ヴァイオリンの駒交換をしてもらいました

バイオリン

今日は駒交換をお願いしていたヴァイオリンを受け取ってきました。

楽器を買った時に付いていた駒はオリジナルで良さそうな素材のものでしたが歪んで変形してしまっていました。

こちらの駒です。

写真ではよく分かりませんがトップの部分がかなり薄いです。

中々派手に歪んでいます。

2015年製でそんなに変形するかな?と思いますがこまめに角度を直していないと弦の圧力が変にかかってしまい歪んでしまう事もありそうです。

音の伝達も悪くなるので、弦を交換した時などに駒が表板からしっかり垂直になっているか確認すると良いでしょう。

お店で買ったのに最初の状態で歪んでる駒がついているのか?と思うかも知れませんがこの楽器は委託だったため現状の状態で売りに出していたのだと思います。基本的に委託販売の場合お店の在庫にはならないので工房で大きく調整もしないのが一般的なようです(大きく問題ある部分は直すと思いますが…)

駒の交換は楽器を購入した時に聞いてその分サービスしていただく事になっていました。

さて、直してもらった駒はオーベルトのデラックス、一般的に出回っているものでは一番高級な駒になります。

更に上の熟成オールド材の駒というのもあるのですがそちらはかなりお値段もするので試した事がありません…しかし一度は試してみたいですね。

そのオーベルトデラックスで作ってもらったのがこちら

木目が良い感じです。

嬉しいお店の焼印入り

この駒はトップの方までしっかり厚みがあり不安になるような見た目ではありません。今までメインで使っていた楽器も同じ職人さんに作ってもらったオーベルトデラックスが付いてるのでその点安心感があります。

ついでに音の調整もしてもらった所魂柱の寸法が変だったようでこちらも交換となりました。こちらもアフターサービスで無料でした。

調整してもらって少しだけお店で弾きましたがやはり低音からしっかり素直に鳴るようになりましたね。駒も替えていますし柔らかい優しい音になった感じがします。

音に関しては数週間は落ち着くまで変化するようなので楽しみです。

ついでにエンドピンも交換が必要だったので替えてもらいました。

という感じで調整もバッチリしてもらって楽器が良い感じになってきて嬉しいです。次はペグの交換かな〜

またよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました