ヴァイオリニストYuukiが運営するヴァイオリン、ギター/ガジェット情報メディアHybrid Hobbysへようこそ!

iPad miniで譜面を見る

楽器を弾く人にとって最近はiPadは譜面デバイスとして人気です。

王道はiPad Pro12.9インチでこれはA4サイズの譜面と同じ大きさで見ることが出来るので視認性が高いですが如何せん価格が高いのと重さが結構重いです。

iPadは結構いろいろなことが出来るのですが結局うまく使えない人が大半で結構中古でも出回ってるので安くiPad Pro12.9インチを入手することも出来ます。

自分はminiを使っていまして、結局これも有効に使えてるかと言うと微妙です。電車内で映像コンテンツを見ようと思っても意外と大きいんですよね…

最近大量の曲数をこなさなければいけないので流石に紙の譜面の管理が大変で、iPadで譜面を管理する方向に切り替えようと思いました。

12.9インチのProに買い換えようとも思ったのですがminiのままでももしかして譜面見れるのではないか?と思い一度リハーサルに持っていってみました。

結果ですが意外と見れました。

もちろん画面は小さいのですが、初見演奏でじっくり音符を把握しないといけない場合でなければ普通に使える、という感想です。

細かい譜面だったりすると一瞬で見えなかったりするので厳しいですが、だいたい曲が分かっていれば結構いけるなという感じです。

ページターナーフットスイッチ

ただめくりが大変なのでページめくりのフットスイッチ(ページターナー)は必須です。

これは有名なものにiRig BlueTurnというものがあります。

見た目もよく使い心地も問題なく定番商品ですね。

ただこれはやや価格が高いですね。もう少し安いものを探してみました。

結局シンプルな機構のもののようでAmazonを探したら結構色々安くありました。

自分はクラシックの現場でも使う予定だったので機会式スイッチの音が大きく出そうなものは却下で音が小さいものに絞りました。

それで見つけたのがこちらのフットスイッチです。見た目は正直あまり良くありませんが…

左右が分かれているのと軽く、音も殆どしないので実用的には結構良い感じです。靴で踏む感覚に慣れれば本番でも使えそう。

充電式でTypeC端子で充電できます。この手の機器は電池式のほうがいざという時安心ですが…

これで一度月末のセッションをやってみていけそうだったらクラシックの本番でも使ってみようと思います。

ヴァイオリンを始めてみませんか?

趣味としてヴァイオリンを楽しむのってとっても素敵なんです!

楽譜が読めなくてもクラシックが分からなくても大丈夫、人気のアニソンやJpopソングを中心としたレッスンにも対応します。

クラシックが本格的に上手になりたい人のレッスンももちろん対応可能です。

いくつから始めても素敵なヴァイオリンという素敵な趣味を楽しむお手伝いが出来れば幸いです。

詳しくはこちらの記事をお読みの上お問い合わせください!

関連記事

こんにちは、Yuukiです。基本的にはこちらのブログで演奏関連のお仕事について詳しく書いていなかったのですが、いくつかお問い合わせなどがあったので掲載します。レッスンワンレッスン1時間4,500円となります。(出張[…]

 

フォローして最新情報をチェック