イーバイクは日本で流行るのか?

上の記事を読んだとき、「そもそもイーバイクって?」と思ったが、いわゆる電動アシスト自転車のスポーツ自転車版と思えばいいらしい。

クロスバイクやロードバイクに電動アシスト機能を付けて、快適に速く走れる自転車…との事で、ドイツを始めとするヨーロッパの国々では結構流行ってるそう。

 

日本でもイーバイクはたまに自転車店で見かけるが、こんなの誰が乗るんだ?と思っていた。クロスバイク、ロードバイクならそもそも軽やかにスピードを出して走れるのに、わざわざ重くしてどうするんだろう?高いし(大抵20万円オーバー)…と思ったが、ドイツでは事情が違うようである。

平気で50km/hくらいスピードが出るらしいし、事故が問題になっているとも。

要するに、電気で走る原付みたいな物で、自転車というよりバイクに近い括りですね。

 

だが、日本に輸入される、または生産されるイーバイクは速度制限があり、確か25km/hを超えるとアシストがストップし、大したスピードが出せないらしい。

 

荷物も少し積めて、原付くらいのスピードで快適に走れるのだったら確かに流行するのもわかる。20万円オーバーは高い気もするが、バイク代わりになるならまあいいかと思って買う人も多そうである。

しかし日本の仕様だとどうなんだろうか?普通のクロスバイクやロードバイクで30km/hって別にそんなに苦労しないで出るし、軽さが命と思ってるローディー達には売れないだろう。10万で十分ハイスペックなクロスバイクが買えるのに対して20万オーバーである。20万あればカーボンロードのそこそこのやつ買えるって。

 

そう考えると購買層はガチのローディーというよりは自転車通勤族のサラリーマン、学生、または女性サイクリストあたりだと思われる。

通勤で荷物があるとロードバイクでもやや負担があるし、着替えなども必要だが、電動アシストで楽に乗れればスーツのまま走っていけるかもしれない。女性サイクリストであまりガチなのは嫌、または疲れるのが嫌という人にも向いているかもしれない。

 

10万代に値段が落ち着いてくれば日本でも売れるかもしれないが、今は出始めなのでまだまだ流行らないような気がする。実際に乗ってみてないのでなんとも言えないが。(先日までイオンの自転車売場に合ったので試乗しようかと思って今日行ってみたら置いてなかった。)

 

※追記

勘違いしていたのだが、基本的にイーバイクの括りで扱われるものはモーターのみでは動かないようである、25km/hでアシストがストップというのも全世界共通の仕様だそう。

その他のモーターのみで走る、免許が必要などのものはイーバイクとは呼ばれないらしいです。

ESCAPE RX3の最近

ESCAPE RX3をまた乗り出して1週間。

ぼちぼち乗っていますが、やっぱり自転車は楽しい!

 

実はGIOS ミストラルでの落車、Cannondaleでの走行会のスピードの恐怖から一時自転車から離れていました。

自転車というか、スポーツ自転車ですね。ママチャリは普通に乗っていました。

 

結局心配性が酷くて、転んだらどうしようとか、知らない土地でパンクしたらどうしよう、ハンガーノックになったらどうしようとか…

心配事が多すぎてロングライドどころじゃなかったわけですね。せいぜい往復40kmくらいが限界。

一応プロとして楽器をやってるので、手を怪我したら冗談じゃ済まないわけですね。と言いつつ一昨年の年末手首捻挫してますが。

 

しかし、久しぶりにクロスバイクのって、やっぱり風を切ってスイスイ自転車を漕ぐのは楽しいな~と。

街乗りで、喫茶店巡りとか、カメラ持ってポタリングなんかは楽しそう。

 

まあその用途じゃロードバイクいらんですよね。

 

むしろ、シングルスピードピストなんかオシャレで格好いいかも?なんか思います。

 

というわけで、ESCAPE RX3の最近の状態。

 

サイドスタンドを外しました。

スタンドがないと不便…と思いきや、案外なんとかなるものです。

買い物なんかの時は確かに不便だけど、まあこの自転車で買い物には行きませんし…

 

そろそろタイヤも交換時期かも。というか、フレームやメカ類も本当はくたびれてますが、まあもうちょっと頑張ってもらうとして…

 

サイコンも別にいらないかもしれないですね。まあ記録しておけばこの日にどこに行ったというのはわかるので、付けておきましょう。

 

結構スイスイ軽やかに走りますよ~

サイズが小さいので振動はダイレクトに来ますけど、まあ大丈夫でしょう。

 

最寄り駅のそばにあるバスケットコートをバックに。

 

明日は雨らしいので乗れませんが、晴れたらまた写真撮りに行こうと思います。

Giant Escape RX3を久しぶりに整備

冬の間は寒く、自転車に乗る気分にならなかったが、大分暖かくなってきたため最近はクロスバイクに乗っています。

Cannondaleは…しっくり来ず売ってしまいました。サークルの100kmライドがトラウマになってもうロードは乗らない!みたいな気分になってしまい…

 

結局ずっと家にあるEscape RX3を出してきて整備しました。

チェーン注油、ブレーキの調整、サドル高さ調整などしてちょうどいい感じに。

 

サイズがXSで小さいんですね。でも結構問題なく乗れているような?

全部アルミなので、路面の状態をダイレクトに拾うけど、その分加速もしやすいと思う。

 

というわけで、ブルホーン化。

 

あちこち古くはなっているけど、別に長距離じゃなければ問題無さそう。ブルホーンにしたことで雰囲気ロードっぽい感じ?

Rezyneのサイコンで計測した感じ、結構スピードも出てるようである。その辺を流してMAX35km/hくらい。

 

しかし軽快に走ってるとロード乗りたいな~みたいな気分になる。お金に困るとすぐ物を売る癖は本当に困る。結局損をするわけだし…

 

ロードバイクに乗って分かったクロスバイクとの4つの違い

CANNONDALE CAAD OPTIMOを買ってからほぼ毎日30kmくらい乗って、大分ロードバイクにも慣れてきたので、そこで感じたクロスバイクとの違いを書いていこうと思います。

 

乗車姿勢が違う

まずこれですね、クロスバイクでもそれなりに前傾姿勢をとりますが、ロードバイクの場合更にググっと角度が付きます。

(画像は自転車Youtuberのけんたさんのフリー素材をお借りしています。)

この画像だと下ハンを握っているので若干極端に感じるかもしれませんが、大体このくらいの角度が付きます。殆ど背中と地面が平行になりますね。

クロスバイクはそこまでの角度はつかないため、最初なれないうちはかなり怖かったです。

しかし、体の使い方、ポジショニングに慣れると逆に楽に感じるようになってきます。

スピードが速い

クロスバイクは先ほどの姿勢の事もあって、低速域は安定していて、速くなってくると少し怖いような感じでした。

ロードバイクは逆で、低速域だと不安定(僕が慣れてないだけかもしれません)でスピードが乗ってくると非常に安定する印象です。

大体サイクリングロード等で風が強くない場合の巡航スピードも、クロスバイクだと25~28km/h、結構がんばって短時間32km/h出せるかなというところでしたが、ロードバイクなら平坦で向かい風などが強くなければ初心者でも30km/h以上をキープするのは難しくありません。

先ほどの強い前傾姿勢で、空気抵抗が減ることや高速巡航に特化したフレーム設計のおかげだと思います。

しかし、あまりにも楽にスピードが出るので、人や車が多い場所は注意が必要です。

遠くに行くのが楽

クロスバイクはそもそもあまり遠くに行くようにできていないため、往復で30kmくらい走ると結構疲れます。

100km、200km行くことも可能ではあると思いますが、50kmを超えるサイクリングを頻繁にする方はロードの方が確実に楽だと思います。

空気抵抗やフレーム、フォークの設計がロングライド向けのロードバイク程長距離乗ってもあまり疲れません。

僕のCANNONDALE CAAD OPTIMOはアルミフレーム(フォークはカーボン)なので長距離向け!という訳ではないのですが、振動がかなり吸収されるし、ショップでポジショニングも調整してもらっているのでとても快適です。50kmくらいじゃそこまで疲れません。

しかし、水分補給を怠ると脱水症状で大変なことになるので、少しの距離でも必ずボトルを携帯するようにしています。

 

逆に、近距離(10km以内)で街乗りメインの方はクロスバイクの方が良いと思います。

スタンドは基本付けませんし、そもそもカーボンフレームでは付けることが出来ません。盗難の危険もかなりあるので、基本的には長時間駐車はしないほうがいいです。いくら頑丈な鍵を何個も付けても簡単に盗られるらしいです…

クロスバイクもかなり盗難のリスクはあります(実際盗られた経験あります…戻ってきましたが)が、そもそもの値段がロードに比べると安い事と、やはり目立つロードバイクのほうが優先して狙われるらしいです。

 

格好がガチな感じになる

クロスバイクはどんな服着ててもおしゃれに見えるのですが、ロードバイクはあまり普段着っぽいとかっこ悪いです。

というか、普通のスポーツウェアでもダサく見えてしまうし、そもそも走りにくいので、僕は先日サイクルジャージとレーパンを買いました。

僕は激安ので揃えてしまったのですが、パールイズミやSHIMANOなどの有名ブランドのウェアの方が格好いいし、快適だと思います。

 

クロスバイクやロードバイクに乗るようになる前は、全身ピチピチのウェアは恥ずかしいな~と思っていたのですが、どちらかと言うとロードに乗ってたら全身ピチピチのウェアを着ている方がかっこよく見えます(笑)

ロードバイクはスポーツなので、専用のウェアじゃないとやっぱりダサく見えるんですよね。サイクルジャージ+レーパンが一番ベストな服装だと思います。

クロスバイクはその反面、チェーン巻き込みに気をつければ何を着ててもそんなにおかしい感じはしないと思います。

 

まとめ:ロードバイクは基本スポーツだけど、クロスバイクはおしゃれ乗りも可

ロードバイクは速いスピードを維持しながら長距離走ることを前提としているスポーツだと実感しました。

その辺をちょっと流す、とか買い物に行くとかには全く向いていません(笑)ですがストイックに楽しめるスポーツとして考えるとかなり楽しいですね。

 

クロスバイクはロードに近い走りも出来ますが、やはり近距離でサクッとスポーティに流す、軽いサイクリングに向いてるのかなぁと思いました。

両方所有するのがいいんじゃないでしょうか。うちにははクロス、ロード、ママチャリと揃っているので、自転車で色々出来て便利です(笑)

年末に大怪我してしまいました(汗)ブルホーンハンドルは場合によっては危険かも!

新年あけましておめでとうございます。

と言いたいところなんですが、年末に大怪我して無事にあけましてと言えなくなってしまいました(汗)

原因はクロスバイクの落車です。

年末に帝釈天でお参りでもするかな~と自転車で向かう途中、草加の辺りで路面の段差に引っ掛かって、前傾姿勢のまま投げ出され、顎と手首を地面に強打!

顎はえぐれて血が止まらないし、手は痛すぎて動かないので、なんとかスマホで救急車を呼んで、最寄りの大きい病院で見てもらいました。

幸い手首は骨折じゃなく捻挫か打撲で、顎は3針縫って年開けてから抜糸ということで、父に車で自転車拾ってもらって車で帰りました。

ロキソニンテープと毎食後飲むロキソニンで、大分痛みが引いてきましたが、しばらく安静ということで、色々やりたいことが出来ません、、

手首はもう一回抜糸の時に病院で見てもらいますが、TFCC損傷だったら嫌だな~、骨折より時間かかるらしいので。。

 

で、原因は多分ブルホーンハンドルで前傾姿勢過ぎたんだと思います。

こんな場所にブレーキレバーがあるので、かなり前傾姿勢になります。(汚い部屋ですみません)

それで、クロスバイクのVブレーキは効きすぎて簡単にホイールロックしちゃうので、段差で後輪がおもいっきり弾んで、その際に強くブレーキを握ってホイールがロック→ジャックナイフして体だけ前に吹っ飛ばされた という感じでいっちゃったんだと思います。

スピードもそんな出してなかったので、もしかしたらフラットバーだったら大丈夫だったかな~、と思いましたが後の祭りですね。

不幸中の幸いで自転車は全然ダメージがなかったので良かったです。

 

ブルホーンハンドルにしようと思ってる方はちょっと気をつけたほうが良いかもしれません。ハンドルのせいにする訳じゃないですが、、

 

今年は気をつけて自転車に乗る用にしたいと思います。

荒川サイクリングロードの景色(彩湖道満グリーンパーク~岩淵赤水門)

東京近郊にお住まいの自転車乗りの方は荒川サイクリングロードをよく走る方も多いかと思います。

僕もサイクリングに出かける時はよく荒川サイクリングロードを走るのですが、いい感じの景色だと思うとついつい写真を撮ってしまいます。

今日は荒川サイクリングロードの埼玉県南部~東京都北区あたりの名スポット、彩湖道満グリーンパークと岩淵赤水門を紹介します。

 

彩湖道満グリーンパーク

元々荒川の貯水池なのですが、子供用の遊具や球技のグラウンド、バーベキュー場などがあり、埼玉県民に親しまれています。

池の外周を自転車で走ることが出来て、レンタサイクルもやってるそうです。

外周一周するだけで5kmもあり、起伏もあるので、結構ローディーの方も練習に使ってる様です。

しかし、遊んでいる子供たちやランニングしてる方々が結構いるので、自転車でガッツリ走ることは難しいです。景色を楽しむポタリングに向いてますね。

 

 

岩淵赤水門

北区赤羽にある水門で、かつては荒川と隅田川を仕切る水門として機能していました。現在は役目を終え、新設された青い水門がその役割を担っています。特撮などでもよく映るので見たことある方は多いんじゃないでしょうか。北区の方々に現在も親しまれています。

個人的な話ですが、祖父の家が河川敷沿いにあり、赤水門がすぐそばなので、馴染み深い感じがあります。

 

 

赤水門はサイクリングロードから内側に入ったところにあるので、なかなかいい写真が撮れなかったのですが、自転車と一緒に写すとやはり存在感がありますね。

 

荒川サイクリングロードは景色がいい!

 

これは赤水門のそばの荒川大橋と川口のエルザタワーをバックに撮った写真ですが、サイクリングの休憩がてら撮影しました。

サイクリングロードというとどうしてもスピードを出したくなりますが、景色を見ながらゆっくり走るのも良いものですね。

 

ちなみに、スポーツバイクの写真撮影用のスタンドはアップスタンドが便利です。小さく折りたためるのでかさばらないし、重量も軽いです。

 

 

 

GIOS ミストラルのボトルケージ問題解決

GIOS ミストラルはボトルケージを固定するネジ穴が一緒しかありません。

写真のように、ツール缶一つ付けただけでも埋まってしまうので、冬の寒いシーズンならともかく、夏は水分補給の際困ってしまいます。

僕は冬でも結構水分補給をするので、困ったなと思っていたら、こんなものがありました。

 

 

 

それと、夏場や長い距離走る時のために、サドルにもボトルケージホルダーを付けました。

 

ミノウラのボトルケージホルダーを使いました。

 

 

ちなみにボトルケージはすべてミノウラの物を使っています。安価で軽く、丈夫なので気に入っています。