Kemperそれぞれの種類と特徴について

Kemper Profilerは4種類のモデルがあり、それぞれ特徴が異なる。

俺が所有しているのはHeadというモデルで、こういうやつ↓

これはパワーアンプ非搭載でラックマウントではないモデル。

この他に、

Power Head(パワーアンプ搭載の非ラックマウント)

Rack(パワーアンプ非搭載、ラックマウント)

Power Rack(パワーアンプ搭載のラックマウント)

がある。今日はそれぞれの特徴とどんな人に向いてるかを解説。

ちなみに、中身の音、エフェクト、プロファイル機能などは全部同じ。形とパワーアンプを搭載しているかどうかの違いのみ。

 

Head

俺の所有モデル。上の写真のもので、中々独特なデザインをしている。

このモデルに限り白いデザインのものもある。

ちなみに以前のモデルは右上の表記がPROFILING AMPLIFIERとなっているが、現行モデルはPROFILERとなっている。

 

このヘッドの特徴としては革製の持ち手が上に付いていて、パワーアンプがなくやや軽い(5.32kg)。持ち運びは最もしやすいモデルとなっている。

メインのターゲット層は宅録メインだが、ライブでもたまに使う…といった層だと思う。パワーアンプが無いためキャビに直接接続は出来ないが、アンプのセンドリターンに接続、またはライン出力でPA直で音が出せるため、そこまで外の現場で困る…といったことは無さそう。

俺も家でレコーディングメインだが、この間のライブの時も使っている。ライブハウスではモニターの音をマーシャルのセンドリターンから出し、外音はXLRのライン出力で出した。モニターもしっかり聴こえ、外音もハッキリクッキリ良く聴こえてたので、映像を後で見てもとても良い感じだった。

もう一人のギタリストがPower Rackだったため、箱のスタッフさんが同じようにマーシャルのアンプをどけようとしたのだが、センドリターンを使いたいと言ってアンプを置いてもらった。説明をしっかりすれば全く問題ない。

ただ、センドリターンとは言え外部のパワーアンプを通したくない…という人はパワーアンプ付きのものを買ったほうが良い。

裏面に空洞があるため、俺は運搬時にここにEXPペダルを入れていました。

値段は229,800円(イケベ楽器)チョイ傷アウトレットなどだともう少し安く買えることもある。俺は20万を少し切るくらいで買えました。

 

Power Head

 

前面のデザイン、機能は普通のHEADと同じ。

600Wのパワーアンプが搭載されており、キャビ直挿しで音が出せる。配線を煩雑にしたくない人、パワーアンプで音に色が付くのが嫌な人におすすめ。

重さは6.50kgとラインナップで一番重い。運搬にやや苦労するかも。

裏面の空洞はパワーアンプ搭載の都合上無い。

ターゲットとしてはライブをバリバリこなす人、音に拘りがある人だと思われる。別途パワーアンプを用意する必要が無いためシンプルな配線が可能で、トラブルも起きにくい。

またパワーアンプも600Wと高出力なため、迫力があるサウンドが出せる。外部パワーアンプでもW数が小さいものだと迫力不足になることもある。

 

値段は税込み299,800円(イケベ楽器)

 

Rack

Headをラックマウントにしたもの。デザインが異なり、横長になっている。

つまみも一部無くなっており、画面上で調整するようになっている。

重量は5.00kg。一番軽い。

他のラック機材と一緒にして運ぶ人にオススメ。軽く、ラックケースに格納できるため運搬もしやすい。

個人的にはこのモデルが欲しかったが、アウトレットになっていなかったので断念。デザインはHeadより良いと思う。

ただ、現場でパワーアンプやアンプヘッドの上に置く時に安定しないかもしれない。完全に宅録メインと言う人に一番オススメかな。

また、USB端子が一つ前面にある。HEADは後ろに2つなので、USBでデータをやり取りする際やや便利。

お値段はHeadと同じ。

 

Power Rack

パワーアンプ付きのラックマウントモデル。

もしかしてこのモデルが一番人気なのではないだろうか?BABYMETAL神バンドの故藤岡幹大さん、大村孝佳さんなどのトッププレイヤーもこのモデルを使用している。

重量は6.18kg。

このモデルが直接キャビに乗っているととても格好良くそれっぽい。

ライブで使うには一番オススメかもしれない。形もコンパクトで、配線がシンプルなため、現場に持っていって一番使いやすいと思われる。

ライブメインの人に一番オススメ。Power Headよりは軽く、ラックに収まるので、運搬もしやすい。

お値段はPower Headと同じ。

 

まとめ

それぞれのモデルを紹介してみたが、正直パワーアンプは無くてもほとんど困る場面は無い…と思う。

どんな箱でも普通アンプヘッドか、パワーアンプは常設されているし、パワーアンプで音の傾向が変わるといってもほとんど違いはない。

そもそも、最近はライブで外音はライン出しというのが主流になっているため、パワーアンプ部分はあまり実際の音と関係ない。

 

パワーアンプがあるだけで7万価格が上がるため、そのお金でRemoteを買ったほうが幸せになれる。

そうは言っても、サウンド、トラブル対策にシビアなプロの現場で使うことを考えたらPower Rackが一番良いのかも…

 

個人的オススメ順は、

HEAD>Power Rack>Rack>Power Head

 

となる。アマチュアであったらHEADでまず問題ない。ラックタイプか、そうでないかは完全に好み。運搬の面でもHEADはスーツケースで運べば問題ないし、ラックケースで他の機材と運びたいか、スーツケースでも良いか、といった所。

あとは本当に外には持ち運びしない、家またはスタジオに置きっぱなしという状態であればRackがおすすめ。

 

まあ、一応プロギタリストはPower Rackが多いような感じなので、お金に余裕がある状態で迷っていたらPower Rackが良いのではないかと。

 

以上、Kemperのそれぞれのモデルの紹介でした。

 

Kemperをライブで使ってみた

先日ライブにてKemperを使ってみました。

 

中音はマーシャルのJCM2000のリターン刺しでキャビから出る音、外音はモノラルのライン出しでセッティングしたのですが、自分の音がハッキリ聞こえやりやすかったです。

もう一人のギタリストもKemperをライブ直前に購入したそうで、ツインKemperという豪華なセッティング…(笑)

しかもRemote、バッファーとフル装備でした(笑)Remoteは便利そうだけど、可搬性がネックかなぁ。

俺はスーツケースにKemper、シールド、midiケーブル、midiスイッチャーを入れて持ち運んでるので楽ですが、Remoteは大きいので入らないかも。

実際もう一人のギタリストの方はPower RackでRemoteもボードに入れてたので、かなり持ち運びが大変そうでした。

 

対バンさん達はアン直か足元で音作りしてましたが、やっぱフルチューブアンプのほうが音圧はありますね。

Kemperはキレイだけどやや迫力は足りないかもしれません。

 

しかしウチのバンドはボーカル三人、ギター二人、ベース、ドラム、パーカッション、キーボードと9人編成の大所帯だったのですが、こう編成が多いバンドだとKemperのクリアな音は引っ込まないで良いですね。

アン直だとどうしてもアンサンブルに埋もれてしまうことがありますが、ライン出しのクッキリクリアな音は大人数バンドに向いているかもしれません。

逆に小編成だとマイクで拾ったほうが音圧感が出るのかも。今後色々試してみたいですね。

 

後で動画を見てみた時ちょっとバランス的に俺の音が大きい感じでしたが、ギターソロなども多かったのでまあ中々良かったかなと。

ただステレオを想定してディレイなどを作り込んでいたので、ちょっとそこが残念だったかな…

聞くところによるとライブハウスではあまりステレオでやってくれないみたいです。

 

 

ちなみにアウトプットのリンクを解除するとモニターアウト、メインアウトの音量が個別に設定できるので、中音を調整したいとき自分で変えられるので楽です。

外の音量はPAさんに任せて、ちょっと自分の音が聞こえにくいときなんかモニターアウトだけ少し上げることで上手く調整可能かと。

 

パワーアンプ有り無しに関しては、どちらでも良いかな~と思いました。

マーシャルやJCがあればリターンに繋げられるし、どうせ外音はラインで送るので、よっぽどマイク集音に拘らなければパワーアンプ無しでも良いかもしれません。

 

小型マルチに比べるとKemperは重いしセッティングがやや面倒だけど、ライブでは欠かせないアイテムかなと思いました。

HELIXとかも良さそうだけど、結局Kemperより重いので、そう変わらないかな~

 

ただ、最近発売されたHX Stompなんかはかなり良さそうですね。音はHELIXと変わらず、小さくて軽い。

MIDIスイッチャーが繋げられればかなり良いかもしれません。

 

まとめると、ライブで初Kemperでしたが、中々良い感触でした。

可搬性、セッティングの面倒さを我慢できればこれほどよい機材は中々無いかも。

演奏の方も割とうまく行ったので、とりあえず一息つけました。

Kemperしばらく使ってみて その1

Kemperを買って半年近く経ったので大体の感想

 

・音が良い

20万オーバーの機材なので当たり前といえばそうなのですが、流石に音は良いです。

ライン出しすれば非常にクリアでハッキリした音ですが、キャビ出しでもなかなか本物のアンプっぽい迫力があります。

ただ、有名なアンプのRIGが案外イマイチだったりもします。

そもそも、触ったことがない、音を聴いたことがないアンプのRIGを拾ってきても実機と近いかなんて当然わかりません。

実機と近いか、という観点で見るより、実際現場で使いやすい音を色々見て探すのが良いです。

フリードマン、ENGL、CAEあたりのリグはめちゃくちゃ使いやすいなと思いました。

・操作は簡単

PCのエディターが無いので買った当初不安でしたが、実機の操作は簡単なので問題ありません。

しかしAXEやHELIXなどでできる複雑な操作はあまりできないと思ったほうが良いです。

PCとUSBでつないでリグマネージャーを使えばパフォーマンスの名前、順番等は簡単に操作可能です。

 

・運搬は案外楽

5kg越すので重さはありますが、スーツケースなどに他の機材とまとめて入れれば案外持って歩けるなと思いました。

今のバンドではリハに数回持ち込みましたが、接続もシンプルなので(モニターアウトからアンプのリターンに挿せば良い)思ったより気軽に持っていけるなと。

筐体もかなり丈夫に出来てるようなので、ある程度ラフな扱いでも耐えられるようです。