紹介~

うちは猫を3匹飼っている。

それぞれアメリカンショートヘア、キジトラ、雑種MIX。

チンチラゴールデンの男の子も飼っていたのだが、去年の冬に亡くなった。

 

猫はいい表情をした時にパッと撮影しないと、変なところを向いていたり、ぶれてしまったりする。なので結構撮影が難しい。

一眼レフをいちいち用意しないでとっさにスマホで撮ったほうが良いときもある。

 

D5300で撮る時は、オートモードでなるべく枚数を撮る。設定している余裕はないのだ。

 

キジトラのモカ(♂)このブログでも保護した記事を書いている。あっという間に大きくなってしまった。ご飯を沢山食べるので、体重が5kgある。まあ日本のノラネコ系の子はそういうタイプが多いみたい。

洋猫と比べると鼻が高い感じ。

 

こちらはMIXのピッピ(♀)耳がカットされてるので分かる通り元地域猫。今は殆どうちの猫になっているが、外にも行っているようである。本当は危ないので完全室内外にしたいんだけどどうしても出てっちゃうんですよね。でも大抵の時間庭にいる。

この子はノラ出身にしては結構美形だと思う。

 

 

うちで一番可愛がられているアメリカンショートヘアのクリスティーナちゃん(♀)愛称クーちゃん。間違いなく家で一番可愛がられており、いたずらをしても怒られない(あまりしないが)

この子は中々いい表情をしなかったり下を向いていたりして撮るのが難しいのだが、うまく撮るととても綺麗!

模様も非常にはっきりしており、血統的にも優秀らしい。父親がキャットショーのダブルグランドチャンピオンだとか…そういえばペットショップで買ったのはこの子だけなんですよね。最初のチンチラの子も人からもらっている。

目のフチが黒く、アイシャドウをしているみたい。(この一枚はiPhoneで撮影)

 

最近の悩みは三匹もいるのでご飯があっという間に無くなること。なるべくいい餌を買ってあげたいがすぐ無くなるのであまり贅沢は出来ない。

野良の子猫を保護したらすべきこと

突然ですが、子猫を保護しました。

よく近所で見る野良猫が最近出産したらしく、子猫を連れて歩いてるのを良く見かけていたのですが、子猫だけ家の庭に迷い込んできてしまいました。

親猫も見つからないし、うちには猫が元々2匹いて飼える環境だったので、飼うことを前提に保護しました。

まず信頼できる動物病院にすぐに連れていく

この子はお腹に寄生虫がちょっといたくらいで、完全に健康体だったのですが、親とはぐれた子猫は健康状態が悪い場合もあります。

それと野良猫の場合、エイズ、白血病ウイルスを持っている場合が5%程あるので、検査で結果が出るまで絶対に先住猫と接触させてはいけません。

まずエイズ、白血病に感染していないか、キャリアではないかを血液検査で確認し、ノミ・ダニを駆除して、他にも怪我や病気があった場合即座に治療してもらう必要があります。

保護するということは何があっても最後まで責任を持つという意識が必要です。お金もそれなりにかかるので、気軽に捨てられてたから拾ってきた~というのは絶対にNGです。

健康な子でも血液検査や諸々でまず2万円くらい医療費がかかります。(後にワクチン、去勢避妊代がかかります)

 

絶対に自然には戻さない

一度人が接触した猫は野生に返したらまず2週間も生きられません。親猫もはぐれてしばらくすると子猫を見捨てるので、もし親が見つかっても手遅れです。

もし白血病やエイズが発症して長く生きられない…となっても辛いですが最後まで面倒みましょう。

 

エイズ、白血病の検査は必ず行う

猫の伝染病でも極めて危険なのが猫エイズと白血病です。

特に白血病は一度発症したら余命が3年と言われています。

知らないで迎え入れた猫がエイズ、白血病キャリアで、先住猫にうつったら大変です。

 

うちの保護した子はエイズ、白血病とも陰性でした。一回目の検査なので100%陰性というわけではないみたいですが、とりあえず安心して大丈夫だそうです。

1週間は先住猫とあまり触れさせない

検査結果でどちらも陰性、健康で何も病原菌を持って無くても1週間くらいは個室で育てたほうがいいそうです。

先住猫が間違いなく怒ったり警戒したりするので、少しずつ存在を慣らしていかないと上手くいかないそうです。

今の子が来たのが6月14日の夜で、2匹中の一匹はそうでもないのですがもう一匹は中々警戒を解いてくれません。

まあその二匹も最初は大変だったので、気長になれさせようと思います。

 

ワクチン、去勢(避妊)も忘れずに

血液検査が終わったらワクチンを打ってもらいましょう。ある程度大きくなったら去勢(避妊)もできるだけした方がいいです。

この子は来週ワクチン、半年後に去勢の予定です。

人懐っこくて元気な男の子です。

今回の子はかなり運がよく、健康状態も良くて皮膚もきれい、病気も持っていないし性格も穏やかで人懐っこい子でした。

名前はモカちゃん、ちょっと女の子みたいな名前ですが、これから可愛がって育てようと思います。

秋葉原にある猫カフェMochaに行ってみました。

猫カフェデビュー

 

※画像が多い記事です。

きっかけ

先日ヴァイオリンの調整で御茶ノ水に行った時に、時間が空いたので秋葉原にある猫カフェMoCHAに行ってみました。

僕は家で猫を二匹飼っていて当然猫は大好きです。家にいるので良いかなーと猫カフェには中々手を出していなかったのですが、看板がおしゃれだったし、秋葉原に猫カフェがあると思わなかったので吸い寄せられるように入ってしまいました。

今考えると猫カフェMoCHAはかなりちゃんとした店だったので、調べもしないで入りましたが正解でした。(怪しい猫カフェも結構あるみたいです)

 

思った以上に衛生的

猫カフェなら猫が沢山いて、正直匂いとか衛生的にアレなんだろうなと思っていたら、そこはかなり徹底しているようで、とても清潔感のある店内でした。

まず店内のマナーを説明され、荷物をロッカーに入れ、その後に手をアルコール消毒して室内に入るという感じでした。

料金は10分200円で、ドリンクバーが350円という良心的な値段。

マナーは大声を出さない、猫を抱っこしない、追いかけない等常識的な事ばかりで、そんなに厳しい印象ではありませんでした。

色んな種類の猫が沢山

入った時間が昼過ぎだったので、寝てる猫が結構いました。

おお、、珍しい猫がいる。この子は確かノルウェージャンフォレストキャットかな?

猫ちゃんたちは殆ど2~3歳の子猫ばかりで、ちょこちょこしてて可愛かったです。

トリミングやシャンプーを定期的にされてるのか、どの猫ちゃんも毛並みが良く、ふわふわサラサラでした。

爆睡中。

 

このこはセルカークレックスという珍しい猫で、ペルシャから派生した猫らしいです。巻き毛で面白い。

 

寝てます。

 

追いかけてはいけないので一匹の猫とばかりじゃれる事は出来ないのですが、とにかくたくさん猫がいるので、そこらじゅうにいる猫を触り放題、という感じです。

 

ペルシャの銀杏(ぎんなん)ちゃん。女の子です。この子は特に人懐っこくて可愛かったです。(後ろのアキバの風景がシュール)

この日は全体的に寝てたりゆったりしてる子が多かったです。

 

猫マスターの友人と再訪

猫をなんと5匹飼ってる猫マスターの友人がいるのですが、彼を連れて二回目行ってみました。

この日はキャットフードメーカーのモンプチとのコラボで、少量ですがおやつを一人ひとり上げることが出来ました。

 

猫マスターのA君、流石におやつをあげるのも上手です。

この日は元気な子が多く、取っ組み合いや追いかけっこをしてて中々面白かったです。

取っ組み合い中

 

猫パンチ。

このパンチしてる子はいろんな子にちょっかいを出していました。遊びたい盛りなのかな。

と、そうしてる時、関ジャニの横山くん風のお兄さんがおやつ(500円)を注文。猫達の人気者になっていました。

 

猫に群がられてちょっとビビってるお兄さん。(撮影許可は頂いています)

と、この間可愛かった銀杏ちゃんを発見!

 

 

 

 

 

可愛いので写真をたくさん取ったり遊んであげたりしてたのですが、眠いみたいで寝てしまいました。

銀杏ちゃんが寝た所でなんとなく飽きたので退出。

一時間いてドリンクバー付き、1500円でした。

そういえば、外国人のお客さんも多く、店員さんも英語がペラペラでした。すごいなぁ。

猫カフェMoCHA、他の場所にもあるそうなので、今度は違う店舗にも行ってみたいと思います。