ヴァイオリニストYuukiが運営するヴァイオリン、ギター/ガジェット情報メディアHybrid Hobbysへようこそ!

KUN Bravo肩当てのレビュー!改めて使いやすさ、音の良さなどを解説【ヴァイオリン肩当て】

こんにちは、Yuukiです。

世界情勢からくる円安の影響でヴァイオリン用品もいろいろな物が大幅に値上げされてしまい、特にKUN社の肩当ては定価がほぼ2倍の大幅値上げとなりました。

KUNの肩当てはブリッジ型で一番無難というかスタンダードなもので使ってる方も多いのでかなり困る方も多いと思います。

そこで前回代替の肩当てを紹介しました。

この記事にあるものは基本的にそこまで変な癖がなくKUNから乗り換えてもあまり違和感なく乗り換えられると思います。

しかしKUNの肩当てが優れているのは事実で、例えばBravoは音色が良く見た目の質感も優れているので非常に人気があります。

自分も結局肩当てを使うときはBravoが好きなので値上げ前の駆け込みで2つ購入しました。

さて今回はこのKUN Bravo肩当てについて改めて紹介、特徴やどんなところが優れているのか紹介したいと思います。

KUN Bravo

基本的なスペック

  • メイプル合板プレートで美観と耐久性に優れる
  • 金具は真鍮製
  • 足幅、角度が調整可能

響きの良さ

最大の特徴はメイプル合板のプレート、すなわちヴァイオリンの裏板と同じ木材で出来ているということで、それだけで響きに有利そうなイメージを持てます。

事実プラスチックや鉄の肩当てより響きがよくなる傾向はあり、とくにこのBravoは中低音の太さ、全帯域の倍音がしっかり出ることでプラスチックから変えた時に非常に音が良くなったと思われることが多いようです。

真鍮の金具も剛性がしっかりしているので響きに有利、重さはやや重ためなのですが響きを阻害することが無く、たとえば軽いViva La Musicaやマッハワンのようなすごく高音域がきらめくような響き方はしないのですがバランスよくすべての帯域を響かせてくれます。

多くの人の肩に合いやすい

無難な形状なので多くの人の肩にフィットしやすいです。

とはいえKUNだと持ちにくいという方もいらっしゃるので試奏は必須だと思いますが、日本人西洋人問わず使ってる方はかなり多いのでやはりフィットしやすいとは言えると思います。

また足の角度が微調整可能なのも良く、ここの点で他の肩当てよりフィットしやすいという意見もあります。

ちなみにKUNがフィットしにくい方はマッハワン、またはWolfなどが合うことが多いようです。

新品を買ったので開封してみる

さて値上げ前に駆け込みで2つ買ったので一個開けてみようと思います。

DSC02631

箱はこんな感じで青い高級感のある箱です。時期によって色とか素材感が違ったりします。

DSC02635

肩当てのデザインがプリントされています。

DSC02637

開けてみました。本体と袋、あと説明の紙が入っています。

DSC02640

イラストでの説明があります。

DSC02643

袋は高級感のあるベルベットの素材で表面が覆われた袋です。この袋は汎用性が高く他の肩当てを入れたり小物を入れたりとなにかと使いやすいです。一時期もう少しペラペラの素材でコストダウンされてた時が有った気がしますが品質が昔の頃に戻ったのでしょうか。

DSC02645

裏面は無地になっています。

DSC02655

さて本体です。やはり美観がいいですね。色合い的にも多くのヴァイオリンと合いそうですし真鍮のゴールドも高級感を醸し出しています。

杢目がこの個体は割とはっきりしていますがもうすこしプレーンなものもあり、バリトラのものが欲しい場合はお店で色々比較したほうがいいかもしれません。

一つ一つ表情が異なるという点も愛着が持てて良いですね。

DSC02656

金具部分のアップです。しっかりしています。

DSC02657

逆側です。幅はこの丸いネジを取って外して調整可能です。

DSC02658

サイドから見てみましょう。薄い木の板が何枚か接着されてるのがわかりますね。これも本当にしっかり接着されてるので剥がれたりすることは無くとても剛性感があります。

DSC02661

スポンジ部分ですがここが一番の難点でとにかく他の肩当てと比べても劣化が早いです。5年も使うと角が減ってきてなおツルツルになってしまうので滑りやすくなってしまい使いにくくなってしまいます。

木の部分や金具がだめになることはあまりないのでこのスポンジの替えだけ売ってくれないでしょうかね。再利用できてとても良いと思うのですが…

DSC02665

ちなみに大分使い込んだ物がこんな感じで真鍮部分がサビ?が出ています。杢目が違いますね。

DSC02666

ここまでスポンジが消耗するとかなり滑るようになってしまうので使えないことはないですがパフォーマンスが低下します。

使い方

付け方

基本的には裏板の一番膨らんでいる所からやや下部分にしっかりはめて使います。

人によってフォームが違うので角度は色々変えてみると良いでしょう。

プラスチックのKUNはしなりがあるので取れやすいですが、Bravoはあまりしならないので演奏中に外れるとかはあまりなく安心して使えます。

注意点

足ゴムが非常にしっかりしており楽器にかなり食いつくので、柔らかいニスの楽器などに使う際は着脱をゆっくり丁寧に行うようにしてください。

勢いよく取ったり付けたりするとニスが持っていかれます…

まとめ

KUN社のフラッグシップ肩当てBravoの改めて紹介でした。

基本的に非常に優れた肩当てです。ソリストやプロオケ奏者の使用率も非常に高く信頼性が高い製品です。なので値上げは大変惜しいですね…

まだAmazonなどは旧定価がギリギリ在庫があるようなのでお求めの方はお早めに。

以上、「KUN Bravo肩当てのレビュー!改めて使いやすさ、音の良さなどを解説【ヴァイオリン肩当て】」でした。

ヴァイオリンを始めてみませんか?

趣味としてヴァイオリンを楽しむのってとっても素敵なんです!

楽譜が読めなくてもクラシックが分からなくても大丈夫、人気のアニソンやJpopソングを中心としたレッスンにも対応します。

クラシックが本格的に上手になりたい人のレッスンももちろん対応可能です。

いくつから始めても素敵なヴァイオリンという素敵な趣味を楽しむお手伝いが出来れば幸いです。

詳しくはこちらの記事をお読みの上お問い合わせください!

関連記事

こんにちは、Yuukiです。基本的にはこちらのブログで演奏関連のお仕事について詳しく書いていなかったのですが、いくつかお問い合わせなどがあったので掲載します。レッスンワンレッスン1時間4,000円となります。[…]

 

フォローして最新情報をチェック