Bartók Violin Concerto Nr. 2&Augustin Hadelich(オーガスティン・ハーデリッヒ)

バルトークのヴァイオリン協奏曲は2曲あり、今日紹介するのは2番の方。

 

バルトーク・ベーラはハンガリー生まれの作曲家。やや難解な作風で知られている。

ハンガリーやルーマニア等の民族音楽のエッセンスを取り入れた作風で、直感的になんか難しい感じがすると思う。少なくとも日本人の耳には馴染みがない類。

バルトークはメニューインと交友があり、彼のために無伴奏ヴァイオリンソナタを書いていたりする。

ちなみにハンガリーでは、名前の並びが日本と同じで、姓・名の順。あのフランツ・リストも、ハンガリー表記だとリスト・フィレンツになる。

 

このバイオリン協奏曲は、かなり調性や曲調がつかみにくく、分かりにくい曲だと思う。

何度も聴いていれば慣れる、、と思いきや、何度聴いても不思議な感じなので、こういうものなんだと直接理解するのが良さそう。

ソロの演奏の難易度も非常に高く、数あるヴァイオリン協奏曲の中でもトップクラスに難しい。(そもそも練習の時点で、合っているか分かり辛い)

しかし、バルトークは面白いので、是非食わず嫌いせず聴いてほしい。

 

動画のソリストはオーガスティン・ハーデリッヒ。イタリア出身、ジュリアード音楽院出身で、非常に演奏技術が高く安定している。

映像を見ると、顔が怪我してる?と思うのだが、彼は若い時に火事で全身の大やけどを負ったことがあり、そこから奇跡の復活を遂げている(らしい)

個人的な体験から言うと、本当に死にそうな体験をした事がある人はそうでない人に比べて、ある程度超然としている感じがあり、精神力が強いと思う。

 

話が逸れたが、彼はこの30台前半くらいのヴァイオリニスト達で中でも注目株だと思っている。

一つ一つのテクニックが鮮やかで冴え渡っていて、尚且つ音楽性も非常に高い。

パガニーニを弾いても音楽的で、非常に安定している。

彼はよく室内楽団と共演しているが、ヴァイオリンソロと言うより、自分の音を室内楽の一部としてアンサンブルさせているのが面白いと思う。音楽的にも優れている。

 

彼のCDは無伴奏曲集が凄い。

 

最近この感じの記事が多いですが、書いてて面白いので続けようと思います。

Sibelius Violin Concerto in D minor Op. 47&セルゲイ・ハチャトゥリアン(Sergey Khachatryan)

 

三大ヴァイオリン協奏曲の次辺りに有名なのがシベリウスのヴァイオリン協奏曲。

3楽章形式でどの曲も印象的だが、1楽章が特にインパクトが強い。

フィンランドの寒々とした空をイメージさせる冒頭のフレーズから始まり、徐々にヒートアップし、中間の長大なカデンツァで爆発する。

その勢いを保ったまま後半に突入し、最後にはオーケストラと大音量で締める。

 

2楽章は、ヴァイオリン協奏曲の2楽章の中でもトップクラスの美しい曲。

3楽章は行進曲風のリズムに合わせてヴァイオリンが超絶技巧を披露する。冬のお祭りという感じ。

 

このヴァイオリン協奏曲は、普段演奏されるのは改訂版で、初版とかなり雰囲気が違う。

初版の三楽章冒頭。演奏はマキシム・ヴェンゲーロフ。

 

初版は酷評されたらしく、シベリウスが封印してしまった。

1991年にシベリウスの遺族の許可を取り、レオニダス・カヴァコスのソロで録音している。(カヴァコスはシベリウスコンクールで一位受賞している)

初版は確かにやや冗長な印象を受ける。しかしこれはこれで聞くと面白い。

 

シベリウスはもともとヴァイオリニスト志望だったが、あがり症のため断念し作曲家になっている。この協奏曲が結構テクニカルなのもそういう所が関係している。

 

冒頭の動画のソリストはセルゲイ・ハチャトゥリアン。アルメニア生まれの若手ヴァイオリニスト。彼は幼い頃から国際コンクールの一位を取りまくり、天才と言われている。

やや荒々しい表現と、激しいヴィブラートがかかった太い音が特徴で、かなり迫力のある演奏をする人だと思う。

バッハやベートーヴェンでもこの弾き方なのだが、それでも上手に聴かせる所がやはり超一流だと思う。

 

彼の録音はバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータと、シベリウス、ハチャトゥリアンヴァイオリン協奏曲をお勧めできる。(作曲家のアラム・ハチャトゥリアンと血のつながりはないらしい。確かにスペルが違う)

シベリウスはAmazonに無かった。このアルメニア作品集も中々良い。

バイオリンでライブやセッションに参加する時に便利!「FISHMAN PLATINUM STAGE」

こんにちは、GWは色々遊びまくってきましたYuukiです。

GWもバンドセッション等の機会が何回かあり、バイオリンも持っていったのですが、そこで活躍した機材があるので紹介します。

そのまえに、バイオリンは最近こんな感じになりました。

サブバイオリンに思い切ってピックアップを装着!駒にピックアップが埋め込まれてるタイプのもので、駒をもとに戻してジャックを外せば普通のバイオリンに戻ります。

メインバイオリンは流石に何もいじっていません(笑)

 

FISHMAN PLATINUM STAGE DI&PreAmp

さてこのバイオリンのジャックからシールドをアンプに挿して…という使い方でも良いのですが、音色が大幅に変わってしまったりするので、PA(ミキサー)に音を送るのですが、そのまま送ると音痩せ等、音量の不足が発生するので、プリアンプと呼ばれるものを間にかまします。

そのプリアンプと、DIという電気抵抗値を変えるものが必要になってくるのですが(DIの説明は難しくて説明できないので省きます(笑))

その2つともの機能を兼ね備えた機材が、今回紹介する「FISHMAN PLATINUM STAGE」です!

 

 

大きさは普通のDIを薄くしたような感じです。結構厚みが薄くて軽いです。

ベルトにつけるクリップもあるのですが、床においたほうが安定しますね。

上の面でEQを調節して、側面のミニスイッチでフェイズアウト変換など特殊な操作もできるようになっています。

 

 

すみませんちょっとピンぼけしているのですが…一番上のスイッチがブーストスイッチで、下のスロットルが何デシベルブーストするか選べるようになっています。標準は3デシベルで、最大10デシベルまでブーストすることが出来ます。

一回音量が足りなくて演奏中にブーストしましたが、その時は3デシベルで十分でしたね。比較的狭いスタジオでしたので。

 

 

こちらは入出力と、電源端子、電池ボックスです。ファンタム電源で動くので基本電源端子はいらないのですが、万が一ファンタムが無い現場(あまりないと思いますが…)ではこの9V電源とアウトプット端子を使うことになると思います。

一番右のDIアウトにマイクケーブルをさせばファンタム電源入力と音声出力が同時にできます。

 

実際の使用感

実際、こういうのが無いとPAさんが困るってのがまずあるので、こういうDIプリアンプみたいなものはエレアコ、バイオリンなどでは必需品なのですが、持参すればそれだけでPAさんを安心させることが出来ますね(笑)

あと自分のセッティングを決めて、PAさんをと音出しながら調整すれば結構いい感じの出音になるので、やはりこういうものは便利ですね!

 

 

実際に僕がバイオリンで、ロック系のバンド編成の時に使ってるセッティングです。treble(高域)はバイオリンは結構耳に刺さりやすいので軽く下げ、middleを少し上げ、bassは気持ちだけ上げて、ボリュームは7~8割にしてあとはPAさんに上げてもらいます(ブーストは万が一の保険)Mid freqは基本真ん中ですね。

 

エレアコギターだと又違ったセッティングになると思いますので、参考になれば!

お値段など

僕が買った時はネットのアウトレットで10000円くらいでしたが、大体20000円前後で売られてるようです。