ヴァイオリニストYuukiが運営するヴァイオリン、ギター/ガジェット情報メディアHybrid Hobbysへようこそ!

管楽器用B4楽譜ケースをBAMの角ケースにつけてみた

こんにちは、Yuukiです。

先日新しいヴァイオリンケースを購入したのですが楽譜入れがついていなかったため、別途購入しました。

楽譜入れですとカーボンマックのものが有名ですが、これはA4ギリギリらしくB4などの大きめの譜面が入りません。

今回購入したケースはBAMの角ケースで一応BAMからも純正の楽譜ケースが販売されているのですがかなり高額なのと入手経路が限られることもあり汎用のもので探してみることに。

最近はオーケストラの現場も多く、大きめの楽譜やまた大きめのフォルダーで譜面を管理したり、またPCやiPadも入れることが増えてきましたので大きめサイズ、B4が余裕で入るという物を探してみました。

Twitterなどで情報収集してみるとどうやらトロンボーンなどの管楽器ケース用でちょうど良いものがあるということで、管楽器専門店DACさんにて購入しました。

三角ケースだとそのまま付くことも多いそうですが、今回自分のケースは角ケースでしたのでそのままではつかず…

DSC02312

上の紐の部分を家族に延長してもらい、リングに通して固定したら付きました。

なお自分はすぐ使いたかったので加工してもらいましたが、あとちょっとベルトというものも売ってるそうなのでそちらを使えば多分この形状のケースでも付けられるかと思います。

この楽譜ケース、中々秀逸なもので3辺をすべて開くことで大きく開くことも出来ますし、横だけ開いても楽譜をしっかり入れることが出来ます。

中にはペンホルダーもついておりペンや鉛筆も収納可能。

少しケースに対して横幅が大きいので少しだけはみ出ますが美観的にそこまで問題ない範疇かと思います。

DSC02314

また背中に当たる部分はメッシュになっており通気性が良さそう、しかもクッション性がupするので背中の感触が柔らかく疲れにくくなっています。

色々入りそうなので移動が捗りますね。

有難いことに来年の演奏依頼もすでに頂いてますし、ガンガンケースも楽譜入れも活用して演奏頑張っていきたいです!

以上「管楽器用B4楽譜ケースを購入してみた」でした。

ヴァイオリンを始めてみませんか?

趣味としてヴァイオリンを楽しむのってとっても素敵なんです!

楽譜が読めなくてもクラシックが分からなくても大丈夫、人気のアニソンやJpopソングを中心としたレッスンにも対応します。

クラシックが本格的に上手になりたい人のレッスンももちろん対応可能です。

いくつから始めても素敵なヴァイオリンという素敵な趣味を楽しむお手伝いが出来れば幸いです。

詳しくはこちらの記事をお読みの上お問い合わせください!

関連記事

こんにちは、Yuukiです。基本的にはこちらのブログで演奏関連のお仕事について詳しく書いていなかったのですが、いくつかお問い合わせなどがあったので掲載します。レッスンワンレッスン1時間4,500円となります。(出張[…]

 

フォローして最新情報をチェック