ヴィンテージのアジャスター(Hill Type)

バイオリン

ヴァイオリンのE線は普通アジャスターを付けるのですが結構色々な種類があって選ぶのが大変だったりします。

多くの人は楽器を買ってきた時に付いていたものを使っているか、壊れてしまったりして工房で勧められたものを使っているのではないでしょうか。

意外と音が変わるもので、E線だけでなく楽器全体の音が変化するので意外と侮れないパーツではあります。俺は音が変わるとか操作感が良いとかで色々試してみて結構持っています。

左上がウィットナーのボール/ループエンド両方使えるタイプ、右上がPEDI社製のチタンタイプ、下はドイツGotz社製のループエンド用の色違いのもの、この他にも土台の部分もゴールドのものも。

created by Rinker
Gotz
¥2,190(2021/05/06 14:59:27時点 Amazon調べ-詳細)

基本的には軽くて小さいものの方が鳴りが良くなる傾向がありますが剛性感とか素材でも変わるものなので一概にこれが決定版と言えるものがない状況です。

ですが最近使っているものがかなり良いのでそれをご紹介します。

Hillタイプの古いアジャスターです。

イングランド製のヴィンテージというか、結構年代物なのですが一応新品ということらしいです。確か4000円くらいだったかと思います。

地味で渋い見た目なのですが、付けると低い方の弦が渋い枯れた音になります。オールドっぽくなるといった感じでしょうか。瑞々しい音が好きな方は好きではない傾向かもしれません。

3.1gなので非常に軽いわけではないですが、Gotzのゴールドのものよりは少し軽いです。

良くソリストのストラディヴァリなんかに付いている黒くてパッとしないアジャスターとおそらく同じものか同じ会社の物だと思います。当然今生産されている物ではないのである意味レアですが全然球数が無いものではなく、メルカリやオークションで普通に販売されているものです。

注意点としては厚みがあるテールピースだとうまく取り付けできず、上の写真の様に調整幅が全然無く硬すぎてチューニングが難しくなってしまう場合があります。

厚みが適切なテールピースですとしっかり調整できる様になりますが、フックの部分がフレットに乗っかってフレットを割ってしまう事があるかもしれません。

4000円前後なのでまあ、好みに合わなくてもそこまでダメージが大きいものではないと思います。見つけたら試してみると面白いかも知れません。

スムーズに使えてそこそこ音が良く、見た目も良いとなればやはりGotzの方が安全かも…

created by Rinker
Gotz
¥2,190(2021/05/06 14:59:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Gotz
¥1,990(2021/05/06 14:59:28時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました